iPhone Ⅺの機能&性能まとめ!発売日は9月、カメラがすごい

Image:Ben Geskin

2019年に発売される新型iPhone(iPhone Ⅺ)の全貌がだいぶ見えてきましたね……!

そうなると、気になるのは2019年に発売される新型iPhone(iPhone Ⅺ/Ⅺ Max/ⅪR)の機能&性能はどうなるのか? というところですが、この記事では、現在噂されているiPhone Ⅺの機能・性能に ついてまとめておきます。

発売が期待される新型iPhoneは、iPhoneⅪ/Ⅺ Max/ⅪRの3モデル

昨年はiPhone買い替えなかったけど、2019年の新型iPhoneは気になる……という人は参考にどうぞ!

新型iPhoneの機能・性能(仮)

iPhone XS Max カメラ
Image:iPhone XS Max

まずは、2019年に発売される新型iPhoneの性能・機能についておさらい。

基本的なデザインなんかは同じですが、iPhone Ⅺ/Ⅺ Max/Ⅺはカメラ性能が大きく向上します。

最近では、新型iPhoneの全モデルが有機ELディスプレイを搭載するという噂もありますよ。

iPhone Ⅺ(11)の性能・機能まとめ

OSiOS 13
デザイン基本デザインは同じ
ディスプレイ有機EL(OLED)
3D Touch
チップA13+Neural Engine?
ストレージ64GB/256GB/512GB
※128GBがあれば最高
カメラトリプルカメラ!
超広角レンズ搭載?
ⅪRはデュアル
その他Face ID(顔認証)
IP68防水・防塵
急速充電(Qi規格)
相互ワイヤレス充電?

2019年に発売される新型iPhoneについて、現在出ている情報をサクッとまとめるとこんな感じ。

これまでどおりであれば、2019年の新型iPhoneはメジャーアップデートとなるため、性能の向上はもちろんのこと、新機能の搭載も期待できますよ。

ただし、ディスプレイ内臓のTouch ID(指紋認証)が新型iPhoneに搭載される可能性は低いかも……ですね。

ディスプレイの切り欠き(ノッチ)の良し悪しについては、Face IDを搭載するiPhone X/XS/XS Max/XRでも様々な意見がありました。

もう少し小型化できそうな感じはありますが、もしかしたら、逆にもう少し大きくなって性能が向上するかもしれません。

新型iPhoneにUSB-Cは搭載される?

iPad Pro 2018 USB-C
iPad Proに付属するUSB-Cケーブル。

みんな気になりますよね! iPhoneのUSB-C。

USB-CがiPhoneに搭載されれば、USB PD(USB Power Delivery:最大100Wの電源供給が可能)による急速充電に対応したり、他のUSB-C対応機器とやりとりしたり、外部ディスプレイに出力できるようになったりとメリットはものすごく多いです。

iPad Pro(2018)がUSB-Cを搭載したことを考えると、新型iPhoneにUSB-Cが搭載される可能性は無きにしも非ず……といった感じですが、LightningコネクタはAppleのエコシステムの1つ。

Appleが簡単にLightningコネクタをiPhoneから無くすとは思えないので、2019年の新型iPhoneもLightningコネクタかな……と思います。

iPhoneの充電コネクタもUSB Cになれば、iPad Pro(2018)やAndroidスマホ、その他USB-C製品といろんなものを共有できるのでありがたいんですけどね。

iPadOSと同様に、iOS 13もUSBやSDカードを読み込めるようになるので、もしかしたら、ワンチャンはあるかもしれません。

ディスプレイ内臓のTouch ID(指紋認証)は無し

ディスプレイ内臓の指紋認証については、オンスクリーンセンサーとしてすでにGalaxy S10/S10+が実現しているため、技術的には十分可能と思われるものの、Appleが新型iPhoneに搭載する可能性はものすっごく低いじゃないでしょうか……?

