【2018年版】iPhoneのおすすめモデルはどれ?価格や性能を比較しつつ選び方を解説!

投稿日:

2018年現在、Apple公式HPでラインナップされているiPhoneは全部で8モデル

ハイエンドモデルとなるiPhone X、ミドルモデルのiPhone 8/8 Plus、そして型落ちのiPhone 7/7 PlusiPhone 6s/6s Plus、そして、唯一の4インチiPhoneとなるiPhone SEが販売されてますが一体どのモデルを選べばいいのか分からない・・・という人もいるはず。

この記事では、2018年のおすすめiPhone自分に合ったiPhoneの選び方を価格や性能・機能を比較しつつご紹介していくので、iPhoneの買い替えを考えてるという人はぜひ参考にしてほしい!

書きたいことがありすぎてそれなりに長くなっちゃったので、目次推薦だ。

価格で比較するiPhone

Image:iPhone X

まずは、ほとんどの人が気になるであろうiPhone各モデルの価格の違いから比較しつつ見ていく。

ハイエンドモデルとなるiPhone Xの価格が最も高いのは当然として、Apple公式HPで販売されているiPhoneはユーザーそれぞれが用途に合わせて選べるようにラインナップされており、機能や性能の違いはもちろんのこと、39,800円~129,800円(税別価格)と価格の変動幅も大きい。

iPhoneを購入しようと悩んでいる人はあらかじめ予算を決めておくと選びやすいため、まずは2018年現在のiPhoneの価格をチェックしておこう。

iPhone各モデルの価格比較

モデル64GB256GB
iPhone X112,800円129,800円
iPhone 8 Plus89,800円106,,800円
iPhone 878,800円95,800円
モデル32GB128GB
iPhone 7 Plus74,800円85,800円
iPhone 761,800円72,800円
iPhone 6s Plus61,800円72,800円
iPhone 6s50,800円61,800円
iPhone SE39,800円50,800円

※表記はすべて2018年現在の税別価格です。

2017年以降のモデルは容量が改定され、64GBと256GBのラインナップになっているというのも覚えておきたいポイント。iPhone 8/8 Plus以前のモデルの容量は32GBと128GBがラインナップされている。

機能や性能についてはひとまず置いておいて、iPhoneの価格については番号が小さくなるにつれて安くなると覚えておくと分かりやすいかもしれない!

価格の安さのみでiPhoneを選ぶ場合、圧倒的にiPhone SEがおすすめだ。

搭載されるチップ性能の差

iPhoneを選ぶ上で最も重要なのはモデルごとに異なる性能の差

同じiOSが搭載されているため基本操作は同じですが、iPhoneごとに搭載する機能などに違いがあるため、ここからはiPhoneごとに異なる性能・機能について簡単に解説していく。

iPhoneに搭載されているチップの比較

チップの性能は、iPhoneでアプリやゲームを快適に遊べるかどうかに大きく関わってくる。

最も性能が高く、快適に使えるのはiPhone X/8/8 Plusに搭載されているA11 Bionicチップとなり、iPhone SE/6s/6s Plusに搭載されているA9チップの性能が最も低い。※性能が低いと言っても日常使いには支障ない。

2018年現在ラインナップされているiPhoneに搭載されているチップは以下の通り。

チップ搭載モデル
A11 BionicチップiPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus
A10 FusionチップiPhone 7、iPhone 7 Plus
A9チップiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE

iPhone X/8/8 Plusに搭載されているA11 Bionicチップは6コアの最新チップとなるため処理性能が高く、アプリやゲームを超快適に遊べる。※最強モバイルCPUとの呼び声も高い。

iPhone 7/7 Plusに搭載されているA10 Fusionチップは4コアとなり、処理性能は十分。最新の3Dゲームなども特に問題なく遊べるはずだ。

ただし、iPhone SE/6s/6s Plusに搭載されているA9チップはデュアルコアとなり、A11 Bionicと比べた場合さすがに処理性能には大きな差ができる。最新の3Dゲームなどはさすがにカクつくことがあるかもしれない。

カメラ性能で比較するiPhone

2018年のおすすめiPhoneを語る上で外せないのがカメラ性能による差

最近はデュアルカメラが主流になりつつあり、当然iPhoneにもデュアルカメラを搭載するモデルがいくつか存在する。デュアルカメラを搭載するiPhoneは以下の通り。

iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 7 Plus

iPhoneのデュアルカメラは12MPの広角カメラ12MPの望遠カメラを搭載し、f値はiPhone Xが広角:f/1.8、望遠:f/2.4。iPhone 8 Plus/iPhone 7 Plusが広角:f/1.8、望遠f/2.8となる。※f値とは、レンズの明るさを示す数値のこと。数字が小さいほど明るく、シャッター速度が速い。

