【Ark Mobile】初心者攻略指南!序盤を生き残るコツと基本操作

幾度かの延期を乗り越え、iPhone/Android版Ark Survival Evolved「Ark Mobile」がついにリリース!

Ark Mobileは、恐竜や古代生物が闊歩する島で生き残る大人気サバイバルゲーム「Ark Survival Evolved」のスマホ版。Ark Mobileはテイム(手なづけ)建築過酷なサバイバルなど、Arkのシステムはそのままに、iPhone/Androidに最適化されている。

グラフィックや操作性はArk Survival Evolvedに劣るものの、iPhone/AndroidでArkの世界を体験できるというのはナイス。(しかも基本プレイ無料

今回の記事では、Ark Mobileの基本操作や攻略覚えておくといいことそして序盤を生き残るコツをご紹介する。Ark Mobileの世界で会ったらよろしくな!

Ark Mobileの発熱がすごい?オプションで変更しておこう

Ark Mobileを本格的にプレイする前に、オプションでビデオ設定を変更して「バッテリー節約モード(省電力設定)」にしておくのをおすすめする。

・・・というのも、Ark Mobileはスマホの発熱がすごい。ちょっと遊んだだけでものすごく熱くなる。

Ark Mobileのバッテリー節約モードは「オプション>ビデオ>バッテリー節約モード」でONにできるので、プレイする前に設定しておくといいかもです。

ビデオ設定の「解像度」も自分が気にならない程度に設定を下げておくとバッテリーを節約しつつ、発熱も抑えられる。※最低まで下げてしまうと画質が落ちすぎるため、スライダー半分くらいがちょうどいい。

アップデートでいくらか改善されるかもですが、現状、バッテリー消費と発熱はかなり激しいので「バッテリー節約モード」の使用推薦だ。

また、Ark Mobileは「オプション>コントロール>左連続タップ or 右側連続タップ」でアクション割り当てを変更できる。こちらも自分が操作しやすいように変更しておけばサバイバル生活が捗る。

Ark Mobileの基本操作

次は、Ark Mobileの基本操作についてサクッとご紹介していく。

「初めてArk Survival Evolvedを遊ぶぜ!」という人にはとっつきにくいかもですが、覚えてしまえばそれほど難しくない。Ark Mobileの基本操作をマスターしておけば、より快適にサバイバル生活を過ごせるはずだ!

※Ark MobileはiPhone/Androidに最適化されているとはいえ、PC/コンソール版と比べると操作性は落ちてしまう。基本プレイ無料で遊べてしまうのだからこの一点については慣れるしかない。

Ark Mobileの基本操作①、ソロプレイで「生き残り方」を覚えよう

Ark Mobileには、ソロで遊ぶ「シングルプレイヤー」とトライブ(部族)と呼ばれるチームで遊ぶ「マルチプレイヤー(PvP or PvE)」の2つのモードが用意されている。※日本語対応したんじゃねぇの?英語じゃん?って思ったのは僕だけじゃないはず。そのうち完全対応してくれるはずだ。

初めてArk Survival Evolvedをプレイするという人は、シングルプレイヤーでArk Mobileの操作に慣れておこう。

プレイモードを選択すると、ゲームの難易度設定に移動する。

HARDCORE&BRUTAL」はまじでヤバい難易度となっているため、初めての人は「SURVIVOR&EASY」がおすすめです。※サバイバルモード「CASUAL」はデスしても設計図/武器/防具を失わないため若干ヌルゲー。「SURVIVOR」は普通にロスト、「HARDCORE」はエングラムまで失ってしまう。

Ark Survival Evolved経験者は「SURVIVOR&MEDIUM」以上の難易度がおすすめ。過酷な環境で生きてる感がちょうど良い。

Ark Mobileの基本操作②、アクションと素材回収

Ark Mobileの基本操作は、画面左側ホールドで「移動」画面右側ホールドで「視点移動」「ジャンプ」は画面左側で上スワイプ「ダッシュ」は画面左側ダブルタップ>ホールド

木や石などの素材回収(および攻撃)は画面右側ダブルタップ>ホールドとなっているため、Ark Mobileの操作には若干の慣れが必要だ。※そこらに落ちている小石などのアイテム回収はタップでOK。

ちなみに、Arkあるあるですが木や石を素手で殴って回収していると体力が減る。素材を回収するときは素手ではなく、ピッケルや斧で叩くのを忘れずに。

Ark Mobileの基本操作③、エングラムを習得する

エングラムとは、簡単に言えばアイテムの作り方。習得することで斧や棍棒などのアイテムをクラフトできるようになり、プレイヤーのレベルが上がるにつれて種類が増える。※エングラムの取得にはレベルアップで獲得できる「エングラムポイント」が必要だ。

習得できるエングラムの数には限界があるため、クラフトに特化して習得していくのか、戦闘に特化したエングラムを習得していくのか、プレイヤーの好みで選んでいくことになる。