(あくまでも、僕の意見ですよ)

Face ID(顔認証)を初めて搭載したiPhone Xですが、発売当初は気になるところもありました。

気になるところもあったけど、使っていればそれが普通になるもの。2019年現在、Face ID搭載iPhoneを使っている人のほとんどが不満に思うことなく使ってると思います。

そもそも、Face ID(顔認証)を他人が解除できる確率は100万分の1と猛烈に低いんですよね。※Touch ID(指紋認証)を他人が解除できる確率は5万分の1

セキュリティ面で言えば、認証方法を増やすことで解除されるリスクを増やすことになるし、なにより、Appleの高性能な生体認証が増えるとなれば、当然iPhoneの製造コストは高くなります。

ということは、つまり、iPhoneの価格も高くなることに!ただでさえ、ここ最近のスマホは高くなっているし、米中の貿易なんたらでiPhoneの価格高騰も心配されてますよね。

Face IDとTouch IDが同居する可能性はかなり低いですが、実現できるとしたら、Touch ID(指紋認証)の精度がFace ID並みになりつつ、何か革新的な技術が搭載されるかくらいしか思いつきません。

とにかく、これ以上iPhoneの価格が高くなるのはみんな願い下げです。

iPhone Ⅺ/Ⅺ Maxはトリプルカメラを搭載

2019年に発売される新型iPhoneのうち、ハイエンドモデルとなるiPhone Ⅺ/Ⅺ Maxにはトリプルレンズカメラが搭載されます。

レンダリング画像などで見かける新型iPhoneのトリプルカメラは、なかなかに気合が入った形状になってますが、最近のリークは固まってきた感があるので……、ほぼほぼこのデザインで決まりかも。

新型iPhoneのカメラについてはすっごい気になりますが、こんな感じのカメラを搭載したiPhoneも全然あり!

全モデルがトリプルカメラを搭載することはない?

一部では、iPhone Ⅺ/Ⅺ Max、iPhone ⅪRの全モデルにトリプルカメラを搭載するという情報もありますが……、おそらくそれはなさそう。

ちょっとありえなくない? と思います。

というのも、2019年の新型iPhoneは、iPhone XS/XS Max、iPhone XRのメジャーアップデートモデルとなる可能性が高く、iPhone Ⅺ/iPhone Ⅺ Maxがハイエンドモデル。iPhone ⅪRがコスパモデルという位置づけになります。

もし、全モデルにトリプルカメラが搭載されるとすれば、価格は当然上がることになりますよね。

そうなると、iPhone ⅪRの「買いやすい価格」という強みを消してしまうし、iPhone Ⅺ/Ⅺ MaxとiPhone ⅪRの差別化も難しくなるというのが理由です。

Image:iPhone XR

iPhone Ⅺ/Ⅺ Maxがトリプルレンズカメラを搭載する可能性は高いですが、iPhone ⅪRはシングルレンズ、もしくはデュアルレンズのカメラを搭載すると思っておきましょう!

iPhone ⅪRにデュアルカメラが搭載された場合、レンズは望遠レンズ+広角レンズの組み合わせだとは思いますが、新型iPhoneで大きな進化を遂げるのはiPhone ⅪRかもですね。

(新型iPhoneは、それぞれカメラが1つ増える感じです。)

iPhone Ⅺ/Ⅺ Maxには超広角レンズが搭載!カメラ性能は大きく向上

多くの海外メディアは、iPhone ⅪとiPhone Ⅺ Maxは、3つ目のカメラに超広角レンズを搭載すると予想しています。

超広角レンズ……、つまり、ウルトラワイドな大迫力の風景とか撮影できるようになるってことですね。

ズームの倍率も強化されるみたいなので、2019年の新型iPhoneは、カメラ性能の向上が大きなトピックとなりそうです!

2019年の新型iPhoneは、とにかくカメラ性能がすごくなるかも。

新型iPhoneの名前は不明です

2019年6月現在、新型iPhoneの名称については不明です。

iPhone Ⅺ(イレブン)だったり、iPhone 11だったり……、新型iPhoneの名前に関する情報は様々ですが、信憑性のある情報は全然出てないと思ってよさそう。

とりあえず、僕はiPhone Ⅺ/Ⅺ Max/ⅪRに一票!