光学式手振れ補正と光学ズーム、最大10倍のデジタルズームを搭載するという点はデュアルカメラを搭載するどのモデルも同じですが、iPhone Xのみデュアル光学式手振れ補正を搭載するため、よりブレの無い写真が撮影できるようになった。

iPhone 8/7/6s/SEは12MPのシングルカメラとなり、デュアルカメラを搭載するモデルと比較した場合はさすがに劣るものの、どのモデルも光学式手振れ補正写真の自動HDR機能を搭載する。

シングルカメラのiPhoneでも十分綺麗な写真が撮影できるため、デュアルカメラやポートレートモードにこだわりが無い限りはiPhone 8/7/6s/SEなどのシングルカメラiPhoneがおすすめだ。

ポートレートモードはデュアルカメラを搭載するiPhoneのみが使える

iPhone Xのポートレートモードで撮影

iPhoneのデュエルカメラを搭載するモデルでは、「ポートレートモード」と「ポートレートライティング」を利用できるというのも、iPhone選びで重要なポイント。

ポートレートモードでは、背景をぼかした一眼レフのような写真を撮影することができ、ポートレートライティングを利用すると様々な照明エフェクトを追加することができる。

ポートレートモードに対応するデュアルカメラ搭載iPhoneは以下の通り。

モデルポートレートモードポートレートライティング
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 7 Plus-

個人的に、ポートレートモードは写真好きには外せない機能だと思っていて、iPhoneでいっぱい綺麗な写真を撮りたい!という人はデュアルカメラ搭載iPhoneを選ぶと満足できるはずだ。

また、iPhone Xのみフロントカメラでも「ポートレートモード」「ポートレートライティング」を使えるというのも覚えておくといいかもしれない。※フロントカメラでポートレートが使えるということはつまり、綺麗な自撮りが撮影できる・・・ということ。

4k動画撮影機能の比較

現在ラインナップされているすべてのiPhoneは4k動画の撮影が可能ですが、モデルごとに4k動画のフレームレートは異なる。

フレームレートの簡単な比較は以下の通りなのでぜひ参考に!※フレームレートとは、1秒間に記録するコマ数のこと。数値が大きいほどなめらかな動画になる。

モデル4k動画フレームレート
iPhone X24fps,30fps,60fps
iPhone 8/8 Plus24fps,30fps,60fps
iPhone 7/7 Plus30fps
iPhone 6s/6s Plus30fps
iPhone SE30fps

iPhone X/8/8 Plusは60fpsの4k動画を撮影することができ、1080p(240fps)のスローモーション動画も撮影できる。

上記の通り、iPhoneのデュアルカメラモデルは様々な面でシングルカメラモデルよりも優れている。iPhoneでいっぱい写真や動画を撮りたい!という人はデュアルカメラを搭載するiPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plusがおすすめだ。

サイズで比較するiPhone

Image:Apple

iPhoneには複数のサイズのモデルがラインナップされており、画面サイズが違えば使用感も異なる。※iPhoneを選ぶうえで、サイズ選びが1番重要!

基本的にナンバリングモデルが4.7インチ「Plus」の付くモデルが5.5インチと思っていいですが、iPhone Xのみ5.8インチの有機ELディスプレイが搭載される。※iPhone Xの有機ELディスプレイはiPhone全モデルの中でも断トツの綺麗さを誇る。

また、2018年現在ラインナップされているモデルの中ではiPhone SEのみ4インチのディスプレイが搭載されているというのも覚えておきたいポイントだ。

最も画面サイズが小さく持ちやすいのは4インチのiPhone SEですが、画面が小さいぶんゲームをしたり、動画を見たりするには不向き。4.7インチのiPhone 8/7/6sは一般的に無難なサイズとなっている。大画面に慣れすぎた僕自身の意見として、iPhone SEは小さすぎると感じてしまう。

ゲームや動画を大画面で見たいのであれば5.5インチのiPhone 8 Plus/7 Plus/6s Plusが最適ですが、こちらはボディサイズもそれなりに大きいというのが悩みどころだ。

iPhone Xはホームボタンが無い分ディスプレイサイズが大型化しており、ボディはiPhone 8とiPhone 8 Plusの中間サイズでありながら、iPhone 8 Plusよりも大きい5.8インチのディスプレイを搭載する。

iPhoneを手に持った時のサイズ感については店舗で実際に触ってみよう。大きいと思っていたiPhone 8 Plusが思ったよりも持ちやすかったり、小さいと思っていたiPhone 8が 意外と最適なサイズだったりするはず。

ほとんどの人が最適だと感じるiPhoneのサイズは4.7インチと言われてますが、自分が持った時にどう感じるか、実際に手に取って比較してみることをおすすめする。

機能で比較するiPhone

自分に合うiPhoneを選ぶ時に、サイズの次くらいに大事なのがiPhoneに搭載される機能の違いだ。上記で解説したデュアルカメラを筆頭にワイヤレス充電機能の有無生体認証(指紋認証や顔認証)などiPhoneに搭載される機能は端末ごとに異なる。

