Amazon Music HD

Amazon Music HDで、ロスレス音質の破壊力を月額980円で楽しめる(プライム会員は月/780円)

2019-09-18Audio

ロスレス音質がAmazon Musicにやってきました! その名も「Amazon Music HD」。Ultra HD音質は、3,730kbps、24bit/192KHzの圧倒的なビットレートを誇り、月額は980円(税込)、プライム会員なら780円(税込)から。

※参考までに、Apple Musicのデータ転送量は256kbpsです。

Amazon Music HD × SONY WH1000XM3の "ロスレスの破壊力" がすごくてですね。僕はハイレゾ音質で音楽は聴きたい派なんですけど、最近はApple Musicばっかりだったので、音が違って聞こえたというか。これは耳が恋するやつ。

※Amazon Music HDの料金が改訂されたので追記。Amazon Music HDは"Amazon Music Unlimited加入者を対象に追加料金無しで利用できるようになりました。つまり、月額980円。プライム会員は780円で利用可能です。アツい。

Amazon Music HDを30日無料体験する - 公式HP

Amazon Music HDってどんなサービス?音質は?

Amazon Music HDとは、Amazonが提供する高音質音楽ストリーミングサービス

といっても、Amazon Music HDはAmazon Musicに統合されており、Amazon Music Unlimitedに加入していれば利用可能です。

要するに......Amazon通常会員は月額980円(税込)。Amazonプライム会員であれば月額780円(税込)で利用できる高音質音楽ストリーミングサービスというわけですね。

Amazon Music HDの最大のトピックは、最大850kbps,最大16bit/44.1KHzのロスレス「High Definition(HD)」で音楽が聴けるということ。

しかも、これだけじゃなくてですね、最大3,730kbps,最大24bit/192KHzの「Ultra High Definition(Ultra HD)」までカバーしています。

Amazon Music HDについてさくっとまとめると......

  • Amazon Music Unlimitedに加入していれば"Amazon Music HD"が追加料金なしで利用可能。
  • Amazon Music Unlimitedの価格は月額980円(税込)。Prime会員が月額780円(税込)
  • 最大3,730kbps,最大24-bit/192KHzのロスレス圧縮音質に対応。
  • 楽曲のラインナップ7,500万曲以上。そのうち数百万曲がUltra HDで配信されます。
  • アプリ「Amazon Music」で高音質な音楽が楽しめるようになります。
  • iOS/Android/PC/Amazon Echo/Fire TVなどなど、様々なデバイスに対応!
  • 無料体験期間あり。

ざっとこんな感じ。Amazon Music HDは、最大3,730kbps,192KHz/24bitのロスレス圧縮音源っていうのが半端ないですよね。

音質のポテンシャルで言えば、Amazson Music HDが頭一つ飛び出てます。

3,730kbpsのロスレス音質は、解像感抜群

Amazon Music HD 002

ということで! 早速僕もAmazon Music HDのロスレス音質を体験してみました。

デバイスはiPhone Xで、使ったイヤフォン/ヘッドフォンは、AirPods with Wireless Charging Case、Powerbeats Pro、そして、お気に入りのSONY WH-1000XM3の3つ。

さすがロスレス圧縮音質なだけあり、Amazon Muisc HDの音質はめちゃ良い感じです。まさに "音に浸る" という言葉がぴったり。良いヘッドフォンと組み合わせて聴けば、音楽に没頭できます。

AirPodsとPowerbeats Proでも音質の差は感じられますが、やっぱり、WH-1000XMとAmazon Music HDの組み合わせは別格でした。このヘッドフォンは音の解像感も高く、高ビットレートの旨味を存分に引き出してくれるな、と。

あぁ、突然のダークホースの出現に、僕の頭は混乱しています。Apple MusicとAmazon Music HD。どちらをメインにするか悩むなぁ......。

音質は3種類

Amazon Music HD 音質

Amazon Music HDで用意される音質は、ざっくり分けて「Standard Definition(SD)」「High Definition(HD)」「Ultra High Definition(Ultra HD)」の3つ。

それぞれの違いについてざっくり分けて解説しておきますね。

-音質・ビットレート
SDロッシー圧縮音質
最大320kbps
HDロスレス音質
最大850kbps
最大16bit/44.1KHz
Ultra HDロスレス音質
最大3,730kbps
最大24bit/192KHz
ハイレゾ

Standard Definition(SD)が、従来の標準音質となり、High Definition(HD)がiPhoneのDAC無しで聴ける限界の音質。

そして、Ultra High Definition(Ultra HD)が、ハイレゾで楽しめる最高音質となります。

ファイルサイズは......

