AirPods Studioが10月14日に発表?性能やデザインをおさらいしときましょ 

2020/10/10Headphone

2020年10月14日に開催されるAppleのスペシャルイベントでiPhone 12シリーズが発表されることはほぼ確定だと思うんですけど、それだけではなくて。

なにやらAppleの初となる純正ヘッドフォン"AirPods Studio"がiPhoneと同時に発表される可能性が高いそうなのです。

分かりやすい予兆でいえば、Apple公式サイトやAppleストアからAppleおよびbeats製品以外のヘッドフォンやスピーカーが購入できなくなったこと、そして、BloombergのMark Gurmanさんも少し前に言及していましたし、Appleの純正ヘッドフォン"AirPods Studio"が発表される可能性は......無きにしも非ず。

名称はおそらく「AirPods Studio」となり、独自のノイズキャンセリングを搭載する可能性が高いのですが、面白いのはユーザー自身の手でヘッドフォンをカスタマイズできること。

で、そうなるとApple純正ヘッドフォン "AirPods Studio" の詳細な機能やデザインはどうなるの? って気になるじゃないですか。

Appleの発表会まであと5日ほどですが、AirPods Studioについてささっとまとめてみたので参考にどうぞ!

発売日が近い?beats Studio Proか、Apple純正ヘッドフォンか

AirPods Studioの機能やスペックの噂をおさらい

AirPods Studioはこんな感じで。レトロな雰囲気のデザインになるみたいなんですけど、まずは噂されている機能や性能、スペックについてさらっとおさらいしておきましょう。

  • 独自のノイズキャンセリング
  • 外部音取り込みモード
  • W1チップによるApple製品との親和性
  • マグネット式でカスタム可能なイヤーパッド。
    • レザーのようなファブリック素材の高級パッド。
    • 軽量で通気性に優れた素材のスポーツ用パッド。
  • 左右どちらの向きでも装着可能
    • 内臓されているセンサーが左右の耳を認識、自動で左右の音を切り替えて再生してくれる機能が搭載。
  • タッチセンサー内臓のイヤーパッド。
  • 充電はLightning?
  • 密閉/オーバーイヤー型
  • レトロなデザイン。

AirPods Studioについて抑えておきたいトピックはこんなところ。

強化された "W1チップ" により、iPhoneやMacとの連携がスムーズになるのは確定ですが、カスタマイズ可能なイヤーパッドは2種類が存在しているらしく、イヤーパッドだけでなく、ヘッドレストの部分も交換できるそうなのです。

さらに、AirPods Studioはデザインについてもいくつか言及されてまして。

回転する楕円形のイヤーカップ、薄い金属製のアームとヘッドバンド、マグネット式のイヤーパッドが特徴として挙げられています。

アプローチのイメージとしては、Bowers & Wilkinsの一部のヘッドフォンに近いそうなんですけど、著名なリーカーJon Prosser氏が公開したAirPods Studioのデザインと概ね一致してますね。

あくまでもコンセプト画像だと思われますし、鵜呑みにするのは良くないですが、AirPods Studioはレトロでモダンなデザインになる可能性大。

個人的に、AirPods Studioは新開発のセンサーにより左右の向きを自動検知してチャンネルを入れ替えられるってのが物欲刺激ポイントです。(素敵やん)

名前は"AirPods Studio"?

iPhone SEや新型Macbookの発売日を言い当て、現在ノッているJon Proccerさんによれば、このApple純正ヘッドフォンの名前は "AirPods Studio" となるそうで。現在は、コードネーム "B515" の名で呼ばれているのだとか。

  • 名称は "AirPods Studio"
  • コードネームはB515

ただ、Apple純正ヘッドフォン "AirPods Studio" については、名称も、デザインも、機能も、確定的な情報はないですし......詳細はAppleさんのみぞ知る。

左右の向きを気にせず装着できる

すでにチラッと触れているんですけど、AirPods Studiは左右のチャンネルを自動で入れ替える機能が搭載される可能性が高くて。

初出しは9to5macが報じた情報で、それによればAirPods Studioは、AirPods Proと同様にアクティブノイズキャンセリングや外部音取り込みモードを搭載するほか、左右の向きを気にしないで装着できるとのこと。

耳の装着検知機能により、ヘッドフォンを外すと音楽が停止。装着すると音楽が再生といったお馴染みの機能は搭載されると思うのですが、左右の向きを気にしないで付けれるヘッドフォンというのは......なかなかに便利ですよね。

内臓されるセンサーで左右の耳を認識し、自動で左右の音を切り替えて再生してくれる機能なのですが、もっかい言っておきますね。これ、物欲刺激ポイントです。

カスタマイズ可能なイヤーパッドは磁気でくっつく

Bowers & Wilkinsの一部のヘッドフォンは、マグネット式のイヤーパッドを搭載していますが、Apple純正ヘッドフォンはそれだけでなく、Apple Watchのように自分好みにカスタマイズできるというのが大きな違いであり、他には無い大きなメリットになるそうで。

  • イヤーパッドはマグネット式で自由に付け替え可能。
  • ヘッドレスト部分も交換可能になるかも。
  • Apple Watchみたいに様々な種類・デザインの交換パーツが出る可能性もありあり。

AirPods Studioは、いわばモジュラー式のハイエンドヘッドフォン

プロトタイプはファブリック素材で快適性を重視した高級モデルと、通気性の高い素材でスポーツでの使用を意識したモデルが用意されているようですが、もしかしたら、AppleさんはApple Watchのように自分好みにカスタマイズできるファッション性の高いハイエンドヘッドフォンを目指しているのかもしれません。

価格349ドル(約35,000円)

さて、そんなAirPods Studioですが噂されている価格は349ドル(約35,000円)

この349ドルという価格はBeats Studio3 Wirelessの34,800円(税別)と同じなんですけど、Bloombergはこのヘッドフォンは350ドル(約38,000円)で販売されているSonyやBose、Sennheiserのハイエンドヘッドフォンと競合すると報道していましたし、リアルに予想するなら、価格はこれくらいが妥当かなぁと。

Jon Proccerさんは「Appleはbeatsブランドの廃止を計画している」との情報を以前伝えていたことがあり、もし、これが本当ならAirPods Studioでその一歩を踏み出そうとしているとも考えられますが、Beatsブランドが廃止されること無いと思うんだけども、どうなんでしょう。

2020年10月14日のイベントで発表されるかも

Apple純正ヘッドフォンは、2018年から開発されており、すでに2回ほど発売のタイミングを逃しているので「やっとか!」って感じなんですけど、最近の情報ではいよいよ2020年10月14日に開催されるAppleスペシャルイベントで発表される可能性が濃厚になってきました。

AppleはApple/beats以外のヘッドフォン、スピーカーの販売をやめているため、発表されると信じずにはいられないんですけど、はてさてどうなることやら......。(出荷時期は10月末から11月の初め頃になるそう)

AirPods Studioはどんな音質になるのか、デザインはどうなるのか、機能はどうなるのか、ほんとに気になることだらけなのですが、いずれにしましても、その真偽は2020年10月14日に明らかになります。

Appleのスペシャルイベントに向けて体調とマネーを整えておかなければ! ほんとに34,800円で発売されたらもう即買いレベルよ。

Apple スペシャルイベント - 公式HP

Source:Bloomberg

Headphone

Posted by iyusuke