AppleEvent 3月

【#AppleEvent】3月に発表された新製品たちを爆速でおさらい

Apple

2022年3月9日午前3時から開催されたAppleスペシャルイベント「Peek Performance.」ですが、発表された新製品たちを爆速でおさらいです。

発表されたのは、iPhone 13シリーズと同じ"A15 Bionic"を搭載したiPhone SE(第3世代)、M1チップを搭載して性能爆盛りな「iPad Air(第5世代)」、そして、モンスター級の性能を誇る"M1 Ultra"搭載「Mac Studio」と27インチディスプレイ「Studio Display」の4製品。

iPhone 13シリーズには新色が追加されましたが、今回のスペシャルイベントで何が発表されたのか、さくっと知りたいってブラザーのためにドドドっとご紹介していこうと思います。

Apple公式HPを見る

3月のAppleスペシャルイベントで発表された新製品たち

それじゃ、3月のAppleスペシャルイベントで発表された新製品たちを爆速で見ていきましょう。

iPhone SE(第3世代)とiPad Air(第5世代)は普通に魅力的。「Mac StudioとStudio Display=やばい」って認識でOKです。

iPhone 13/13 Proに新色が追加

iPhone 13/13 Pro 新色グリーン

iPhone 13/13 miniに新色「グリーン」。iPhone 13 Pro/13 Pro Maxに新色「アルパイングリーン」が追加。

3月11日(金)午後10時から予約受付開始、発売日は2022年3月18日(金)。価格はiPhone 13シリーズが86,800円(税込)~、13 Proシリーズが122,800円~。

時期的に見て、9月中旬に「iPhone 14シリーズ」が登場することを考えると......買い替えはおすすめできないかも。

※14シリーズの発売時期は予想です。

iPhone 13とiPhone 13 mini - Apple(日本)

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max - Apple(日本)

M1チップを搭載した「iPad Air(第5世代)」

iPad Air 第5世代

「iPad Air(第5世代)」はついに"M1チップ"を搭載し性能はiPad Pro級に大幅UP。

M1チップの恩恵でCPU性能は60%、GPU性能は2倍に向上。

電源ボタンには引き続き「Touch-ID(指紋認証)」、フロントカメラは1200万画素の超広角カメラを搭載。

iPad センターフレーム
これがセンターフレーム。

フロントカメラは、映っている人を追いかけて画角を中心に調整してくれる"センターフレーム"に対応しました。

iPad Air 第5世代 カラバリ

そのほかで言えば、カラバリは「スペースグレイ」「ピンク」「パープル」「ブルー」「スターライト」の5色。

転送速度が2倍になったUSB-Cポートに5G通信のサポート、Magic KeyboardとApplePencil(第2世代)も引き続き対応です。

発売日は2022年3月18日。予約受付は3月11日午後10時開始。価格は74,800円(税込)~。

M1チップ載っててこの価格は......素敵すぎる。

iPad Air - Apple(日本)

iPhone 13/13 Proと同じA15 Bionic搭載「iPhone SE(第3世代)」

iPhone SE 第3世代
カラバリは「ミッドナイトブラック」「スターライト」「(PRODUCT)RED」の3色

iPhone SE(第3世代)は、4.7インチのディスプレイやホームボタンはそのままに......性能が大幅に向上。

iPhone 13シリーズと同じ"A15 Bionicチップ"を搭載し、iPhone8と比較してCPU性能は1.8倍、GPU性能は2.2倍にUP。

5G通信をサポートし、1200万画素のカメラはスマートHDR4とDeepFusionをサポートしてます。(4人まで認識できるようになり、画質もよくなった)

前面&背面のガラスが強い。

iPhone 13シリーズで採用された「耐久性に優れるガラスを前面と背面に使用している」というところと「A15 Bionicのおかげで電力効率が向上し、電池持ちが良くなった」というのが素敵ポイント。

