【レビュー】Apple Watchの新作バンド”プライドエディションスポーツバンド”で虹色の個性を

2020/05/22Apple WatchReview

Apple Watch プライドエディションスポーツバンド レビュー

AppleがLGBTQを支援するプロダクト「プライドエディションバンド」ですが、今年のプライドエディションバンドは2種類。

"プライドエディションスポーツバンド" と "プライドエディションNIKEスポーツバンド" の2種類が登場していまして。僕はプライドエディションスポーツバンドを購入したので、ささっとレビューしていきます。

今回、初めてプライドエディションバンドを購入したんですけど、これがまためちゃ良いのです。LGBTQの方々への支援に繋がり、個性的でお洒落。すごく有意義なお買い物です。

プライドエディションスポーツバンドを見る - Apple公式HP

Apple Watchの新作バンド「プライドエディションスポーツバンド」をレビュー

それじゃ、早速2020年の新作バンド「プライドエディションスポーツバンド」のレビュー、いきましょう。

パッケージには、Appleさんのメッセージが記載されているのですが、翻訳すると以下の通り。

Apple is proud to financially support LGBTQ advocacy organizations working to bring about positive change.

アップルは、ポジティブな変化をもたらすために活動している LGBTQ支援団体 を経済的にサポートできることを誇りに思っています。

Apple 公式HP

6月のプライドパレードに参加する従業員のために始まったプロダクトであり、当初は非売品だった「プライドエディションバンド」ですが、2017年に一般販売が開始され、2020年モデルは4代目。

  • 2017年-2018
    • ウーブンナイロン
  • 2019
    • スポーツループ
  • 2020年
    • スポーツバンド

上記の通り、年を重ねるごとにバンドの材質も変化していまして。今年のプライドエディションバンドは、「プライドエディションスポーツバンド」と「プライドエディションNIKEスポーツバンド」の2種類で、初めてスポーツバンドで発売されました。

S/M、またはM/Lの長さに調整できるバンドが同梱します。

ちなみに、僕がプライドエディションバンドを購入するのは2020年モデルが初めて。それじゃ、ここからはデザインについてもう少し詳しく見ていきましょう。

LGBTQの象徴、レインボーカラーでお洒落に

プライドエディションスポーツバンドは、LGBTQを象徴する "レッド/オレンジ/イエロー/グリーン/ブルー/パープル" のレインボーフラッグをモチーフとしたApple Watch向けバンドなんですけど、このバンド、他のスポーツバンドにはないすごい秘密がありまして。

というのも、このカラフルなストライプは1本ずつ手で組み合わせ、機械で打ち抜き加工してから圧縮成形されたものなんですよね。すごくないですか?

よく見てみると、少し色がまばらになっていたり、他の色に重なっていたりと、波打ったレインボーカラーはそれこそ個性豊か。1つとして同じものが無いというのもこのバンドの特徴でありオリジナリティなんですよね。

ピンやスリットの形状は通常のスポーツバンドと同じで、ピンにバックルをはめ込むようなデザインになっているのですが、僕はここ最近スポーツループバンドばかりだったので......久しぶりに触れるスポーツバンドの付け心地の良さに驚き。

素材はスポーツバンドと同じ "フルオロエラストマー製" なので、水に強く、耐久性にも優れていまして。それなのに、手触りはスムーズで滑らか。よく肌に馴染む付け心地なのです。

(スポーツバンドは、夏に汗をかくと少ーしだけベタ付きが気になりますが......スムーズで撥水性にも優れる素材なので、一度取り外せば問題なし)

目の覚めるような "派手さ" は、実際に付けてみるとクセになるというか、日常使いにはぴったりのApple Watch向けバンドかなぁと。

新しい"プライド"文字盤が追加されてます

Apple Watch プライドエディションの文字盤

watchOS 6.2.5にて、プライドエディションスポーツバンドに合わせた新しい文字盤が追加されているんですけど、その数なんと7種類。

  • NIKEアナログ
  • プライドデジタル
  • プライドアナログ
  • カリフォルニア
  • 数字・デュオ
  • 数字・モノ
  • グラデーション

僕の場合、いくつか表示がおかしくなっていまして。

watchOSを最新にアップデートしただけでは適用されず、iOSを最新版にアップデートし、Apple Watchを再起動すると新しい文字盤が表示されるようになったため、同様の症状に悩まされている人はお試しあれ。

プライドエディションに合うウォッチフェイス(文字盤)は種類が豊富で、どれを使おうか悩むんですけど......あなたのお気に入り、ありました?

購入金額の一部はLGBTQ支援団体へ寄付

PRIDE 2020

1つ1つが微妙に表情を変えるレインボーなストライプが僕の好みにどハマりした2020年の "プライドエディションスポーツバンド" ですが、購入金額の一部は複数のLGBTQ支援団体へ寄付されます。

米国のGLSEN、PFLAG、The Trevor Project、Gender Spectrum、The National Center for Transgender Equality、Encircle、SMYALや、国際的な組織であるILGA Worldへ寄付されるため、このバンドを購入すれば、間接的とは言えLGBTQ(セクシャルマイノリティ)の方々へ支援できるとても有意義で、社会的貢献ができるプロダクトです。

Apple Storeで発売中、価格は5,280円

お気に入りはストライプ

さてさて、僕は今年初めて購入した "プライドエディションバンド" ですが、すごい良い。派手なレインボーカラーはおしゃれですし、間接的とはいえ、LGBTQの方々に支援ができるというのは良いことですよね。(これからは毎年買おうと決めた)

Apple Watch向けの新作バンド「プライドエディションスポーツバンド」は、Apple公式HPにて発売中。価格は5,280円(税込み)となっているので、新しいApple Watch向けバンドを探していた人はぜひ。

ちなみに......プライドエディションバンドは40mm/44mmの2モデルがラインナップされていますが、Apple Watch Series 3以前のモデルを使用している人も使うことができます。

  • 38mm - 40mmと互換性あり
  • 42mm - 44mmと互換性あり

プライドエディションスポーツバンドの個性的なデザインは良い感じで手元をお洒落に見せてくれますので、この機会にどうぞ。

プライドエディションスポーツバンドを見る - Apple公式HP

プライドエディションNIKEスポーツバンドを見る - Apple公式HP