アドセンスの自動広告は効果あり?実際に試した結果

投稿日:

勘の鋭い人はすでにお気づきかもしれないですが、ここしばらく、テックブログ「iyusuke」で表示しているGoogle Adsense(アドセンス)自動広告を採用していた。

1か月程度の試用期間のため、細かく検証したわけではないですが、実際にアドセンスの自動広告を試してみて感じたこと、不満に思ったこと、収益の効果についてご紹介するので参考になれば!

自動で最適な位置に表示してくれるアドセンスの自動広告

Googleが最近公開したアドセンスの広告ユニット「自動広告」は、ページレイアウトやコンテンツの文章量などに基づいて自動で最適な位置に広告を表示するというもの。

自動広告に用意されている広告ユニットは以下の通り。

テキスト広告とディスプレイ広告
インフィード広告
記事内広告
関連コンテンツ
アンカー広告
モバイル全画面広告

すでに、アドセンス広告を設置しているページは自動で検知して位置を調整してくれるため、撤去する必要はないというのもポイント。

また、オーバーレイ広告(アンカー広告とモバイル全画面広告)も自動広告に統合されており、これまでのページ単位の広告がものすごく強化されたと思えばわかりやすいはず。

アドセンスの自動広告を設置する方法については、<head>タグ内にアドセンスコードを貼り付けるだけとなっており、自動広告の特徴と機能を簡単にまとめると以下の通り。

アドセンスコ―ドを<head>タグ内に貼り付けておけば自動で設置できるため、余計な労力がいらない。
収益が増える可能性がある。
「インフィード広告」など、様々な広告ユニット・フォーマットに対応している。
URLを指定し、サイトごと、ページごとに広告の表示・非表示を決められる。
一度設置してしまえば触らなくてOK。

アドセンスの自動広告に全部任せられるか?答えはNO

インフィード広告(手動)

テックブログ「iyusuke」は、完全なるモバイルファーストとなっており、iPhone/Androidで見た時の見やすさ・ユーザビリティを第一に考えている・・・というのを前置きした上で、ここからは、アドセンスの自動広告を試して思ったことをご紹介していく。

結果を先にいうと、いまいち思い通りに表示されないことが多く、ユーザビリティが下がると感じたので僕はしばらく様子見です。

自動広告の表示位置が微妙、多すぎると感じることもある

記事内広告

自動広告の「記事内広告」は、改行があればどこにでも表示される可能性がある。

基本的に、上画像のように最適な位置で表示されることが多いですが、文章量が多くなるにつれ、微妙な位置に表示されやすいように感じた。

特に気になったのがこれ。

コンテンツの文章量が増えると、自動広告で配置される広告が多くなり、画像の上や下にアドセンスの広告が表示されてしまうことがある

画像に連なって広告が表示されるとポリシー違反となる可能性もあり、文章量が多いと平気で5~6個くらいの広告が表示されるため、読んでいるユーザーからすれば見にくいことこの上ない。※広告記載率を下げることである程度は少なくできるものの、それだと収益が下がる可能性がある。

また、テキスト・ディスプレイ広告はヘッダー下に表示されたり、関連コンテンツユニットはページ下部に表示されたりと、自動広告に任せっきりでいると本気でデザインを損なう。

僕が使って感じた自動広告のデメリットは以下の通り。

広告が思いもよらない場所に表示される。
画像と広告が並列表示され、ポリシー違反になる可能性がある。
文章量が多い場合、広告が多く表示され、読んでいるほうからすればちょっとウザい。(特にスマホ)
1か月試したくらいでは「ほんま学習してる?」となる。
広告が多く表示されるぶん、表示速度に影響がある。

実際にアドセンスの自動広告を試してみて、実用的だなと感じたのは「モバイル全画面広告」と「インフィード広告」「関連コンテンツユニット」で、これらも手動で設置できるならその方がいい。

特に、記事内広告はどこに表示されているのかが断定できず、ポリシー違反となる可能性もあり、なにより、ユーザーからすれば見にくいことが多い。

アドセンスの自動広告は最近公開されたばかりということもあり、もう少しすれば機能が強化されたり、補われたりすると思いますが、現状、iyusukeでは無しかな・・・。

とりあえず、iyusukeではOFFにしつつ、別サイトで試しつつ様子見といった感じになりそうです。

アドセンスの自動広告にしてからの収益の変化

最後に、ほとんどの人が気になるであろうアドセンス自動広告の収益の変化について簡単にご紹介する。

アドセンスポリシー上、PVやクリック率の公開などはできないため、ざっくりとした内容になりますが、結果だけ先にいうと、iyusukeでは多少下がったものの、収益に大きな変化はなかった。

クリック数は確実に上がってますが、明らかに単価が下がっており、モバイルで誤クリックが起きている可能性が高い

誤クリックは広告主からすればなんの特にもならないわけで、誤クリックが増えているということはユーザビリティも確実に下がっているということになる。

iyusukeは圧倒的にiPhone/Androidからの流入が多いため、おそらく、自動広告にしたことで広告の数が増え、画面をスクロールするときに誤ってクリックしてしまっているのだと思います。

アドセンスの自動広告は収益が増える可能性がありますが、その逆も然り。

広告の配置に時間をかけたくないのであれば、1発で全部できてしまう自動広告もありですが、そうでない場合、できるだけ手動で設置し、補助的な感じで自動広告を利用するといいかもしれない!

また、この機会にアドセンスの広告記載に関するポリシーに目を通しておくのもいいかもですね。

参考になれば!

-Blog

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.