  • 【SD】9MB
  • 【HD】51MB
  • 【Ultra HD】153MB

こんな感じ。音楽のストリーミングに必要な通信速度は、HDでLTE通信と同等の1.5Mbps(1分あたり最大5.5MB)

Ultra HDでは少なくとも5Mbps(毎分最大12MB)の通信速度が必要となっています。

安定した通信環境にさえいれば、どこでも聴くことが出来ると思ってOKかも。

iPhoneでUltra HD 192KHzを楽しむには "DAC" が必要

2014年以降に発売されたiPhone/iPadであれば、そのままHD/Ultra HD(最大24ビット48KHz)でロスレス音質を楽しむことができますが、96KHz/192KHz以上となると話は別です。

Amazon Music ロスレス音質(192KHz)をiPhoneで再生するには、iPhoneと互換性のあるDACが別途必要となるため、iPhoneユーザーの皆さんは注意してくださいね。

Amzon Music HDのメリットをiPhoneで存分に享受するには、2014年以降のiPhone(iOS 11以上) + 良いヘッドフォン + DACの組み合わせです。

iPhoneと互換性のあるDACをAmazonでチェック

聴いている音楽が通常なのか、HDなのか、UHDなのか分かりにくいかも

iPhoneだから? 再生中の楽曲の音質が知りたいなーと思って色々探してみたんですが、見つかりませんでした。

Amazonの公式Q&Aによれば......

Amazon Music HDで音楽を聴く際に再生画面に表示される、SD / HD / Ultra HDバッジをタップ/クリックすると、以下の音質情報が表示されます。

楽曲の最大音質 - Amazon Music HDで提供するその楽曲の最大限の音質

端末の性能 - OSで報告されるお使いの端末で再生可能な最大限の音質

再生中の音質 - 現在再生中の音質。ストリーミング再生中の場合は、ネットワーク条件により音質が変化する場合があります

Amazon

ん? どこ? ほんとに分かりませんでした。意外と今聴いてる音質がどれなのか知りたい人もいると思うので、これはマイナスポイントかもです。

あと、やっぱりAmazon MusicってUIが使いにくいんですよねぇ......。そのあたりは、Apple MuiscやSpotifyが優れているかな、と。

Amazon Music HDが月額980円で利用できるのはアツい

音質を確かめるべく、実際に試してみましたが、Amazon Music HDは月額980円以上の価値あり。Apple Musicから軽い気持ちで浮気しちゃいましたが、Amazon Music HD侮れません。

強いて言えば、Apple Musicと比較してUIが微妙ってところが気になるかなぁと。価格はApple Muiscよりも安いんですけどね。音質もAmazon Music HDが圧倒です。

Amazon Music HDは「Amazon Music Unlimited」に加入していれば利用可能で、Amazon Music Unlimitedの価格は、通常会員が月額980円(税込)。プライム会員は月額780円(税込)

Amazon Music HDには、無料体験期間が用意されていますし、まずは無料期間で自分に合っているかどうか、音質はどうか試しておくといいかもですね。

できれば、最高のヘッドフォンとDAC、そしてAmazon Music HDの組み合わせでどうぞ。

Amazon Music HDをチェック(Amazon)

iPhoneでAmzon Music HDの192KHz ロスレス音質を楽しみたい人は、互換性のあるDACもあわせてチェックしておきましょう!

iPhoneと互換性のあるDACをAmazonでチェック

Audio

Posted by Yusuke Miyamoto