2019年の新型iPhoneにはFaceID(顔認証)&画面埋め込み型の指紋認証が搭載?

更新日:

iPhone X Face ID

すこし気が早いかもしれませんが、2019年の新型iPhoneはセンサーハウジング(iPhone X画面上部の切り欠き)が小さくなり、Touch ID(指紋認証)がディスプレイに埋め込まれる可能性があるとの情報があったのでご紹介する!

Face ID(顔認証)Touch ID(指紋認証)の2つの生体認証が搭載されたiPhoneの登場も近いかもしれない。

2019年の新型iPhoneは指紋認証が復活するかもしれない

iPhone X センサーハウジング

iPhone Xでは、Touch ID(指紋認証)が廃止され、センサーハウジングに新しくFace ID(顔認証)が生体認証として搭載された。

Atherton Researchのアナリストによれば、2019年の新型iPhoneはセンサーハウジングが小さくなることに加え、ディスプレイに指紋認証センサーが埋め込まれるとのこと。

まだ少し先の話なので、気が早いと思いがちですが、すでにディスプレイに指紋認証を搭載したスマホは登場しており、可能性は十分あると思っていいかもしれません。

Face ID(顔認証)の精度は高いが使い勝手は良いとはいえない

Appleが顔認証に完全移行せず、指紋認証を復活させる理由について、Atherton Researchのアナリストは「顔認証は制度が高く便利だが、ロック解除のために端末を注視してスワイプしなくてはならないのは決して使い勝手が良いとは言えない」とコメントしているようです。

僕はiPhone Xを発売時から使用しており、もちろんFace ID(顔認証)も毎日使ってますが、確かに、Face IDでは不憫に感じる場面がある。

不意に、Touch ID(指紋認証)があればな・・・と思うことがあるので、もし、Face ID & Touch IDの同居が実現されればよりiPhoneが使いやすくなるかもしれない。

少なくとも、今年中に実現されることはなさそうですが、2018年は顔認証を搭載した3モデルのiPhoneが登場すると言われているので、こちらも要チェック!

Source:Forbes

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.