新型iPad Pro(12.9インチ)と10.5インチiPad Proを比較!旧モデルとどれくらい違う?

購入してからひたすら使い続けている新型iPad Pro(12.9インチ)ですが、使い込んでみると前モデルとの違いやサイズ感で変わる使い心地についてだいぶ分かってきた。(良いところも悪いところも含めて)

新型iPad Pro(12.9インチ)のレビュー記事はすでに公開済みですが、前モデルとの比較はまだだな・・・ということで、実機の写真を織り交ぜつつ、新型iPad Proと10.5インチiPad Proをざっくり比較していく。

新型iPad Pro気になるなーという人は、ぜひ参考にどうぞ!(ちなみに、新型Apple Pencilはすでにゲットしているものの、SmartKeyboard Folioはまだ届いてない。こちらのレビューはもう少し先になりそうだ)

12.9インチ新型iPad Proと10.5インチiPad Proのサイズ&デザイン比較

 左:12.9インチ新型iPad Pro、右:10.5インチiPad Pro

まずは、新型iPad Pro(12.9インチ)前モデルの10.5インチiPad Proのデザインを比較していく。※前モデルの12.9インチiPad Proは持っていないため、10.5インチiPad Proとの比較になります。

2機種を並べてみるとサイズの違いは明らかで、分かってはいたものの・・・12.9インチiPad Proは大きい分、若干取り回しに困る。

また、サイズ感については、10.5インチiPad Proと11インチ新型iPad Proは近いサイズのため、参考になるかも・・・です。(11インチ新型iPad Proのサイズは247.6×178.5×5.9mm、10.5インチiPad Proのサイズは250.6×174.1×6.1mm)

横から見る新型iPad Proと10.5インチiPad Pro

ボディの厚さについては、12.9インチ新型iPad Proが5.9mm、10.5インチiPad Proが6.1mmとなっており、新型iPad Proは、11インチ/12.9インチともに前モデルより0.2mm薄い。(12.9インチはサイズが大きい分さらに薄く感じる。)

新型iPad Proはボディの丸みがなくなり、背面のカメラも少し大きくなった。

重ねて見る新型iPad Proと10.5インチiPad Pro

12.9インチiPad Proと10.5インチiPad Proを重ねて見てみるとこんな感じ。

10.5インチiPad Proは丸みがある分薄く感じるものの、実際は新型iPad Proのほうが0.2mm薄い。スピーカーの穴も12.9インチ新型iPad Proの方が多く、音量は大きくなり音の厚みというか・・・迫力が全然違った。

それともう一つ、今回の新型iPad Proから、Lightningポートが廃止されUSB-Cになったというのも覚えておきたいポイントだ。(USB-Cになったことでディスプレイに映像を出力したり、iPhoneを繋いで充電したり、様々な周辺機器を直接接続できるようになった)

TrueDepthカメラを搭載する12.9インチiPad Pro

 左:12.9インチ新型iPad Pro、右:10.5インチiPad Pro。

新型iPad ProはフロントカメラがTrueDepthカメラになり、Face ID(顔認証)が使えるようになったというのも前モデルとの大きな違い。10.5インチiPad ProにはTouch ID(指紋認証)が搭載されますが、iPhone XでFaceIDに慣れたのか、今は指紋認証よりも顔認証の方が使いやすく感じる。

iPadとFaceIDの相性は抜群で、横でも縦でもスッとロック解除してくれるのは最高に便利。(たまーに指で覆ってしまい、上手く解除できないことがあるけども、新型iPad ProはFace IDの搭載が最も大きな変化だ)

また、ぱっと見でも分かる通り、新型iPad Proのベゼル幅は10.5インチiPad Proよりも遥かに薄い。フロントカメラの性能については、新型iPad ProはTrueDepthカメラを搭載した恩恵でポートレートモード(ぼかし)が使用できるようになっている。

新型iPad Proと10.5インチiPad Proのカメラ

 下:新型iPad Pro、上:10.5インチiPad Pro。

次は、新型iPad Proと10.5インチiPad Proのカメラについてですが、ぱっと見て最初に気づくのは、新型iPad Proに搭載されるカメラは前モデルより大きくなっているということ。

どちらのモデルもカメラの有効画素数は12MP(f/1.8絞り値)となり、基本的な構成は同じですが、地味に新型iPad Proは光学式手振れ補正に対応しない。(iPadで写真を撮る機会は少ない気がしますが・・・iPadのカメラをよく使う人は覚えておいたほうがよさそう)

10.5インチiPad Proから12.9インチ新型iPad Proに買い替えて感じたこと

12.9インチ新型iPad Proと10.5インチiPad Pro スペースグレイ
 同じスペースグレイでも、色味は新型iPad Proの方が濃い。

最後に、10.5インチiPad Proから12.9インチ新型iPad Proへ買い替えた僕が実際に使っていて感じたことについてご紹介する。(良いところも悪いところも含めて)

以前公開した12.9インチ新型iPad Proのレビュー記事でも言ってた気がしますが、概ね、12.9インチ新型iPad Proは機能・性能ともに最高のiPadだ。

大きいディスプレイはコンテンツを見るのに優れているし、発色も良い。搭載されるのがiOSということもあり、あまり生かせてない感がありますが、スペック面で新型iPad Proはラップトップ並みであり、性能は10.5インチiPad Proから大きく進化している。USB-Cを搭載したというのも10.5インチiPad Proには無い新型iPad Proの最大の利点(メリット)と思っていい。

取り回しの良さは10.5インチiPad Proが優れる

特に悪い点は見当たらないですが、1つ上げるとするなら、10.5インチiPad Proと比較すると、12.9インチiPad Proはサイズが大きく、取り回しが悪いということ。サイズ面で言えば間違いなく10.5インチiPad Proの方が扱いやすいですが、12.9インチiPad Proは画面が大きい分、様々な作業がやりやすいので、デメリットにはなりえないですけどね。(サイズが気になる人は11インチ新型iPad Proを選べば済む話)

分かっていたとはいえ、10.5インチiPad Proから12.9インチ新型iPad Proへ乗り換える人は12.9インチiPad Proのデカさについてもしっかり考慮した方がよさそうだ。まぁ、そもそも10.5インチiPad Proと12.9インチiPad Proをサイズ面で比較するのもどうかとは思うけど・・・一応ね。

現状、SmartKeyboard Folioが無い状態で新型iPad Proを使っているため、どうしても手に持った感じを10.5インチiPad Proと比較してしまいがちですが、おそらく、スマートキーボードが届いたらこの評価も変わるはず。

12.9インチiPad Proは仕事で使えるマシンなのか・・・については、後日じっくり使い込んでみて記事にしたいと思ってますが、参考になれば!

Appleで新型iPad Proをチェックする

Appleで10.5インチiPad Proをチェックする