シンプルに、iPhone 2019とか全然ありなんですけど、今年の新型iPhoneの名前はどうなるかな。

新型iPhoneは3モデル展開

これまでもチラッと触れてますが、2019年に発売される新型iPhoneは、現行モデルiPhone XS/XS Max/XRと同じ3モデル展開になります。

  • トリプルカメラを搭載する6.5インチのiPhone Ⅺ Max
  • トリプルカメラを搭載する5.8インチのiPhone Ⅺ
  • 性能控えめで価格が安い6.1インチのiPhone ⅪR

具体的には、トリプルカメラを搭載する6.5インチのiPhone Ⅺ Maxと5.8インチのiPhone Ⅺ、そして、性能控えめで価格が抑えられた6.1インチのiPhone ⅪRといった感じです。

ちなみに、僕はiPhone Ⅺが気になってます。サイズがちょうど良いんですよね。

iPhone Ⅺ/Ⅺ Maxには双方向のワイヤレス充電が搭載?

Apple関連の情報に強すぎるMing-Chi-Kuoさんによれば、iPhone Ⅺ/Ⅺ Maxは双方向のワイヤレス充電に対応するのだとか。

そうです。Samsung Galaxy S10に搭載されているアレです。

Samsungはワイヤレス・パワーシェアと呼んでいますが、新型iPhoneが双方向のワイヤレス充電に対応すれば、iPhoneの背面にQi規格に対応するデバイスを置くだけで充電できるようになります。

なんでも、新型iPhoneの双方向ワイヤレス充電はAirPodsのほか、Apple Watchの充電にまで対応するのだそう。

AirPowerはボツったわけだし……、全力で期待したいところですね。激アツです。

そういえば、双方向のワイヤレス充電に対応するということは……! iPhoneのバッテリー容量アップも期待できるかも?

カメラはボディと同じカラーになるかも

2019年の新型iPhone「iPhone Ⅺ/Ⅺ Max」「iPhone ⅪR」ですが、なにやら、カメラユニットのカラーとボディカラーが同じ色になるみたい。

真偽については、Appleのみぞ知る……、といった感じですが、背面ガラスとカメラが一体化する可能性もあるようです。

背面ガラスとカメラが一体化するって、ものすっごい分かりにくい表現かもですが、つまり、カメラユニットが背面ガラスパネルの一部になるってこと。

(カメラレンズは別部品のため、黒いままになるようです。)

僕的には、カメラレンズは黒い方が良い気もするけど、みなさんはどうですか?

iPhone Ⅺ(イレブン)の発売日と価格はどうなる?

2019年に発売されるiPhone Ⅺ/Ⅺ Max、そして、iPhoneⅪRについては、すでに情報が出揃ってきた感じですね。

ちなみに、新型iPhoneの発売日は2019年9月頃。(これまでの日程で予想を立てるなら、9月20日くらい?)

どんな機能が搭載されるかにもよりますが、新型iPhoneの価格については、iPhone XS/XS Maxと同等か、もう少し高くなると思っておいて良さそうです。

追記!iPhone Ⅺの実物に近いクローンがリーク

iphone 11 design

iPhone Ⅺの実機に近いダミーモデルの画像が公開されたので追記! 高精度な加工ができるCNCで作成されたクローンだそうですよ。

新しいiPhone Ⅺのダミーはカメラのエッジがなめらかになったほか、カメラの出っ張りも小さくなってます。

(iPhone Ⅺは、TrueDepthカメラの性能が向上するとの情報もあります。)

とりあえず、僕はこの感じのiPhone、全然あり。発売までにマネー貯めておかないと!

また、2019年の新型iPhone「iPhone Ⅺ(11)」のデザインが気になる……という人は、以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

Source:Ben Geskin(Twitter)