アドセンスの自動広告は効果があるのか?簡単に解説する

勘の鋭い人はすでにお気づきかもしれないですが、ここしばらく、テックブログ「iyusuke」で表示しているGoogle Adsense(アドセンス)自動広告を採用していた。

実際にアドセンスの自動広告を試してみて感じたこと、自動広告のデメリットや収益の効果についてご紹介していきます。

【追記】2019年現在、自動広告の精度や質が向上したため、iyusukeでは記事ページ/AMPページともにGoogle Adsenseの自動広告を採用している。確実に効果はあると実感しているので、このまま自動広告を採用していこうと思ってます。

当然、この記事でも「記事内広告(自動広告)」が表示されるので、どんな感じで表示されるのか参考にしてもらえれば。

自動で最適な位置に表示してくれるアドセンスの自動広告

Googleが最近公開したアドセンスの広告ユニット「自動広告」は、ページレイアウトやコンテンツの文章量などに基づいて自動で最適な位置に広告を表示するというもの。

Google Adsenseの自動広告に用意されている広告ユニットは以下の通り。

  • テキスト広告とディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告
  • 関連コンテンツ
  • アンカー広告
  • モバイル全画面広告

それでは、1つずつ簡単に解説していく。

テキスト広告とディスプレイ広告

記事やトップページなど、自動でバナー広告を配信できる「テキスト広告とディスプレイ広告」。

表示される広告のサイズやスタイルは自動で最適化してくれるものの、ヘッダー下部など、意図しない場所に広告が表示されることがある

おそらく、テキスト広告とディスプレイ広告の効果は手動で追加している広告と大差ないと思われ、ページデザインも崩れてしまうので僕は使用していない。

インフィード広告

「インフィード広告」はトップページの記事一覧やリスト内に自然に溶け込む自動広告。iyusukeではこれまでPHPで追加していましたが、現在は自動広告に移行した。

それほど効果は上がっていないですが、デザインが崩れることもないし、広告のスタイルも最適化されて表示されるほか、自然で違和感もないのでとりあえず追加してます。

記事内広告

Adsenseの自動広告で最も効果的で利益も上がっているのが「記事内広告」。

記事内の段落と段落の間に適度に表示され、2019年現在、精度があがり利便性も悪くない。

関連コンテンツ

通常の広告と自分のサイトの関連記事を組み合わせて表示できる「関連コンテンツ」も効果はほどほど。

僕はAdsenseでコードを取得して表示しているため、自動広告は使ってないですが、関連コンテンツ広告はある程度PVのあるサイト、ブログでしか利用できない

ただし、自動広告であれば関連コンテンツ広告も利用できるので、その場合は選択肢に入ります。(好きな位置に表示できないという問題はあるけど・・・効果はある)

アンカー広告とモバイル全画面広告(オーバーレイ広告)

「アンカー広告」は画面の端に小さく表示され、常駐するモバイル広告。2つのサイトで利用しており、効果はそれなりにありますが、僕は常駐する広告があまり好きではないのでiyusukeでは使用してない。

「モバイル全画面広告」はページが読み込まれている間に全画面表示されるモバイル広告。ユーザーは「×」で閉じることができる。

モバイル全画面広告は、iyusukeでもかなり長い期間使ってましたが、ユーザーはすぐに閉じてしまう傾向があり、効果もほぼ上がっていないので現在は使用してない。

ちなみに、オーバーレイ広告(アンカー広告とモバイル全画面広告)は自動広告に統合されており、これまでのページ単位の広告がものすごく強化されたと思えばわかりやすいと思います。

すでに配置している広告は外さなくていい

すでに、アドセンス広告を設置しているページは自動で検知して位置を調整してくれるため、自動広告を追加しても元々ある広告を撤去する必要はないというのもポイント。

手動で追加した広告と自動広告が競合することはないため、安心して追加できます。

Adsense自動広告の設置はコードを貼り付けるだけ

アドセンスの自動広告を設置する方法については、<head>タグ内にアドセンスコードを貼り付けるだけとなっており、自動広告の特徴と機能を簡単にまとめると以下の通り。

  • アドセンスコ―ドを<head>タグ内に貼り付けておけば自動で設置できるため、余計な労力がいらない。
  • 収益が増える可能性がある。(少なくとも、iyusukeは自動広告で収益が増加した)
  • インフィード広告など、様々な広告ユニット・フォーマットに対応している。
  • URLを指定し、サイトごと、ページごとに広告の表示・非表示を決められる。
  • コードを設置してしまえば触らなくてOK。

自動広告はコードを追加してしまえば、あとは自動で最適化して広告を配信してくれるというのが大きなメリット。

どの自動広告が最適なのか・・・についてはサイトやブログによって異なるものの、概ね効果はあると思ってOKです。

アドセンスの自動広告は積極的に取り入れよう

自動広告 インフィード広告
インフィード広告

テックブログ「iyusuke」は、完全なるモバイルファーストとなっており、iPhone/Androidで見た時の見やすさ・ユーザビリティを第一に考えている・・・というのを前置きした上で、ここからは、アドセンスの自動広告を試して思ったことをご紹介していく。

結果を先にいうと、テキスト広告とディスプレイ広告はヘッダーなどの微妙な位置に表示されることが多く、オーバーレイ広告(特に全画面広告)はあまり効果が期待できなかった。

対して、記事内広告はほかの自動広告と比べて大きく収益を上げており、以前ほどあからさまに表示されることはなくなたため、ユーザビリティも良好。

積極的に利用したほうがいいんじゃないかなーと感じた。(テックブログ「iyusuke」の場合です)

記事内広告 自動広告
記事内広告

自動広告の「記事内広告」は、改行があればどこにでも表示される可能性がある。

基本的に、上画像のように広告は最適な位置に最適なタイミングでで表示されると思ってOKです。※以前は明らかに表示回数が多く、ユーザーの利便性を下げる可能性を秘めていたものの、2019年現在はかなり改善された。

自動広告のデメリット

テキスト・ディスプレイ広告はヘッダー下に表示されたり、関連コンテンツユニットはページ下部に表示されたりと、自動広告に任せっきりでいると本気でデザインを損なう。

僕が使って感じた自動広告のデメリットは以下の通り。

  • 広告が思いもよらない場所に表示されることがある
  • 画像と広告が並列表示されることがある(ポリシー違反にはならない)
  • 文章量が多くなるにつれ広告が多く表示されるため、表示速度に影響があることがある

実際にアドセンスの自動広告を試してみて、実用的だなと感じたのは「記事内広告」と「インフィード広告」「関連コンテンツユニット」で、手動で設置できる広告があるならそちらを優先した方がいい。

すべてをGoogle Adsenseの自動広告にまかせてしまうとデメリットも目立ってしまうため、記事内広告とインフィード広告を有効化し、あとは手動広告・・・みたいな感じで設置するのがいいかもしれない。

アドセンス広告は自動広告と手動広告の組み合わせがベスト

アドセンスポリシー上、PVやクリック率の公開などはできないため、ざっくりとした内容になりますが、結果だけいうと、2019年現在、iyusukeでは自動広告がほどよく収益を上げており、クリック数も良い感じ。以前よりユーザーの誤クリックも減っているように感じる。

アドセンスの自動広告は収益が増える可能性がありますが、その逆も然りといった感じですね。

広告の配置に時間をかけたくないのであれば、1発で全部できてしまう自動広告もありですが、そうでない場合、自分が考える最適な位置広告を手動で設置し、補助的な感じで自動広告を利用するといいかもです。

アドセンスの広告記載に関するポリシーに目を通しておくのも忘れずに。