どうしよう、16インチMacbook Proめちゃ悩んでます

2020/01/15Mac

もうタイトルの通り。16インチ Macbook Pro、すっごい悩んでます。きっと満足できるのは間違いないんですよ。でも、悩むからにはそれなりの理由があるわけで……。

とにかく、ちょっと聞いてください。(16インチ Macbook Proの購入を悩んでる人には参考になるかも、です。)

16インチ Macbook Proが良い感じ

まずは、16インチ Macbook Proの性能について軽ーくおさらいしておきましょう。

解像度は、15インチモデルの2,880×1,800から3,072×1,920へと向上し、Touch-Barは「物理escキー」「Touch-Bar」「Touch ID(指紋認証)」の3つへ分離。

0.55mmのキーストロークで不具合連発だったバタフライキーボードもついに終焉を迎え、シザー構造でキーストローク1mmの「Magic Keyboard」へと進化を遂げました。

16インチMacbook Proの抑えておきたいスペックについては、

  • CPUは第9世代Coreシリーズ。(オプションで最大8コア 2.4GHz Core i9に変更可能です。)
  • 最大64GBのメモリと最大8TBのストレージ。
  • GPUは、オプションでRadeon 5500M(8GB)に変更可能。
  • 28%増加したエアフロ―、ヒートシンクも35%大型化。つまり、排熱性能が向上しました。
  • 物理escキーを搭載し、分離したTouch-Bar。
  • 新しいシザー構造のキーボード「Magic Keybord」

ざっとこんな感じ。ほかにも、スピーカーの音質が各段に良くなっていたり、スタジオ品質のマイクを搭載していたり、バッテリーライフが最大11時間に伸びたり、Intel Core i9の性能で言えば、クアッドコアMacbook Proの最大2.1倍のパフォーマンスを発揮してくれるんですよ。

不評だった点は改善され、良きところをさらに伸ばした……それが16インチ Macbook Proってわけですね。

僕は最近 “動画コンテンツ" に興味があるんですけど、その点で言えば、16インチ Macbookほどベターなラップトップはないんじゃないかなぁ、と。16インチの画面って、最近話題のクラウドゲーミングサービス(GeForece Nowとか)でも絶対良い感じだと思うんです。

僕のMacbook Proがまた壊れました

極めつけはこれ。また壊れちゃったんですよ。僕のMacbook Pro。今回はバタフライキーボードの不具合だったんですけど、今朝Appleさんから電話がありまして。

なにかな?と思ったら「ロジックボードの故障で5万円の修理費がかかります」って。もうね、さすがに笑うしかありません。

前回は、交換プログラムでバックライトの不具合を無償修理。AppleCare+の保証期間内に起きた不具合・故障も2つほどあったので、さすがに5万円も出して修理に出すくらいなら新しく買い替えますよってハナシじゃないですか? なので、今回はキーボードだけ修理してもらうんですけど、買い替えようかなぁってなりますよね。

購入してから2年以上経過しているとはいえ、この故障ラッシュはいただけません。(僕の中でのMacbook Proの評価はものすごい勢いで急降下中です。)

ほんと故障とか不具合多い、バタフライキーボードのMacbook。

16インチ Macbook Proに期待したい気持ちもあります

本音を言えば、13インチ Macbook Proの新型モデルが出る頃に買い替えたかったんですけど、2019年12月現在のMacbookラインナップで言えば、16インチMacbook Proが最も気になるプロダクトであり、期待したいプロダクト。使ってみたいって気持ちもあります。

発売されたばかりですし、不具合の報告なんかは出てないんですけど、僕が16インチ Macbook Proの購入を迷っている点としては……

  • 改良された新しいキーボード「MagicKeryboard」が初搭載であるという事実と不安。
  • 16インチというサイズ感。
  • 最新のWi-Fi「802.11ax(Wi-Fi6)」に対応していない。
  • 価格。

サイズ感で言えば、13インチMacbook Proがベストなんですけど、作業領域は間違いなく広がります。取り回しの良さは犠牲になりますし、僕のお気に入りバックパックには絶対入りませんけどね。

16インチ Macbook Proのデメリットの記事でも触れてたんですが、気になるのは “2019年後期の最新Macbook Proなのに、最新のWi-Fi6に対応していない" ということ。iPhone 11シリーズはしっかり対応してきたので、Macbook Proも対応してくるだろうと思ってましたが、対応してませんでした。Magic Keyboardの使用感と安定さ、日常的に使用していて感じる16インチのサイズ感も気になるポイントですね。

さてさて、今後の選択肢としては3パターンあるんですけど、どれにしようか。

選択肢1、16インチ Macbook Proに買い替える

前述のお悩みポイントをクリアできれば、16インチ Macbook Proに買い替えることできっと幸せになれます。

構成なんかはまだ決めてないんですけど、記事を書くくらいであれば100億%ベースモデルで問題ナッシング。クラウドゲーミングサービスも問題なく遊べそうですし、おそらく、画像編集でも不満を感じることはありません。動画編集を考えるとCPUやメモリ、GPUのアップグレードは必要になりそうですけどね。

動画編集まで視野に入れた16インチ Macbook Proの価格は40万円ほど。高いなぁ……。

選択肢2、Windowsラップトップもあり

メインPCがWindowsの自作PCなので、いっそのことラップトップもWindowsで固めてしまうってのも選択肢に入ります。

そうなると、動画編集で使うにはスペックが不足してますが、Surface Pro7あたりが魅力的。(Surface Pro XはARM版なので、ソフトの互換性に難ありですし、32ビット限定なのでお話しになりません。)

故障続きなので、一旦Appleプロダクトから離れる良い機会なのは確か、ですね。Windowsラップトップって、もう何年も触ってません。

選択肢3、買わない

記事を書いているとなんだか冷静になってきました。そもそも、2020年には改良されたシザー式キーボード「MagicKeyboard」を搭載したMacbookが多数発売されるわけですし、Macbook Proの買い替えはその時まで待つ、というのが第3の選択肢。

これが現実的かなぁと。ただ、問題は “それまでどう乗り切るか" で、一応、現在修理に出しているMacbook Proはロジックボードの故障といってもThunderbolt3ポートのうち1つがおかしいということなので、使うことはできます。

使うことはできるけど、ストレスは感じるだろうなと。あぁ、本当に悩む……。

もう少し悩んでみます

やっぱり大事ですね。自分の考えをアウトプットするのって。記事を書きながら再確認できるといいますか、冷静になれるといいますか、いくつかある選択肢を客観的にまとめられます。

いずれにしても、僕のMacbook Proはスペックも不足しつつあるため、そろそろ買い替え時です。16インチ Macbook Proは魅力的なんですけど、キーボードの不安もありますし、なにより、13インチ → 16インチへのサイズアップによる使用感の違いはほんとに良く考えて購入したいところ。

ひとまず、修理から戻ってきたMacbook Proを使いつつ、16インチ Macbook Proについてはもう少し悩んでみるとします……。支離滅裂な記事になっちゃってたらごめんよ。

16インチ Macbook Pro – Apple

Mac

Posted by iyusuke