発売日は2022年3月18日。予約受付は3月11日午後10時から開始。価格は57,800円(税込)~。

前モデルから8000円高くなったけど、より長く使える。

M1 Max×2!M1 Ultra搭載のモンスターマシン「Mac Studio」

Mac StudioとStudio Display
箱みたいなのがMac Studio。Studio Displayは別売り。

とにかく色々すごすぎて、理解が追っ付かなかった"ヤバいヤツ"が「Mac Studio」と27インチの5kディスプレイ「Studio Display」。

Mac Studioの最も大きなトピックは「M1 Ultra」を搭載するというところで、ざっくり説明すると......M1 Ultraは独自技術で2つのM1 Maxを接続したAppleのスペシャルハイエンドチップになっていまして。

  • 16コアXeonプロセッサを搭載したMac Proと比較するとCPU性能は最大90%高速。
  • Radeon ProW6900Xを搭載したMac Proと比較するとGPU性能は最大80%高速。
  • 20コアCPUでM1の8倍高速。

また、M1 Ultraは、16コアCPUのデスクトップと比べて電力消費は65%も抑えられているそうなのです。

さらに......GPUは64コア。メモリの帯域幅は800GB/s。

メモリはM1 Max搭載モデルが最大64GB、M1 Ultra搭載モデルが最大128GB。ストレージは最大8TBでパフォーマンスは最大7.4GB/s。

とにかくすさまじいスペックのモンスターマシン。

Mac Studioの前面と背面はこんな感じ。

前面には2つのUSB-CポートとSDカードスロット。背面にはThnderbolt4ポートが4つとUSB-Aが2つ、10ギガビットEthernetとHDMI、3.5mmオーディオジャックが搭載されてます。

(最大5台のディスプレイに接続可能で、USB経由で最大4台のPro Display XDR、HDMI経由で1台の4kディスプレイに出力できるとのこと)

Mac Studioの発売日は2022年3月18日、現在予約受付中。

価格はM1 Max搭載モデルが249,800円(税込)~。M1 Ultra搭載モデルが499,800円(税込)~。

ちなみに......フルカスタムの価格は939,800円。100万円でお釣りきます。

Mac Studio - Apple(日本)

27インチ5K Retinaディスプレイ「Studio Display」

最後にApple純正の27インチ5K Retinaディスプレイ「Studio Display」。

ディスプレイ本体に"A13 Bionic"チップを搭載し、12MPの超広角カメラ、クリアな音声で通話できるスタジオ品質のマイク、原音に忠実な6スピーカーサウンドシステムを搭載してます。(もちろん空間オーディオにも対応)

  • A13 Bionicチップ搭載
  • 27インチ 5k Retinaディスプレイ
  • 最大輝度は600ニト
  • 背面にはUSB-Cポート3つとThunderbolt3ポートを1つ搭載
    • Thunderbolt3ポートは96Wの給電が可能で14インチMacbook Proを高速充電可能
    • USB-Cポートの転送速度は10Gb/s
  • 12MPのカメラ(センターフレーム対応)
  • スタジオ品質のマイク
  • 空間オーディオに対応する6スピーカーシステム
  • オプションでNano-textureガラス、高さと傾きを調整できるスタンド、VESAマウントアダプタを選択可能。

発売日は2022年3月18日。現在予約受付中。価格は標準ガラスモデルが199,800円(税込)~、Nano-textureガラスモデルが232,800円(税込)~。

Pro Display XDRと同じく、オプションで映り込みが少ない"Nano-textureガラス"を選択することもできますよ。オプション価格は43,000円。

Studio Display - Apple(日本)

新製品の発売日は3月18日

さて、様々な製品が発表された3月のAppleスペシャルイベントですが、実は、すべての製品の発売日は2022年3月18日です。分かりやすい。

Mac StudioとStudio Displayはすでに予約受け中。その他の新製品については3月11日午後10時から予約受付が開始されるので、気になる人は要チェックです。

ほんと思っていた以上にすごいのが出てきてびっくり。僕はiPhone SEが妙に気になってます。

Apple公式HPを見る

Apple

Posted by Yusuke Miyamoto