2018の新型iPhone(液晶ディスプレイ)は3D Touchが搭載されない可能性がある

投稿日:

2018年は有機ELディスプレイのハイエンドモデルが2機種、液晶ディスプレイを搭載する廉価モデルが1機種の合計3モデルの新型iPhoneが登場する。

6.1インチの液晶ディスプレイを搭載する廉価モデルはいくつかの機能が省かれると思われますが、3D Touch(感圧タッチ)まで非搭載になるとの情報があったので、簡単にご紹介。

3D Touchは便利でよく使う機能なので、搭載されないというのは信じ難いですが、一体どうなる?

新型iPhone(液晶ディスプレイモデル)に3D Touchが搭載されない?

あくまでも可能性としてですが、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載する新型iPhoneはコストの関係から、3D Touch(感圧タッチ)を搭載しない可能性がある。

新型iPhone(液晶ディスプレイモデル)には、タッチパネルが外付けで衝撃耐性が高く、薄くて軽い「Cover Glass Sensor」が搭載されると思われ、それによるコスト増加が原因で、増加した分のコストを3D Touchの廃止で補うと言われている。

※現在のiPhoneはタッチパネルを内蔵するインセル式ディスプレイとなっており、光の透過率が高く、薄くて軽いのが特徴。

3D Touchは、ディスプレイを押し込むことで様々なアクションができる機能ですが、iPhoneのロック画面でライト・カメラのショートカット文字入力時のカーソル移動で利用してる人も多いはず。

ほかにも様々なショートカットや便利な機能が利用できる3D Touchですが、僕の中では利用している人と利用していない人が極端に分かれるという印象で、実際、僕の周りで3D Touchを積極的に利用しているという人は少ない。

※もちろん、僕はバリバリ使ってるので3D Touchが無くなると結構困る。

6.1インチの液晶ディスプレイを搭載する廉価iPhoneでの話なので、可能性としては無きにしも非ずといった感じですが、価格と引き換えに3D Touchを諦めるといった選択肢も必要になるかも・・・ですね。

将来的に3D Touchは廃止される可能性も

有機ELディスプレイを搭載する2モデルの新型iPhoneは、従来通り「インセル式ディスプレイ」が搭載されるようですが、2019年の新型iPhoneには「Cover Glass Sensor」が採用されるらしく、将来的に3D Touchは廃止される可能性もあるのだとか。

3D Touchの代替え機能としては、ディスプレイをタッチしなくても操作できるジェスチャーコントロールがありますが、ジェスチャーコントロールよりも3D Touchの方がスマートだし、絶対使いやすい。

ちなみに、ジェスチャーコントール機能がiPhoneに搭載されるのは2020年以降になると予想されているので、情報が正しければ、少なくとも1年間は便利な機能が消え去る。

使ってる人は毎日活用し、使ってない人は存在すら知らない場合もあるiPhoneの3D Touchですが、アプリのショートカットや文字入力時のカーソル移動、Safariのプレビュー機能など、便利な使い方はたくさんある。

個人的に、3D Touchはぜひ継続してほしいiPhoneの便利機能の1つで、しばらくは大丈夫そうですが、将来的にどうなるのか・・・ものすごく気になります。

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.