最新機種は3.5mmヘッドフォンジャックが廃止されていたり、古いモデルは防水・防塵に対応していなかったりと搭載される機能は様々。自分の用途に合わせてiPhone各モデルに搭載される機能もチェックしておこう。

指紋認証(Touch ID)と顔認証(Face ID)の違い

iPhoneには指紋認証(Touch ID)顔認証(Face ID)の2つの生体認証があり、2018年現在ラインナップされているモデルではiPhone XがFace IDiPhone X以外の全てのモデルがTouch IDを搭載する。

僕自身どちらも普段から使ってますが、使いやすいと感じるのは圧倒的にTouch ID。Face IDは普段使っている時のロック解除は速いし、正確だしで最高ですが、寝起きなどのふとした瞬間に解除してくれないことがある。※マスクをしている時は100%ロック解除できない。

Touch IDはもう完成された感があり、Face IDやアニ文字などの最新テックを全力で楽しみたいという人にiPhone Xは最高の選択だ。

高速充電&ワイヤレス充電の有無

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusは30分で最大50%まで充電できる「高速充電」専用の充電マットに置くだけで簡単に充電できる「ワイヤレス充電」に対応する。※Qi規格のワイヤレス充電器に対応。

高速充電&ワイヤレス充電に対応するiPhone
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8

高速充電とワイヤレス充電はiPhone X/8/8 Plusしか対応していないため、ワイヤレス充電で快適に使いたい!という人は高速充電&ワイヤレス充電に対応しているiPhoneを選ぼう。

3.5mmイヤフォンジャックの有無

基本的に、新しいiPhoneには従来の3.5mmイヤフォンジャックが搭載されていない。変換アダプタが付属するため、それほど気にする必要がないかもですが、覚えておくといいかもしれない。

3.5mmイヤフォンジャックを搭載するiPhoneは以下の通り。

iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone SE

防水性能を備えるiPhone

新しいiPhoneはIP67等級の防水・防塵性能を備える。一般的に防水性能は無いよりもあった方が絶対良いため、iPhone選びの際は忘れずにチェックしておこう。

モデル防水・防塵
iPhone X
iPhone 8/8 Plus
iPhone 7/7 Plus
iPhone 6s/6s PLus-
iPhone SE-

おすすめのiPhoneはどれ?選び方を伝授

Image:iPhone 8

僕の意見を先にまとめておくと、2018年現在ラインナップされているiPhoneの中では、iPhone 8が価格、性能、使いやすさ、どれをとっても1番おすすめだ。僕は普段iPhone Xを使ってますが、価格が高いこと、顔認証(FaceID)が使えないシーンがあることを考えると、iPhone Xは万人向けではないかなーと思う。

Apple公式HPでは、iPhone X、iPhone 8/8 Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone 6s/6s Plus、iPhone SEが販売されてますが、せっかく買い替えるならiPhone 8などの新しいモデルを選んだ方がこの先も長く使えるはず。

とはいっても、iPhone SEなどの古いiPhoneを選ぶ理由が全くないというわけではないので、最後にiPhoneの選び方についてご紹介!

2018年のiPhoneの選び方

iPhoneを選ぶ時に重要となるのは価格サイズ機能の3つ。

僕が考えるiPhoneを選ぶ時のポイントは以下の通りなので、iPhone選びの際はぜひ参考にしてみてほしい!

iPhone X
ホームボタンの無いベゼルレスの大画面ディスプレイが気になる。
使い心地とかどうでも良いからFace IDが使いたい。
価格とかどうでも良いから最新テクノロジーを感じたい。2018年のハイエンドiPhoneが欲しい。
iPhone 8 Plus
デュアルカメラが欲しい。
ゲームを快適に遊びたい。
iPhone Xほどの価格は出せないけど、ディスプレイが大きくて性能の良いiPhoneが欲しい。
iPhone 8
価格もそれなりで性能が高く、ゲームが快適に遊べて持ちやすいiPhoneが欲しい。
iPhone 7/7 Plus
iPhone 8/8 Plusより性能は落ちても良いから、少しでも価格を抑えたい。
iPhone 6s/6s Plus
価格・性能ともに中途半端。これを選ぶならiPhone 7/7 PlusかiPhone SEかなーと僕は思う。
iPhone SE
持ちやすいくて小さいサイズのiPhoneが欲しい。
ゲームとかはあんまりしないから、性能もそれなりで価格の安いiPhoneが良い。※この価格帯のスマホとしてiPhone SEは最高峰。

今回の記事では、おすすめiPhoneの選び方についてご紹介しましたが、iPhoneに求める機能は人それぞれ。本気で悩みに悩んで自分に合うiPhoneを選ぼう!

また、9月に開催されるAppleのスペシャルイベントでは新型iPhoneが3モデル登場するといわれているため、もし今現在iPhoneの買い替えを悩み中・・・というのであればもう少し待った方がいいかもしれない。

Image&Source:Apple

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.