どんなプレイスタイルでも持っておきたい最低限必要なエングラムは以下の通り。

たき火
ピッケル
弓と矢
わらの土台、壁、天井、ドア(わらの家)
服などの防具系
寝袋
皮袋、水筒

上位のエングラムを習得するには下位のエングラムを解放しておく必要があるというのも覚えておこう。※木の土台の作製にはわらの土台を習得している必要があるなど。

Ark Mobileの基本操作④、アイテムのクラフト

アイテムのクラフトはアイテムバックを開き「インベントリ」のタブを「作成中」に切り替えて行う。作成中のタブには、作り方を習得したアイテムが表示されるので、作りたいアイテムをタップして「作成」すればOK。

Ark Mobileの基本操作⑤、ツールバーの使い方

Ark Mobileのツールバーは画面右端から左へスワイプすると表示される。※ホールドしたままでアイテムを切り替え可。これがものすごく便利で、ツールバーにアイテムを登録しておけば瞬時に切り替えて使用できる。

ツールバーに追加したいアイテムはダブルタップまたは長押しで移動できるので、ピッケルや斧など、よく使うアイテムはツールバーに登録しておくと快適。

また、ツールバーは画面上に常に表示しておくこともできる。設定は「オプション>コントロール>ツールバーレイアウト」から変更できるので、自分の使いやすい方に設定しておこう。

Ark Mobileの基本操作⑥、ステータスとステ振り

Ark Mobileには「体力」「スタミナ」に加えて、「酸素量」「食料」「水分」という現実に近い概念がある。食料と水分の枯渇は死に直結するため、序盤は特に気を使っておこう。

レベルがあがるごとに獲得できるポイントでステ振りできるので、自分好みのキャラに育てることが可能だ。ステ振りの参考までに、プレイヤーのステータスとアバウトな説明は以下の通り。

ステータスアバウトな説明
体力体力。多いほど恐竜などの攻撃に耐えられる。
スタミナ多いほど長く走れる。
酸素量多いほど長く水中で活動できる。
食料体力とスタミナの自然回復に必要。割り振ると最大値が伸びる。
水分スタミナの自然回復に必要。割り振ると最大値が伸びる。
重量アイテムの所持量。強化するとより多くのアイテムを所持できるようになる。
近接攻撃力近接攻撃のダメージ、採取能力が上昇する。
移動速度強化すると速く走れるようになる。
忍耐力寒さや熱さに強くなる。気絶値の回復速度も上がる。
作成速度アイテムの制作・修理速度が上がる。
痺れ気絶に対する耐性。これは触れない。

優先して強化していきたいステータスは「体力」「移動速度」「重量」の3つですが、ステ振りができるゲームは自分の好きなように強化していくのが一番楽しい。

実際にArk Mobileを遊んでみて、「このステータスは欲しいな・・・」と思ったものを強化していくのもおすすめです。

Ark Mobileの序盤を生き残るコツ

Arkの世界に降り立ったら、まずは石ころを拾って、素手で木を殴り素材を回収。素材が集まったらピッケルを作成しよう。素材回収が圧倒的に楽になる。

道具によって回収しやすい素材は以下の通りなので、覚えておくと〇。

ツール回収しやすい素材
ピッケルわら、火打石、鉱石類、塩、ケラチン、肉類
木材、石、皮類、キチン
大トロ、繊維、絹

集めたい素材があるときは、道具と回収しやすい素材を意識して集めると効率的。

夜までに食料と安全な場所を確保!

この世界の夜は非常に暗くて過酷なため、夜になる前に食料と安全な場所を確保しておくというのが序盤を乗り切るコツ。

食料はいたるところで採れるベリー類でもいいですが、空腹はあまり満たされない。近くに小動物がいれば狩っておくか、水辺で魚を倒しておくと肉が回収できるので、倒せそうな生き物がいれば積極的に攻撃しておく。※肉が回収しやすいのはピッケル。

たき火があれば、周りを明るくするだけでなく、生肉を焼くこともできるので、ピッケル&斧をクラフトしたら、たき火も作っておこう。道具とたき火、そして食料が用意できたら、ひとまず餓死することはなくなる。※喉が渇いたときは水に浸かれば回復できる。

いくつか気になるところはあるけど「Ark Mobile」超楽しい

序盤を生き延びる方法ということで、Ark Mobileの基本操作覚えておくといいことを主に解説してきましたが、Arkにはテイム(生物の手なづけ)や拠点の発展など、まだまだやることはたくさんある。

この記事でご紹介したことを意識しつつ、ヤバそうな恐竜や生物に近寄ったり、ちょっかいを出さなければやられることは無くなるはずなので、慣れてきたら拠点も作成してみよう。(Ark Survival Evolvedはここからが本番)

僕はまだArk Mobileをガッツリ遊べてないですが、ゲームシステムや世界はそのままArk Survival Evolved。スマホのバッテリー消費と発熱が気になるものの、Ark Mobileが超楽しいゲームというのは間違いない。※拠点制作やテイムの方法、作業台の使い方なんかも余裕があれば記事にする予定だ。

iPhone/Androidで「Ark Survival Evolved」を気軽に遊べて、しかも基本プレイ無料ときたら遊ぶしかないっしょ!

Source:Ark Survival Evolved(Ark Mobile)