AppleがARメガネを発売したらどうなる?未来感が漂うコンセプトイメージが公開

Apple ARメガネ

image:iDropNews

AppleがARメガネを発売したらどうなるのか?

iDropNewsが、Apple製品のコンセプトイメージで有名なMartin Hajek氏がデザインしたApple ARメガネのコンセプトイメージを公開しているのでご紹介する!

パッと見、ただのメガネにしか見えないですが、様々な情報が閲覧できるようになっているのだとか。

仮称として、Apple Glassと呼ばれてますが、未来感漂うUIデザインはナイス!

AppleがARメガネ開発したら?を実現したコンセプトイメージ

Apple ARメガネ

image:iDropNews

iDropNewsが公開したApple ARメガネのコンセプトイメージはまさにメガネ。意外とスマートで、本当に実現されるんじゃないか?と思えるクオリティになっており、様々なデザインが用意されている。

ちなみに、Appleのティム・クックCEOは「技術的に、開発に取り掛かるにはまだ早い」としていましたが、ARメガネの可能性を様子見している可能性はあるようです。

Apple ARメガネ

image:iDropNews

コンセプトイメージのApple Glassは、メガネのレンズ部分に様々な情報が表示され、天気、電波やバッテリー情報、時刻、アクティビティリング、Siriが表示されている。

実際にそこにはないスポーツカーのARが表示されており、実際、自分が目にすると考えたら、リアルとARの境が分からなくなりそう。常時付けるとなると若干不安な気がする。

また、Apple Glassの眉間にあたる部分にはiPhone Xのように各種センサーを内蔵したカメラが搭載されており、フレームにはWi-FiやBluetoothが埋め込まれている。

Apple ARメガネ

image:iDropNews

意外だったのがApple Glassの充電方法。まさかのレンズ直置きワイヤレス充電となっている。

本来、眼鏡は傷が付くのを防ぐためレンズの直置きはしないほうが良いと言われているので、これはあまりよくない仕様な気もしますが、実際、Apple Glassが登場する時はもっと工夫されるはず。

また、AR機能が搭載されているのにレンズ部分に厚みはない。これはグッド。個人的に、ブルーライトをカットするような機能も欲しいところです。

こうやって見てみると、なかなか便利そうな予感がするApple Glassですが、Googleグラスはあまりウケなかったため、AppleがARメガネを開発したらどうなるのか・・・気になる。

あくまでもコンセプトイメージですが、iDropNewsでは、ほかにも様々なApple Glassのコンセプトイメージが公開されているので、気になる人は覗いてみて欲しい!

iDropNewsをチェック

Source:iDrop News