ARMベースのMacがWWDC2020で発表されるかもって噂

Mac

Apple WWDC 2020

今年のWWDCは、Mac関連で大きな発表がある予感。

ってことで、今回のトピックは2020年6月22日に開催されるWWDC2020(World Developers Conference)について。なにやら、Appleは "Intel製半導体(Intel Coreシリーズ)" から独自のメインプロセッサへの移行を発表する計画があるそうなのです。

Appleが自社製プロセッサをMacに搭載するというのは史上初。ARMベースのMacは低消費電力ながら、Intel製チップよりも高性能になると言われているんですよね。

僕も興味ありありなARM版Macですが......、ささっとチェックしておきましょう。

WWDC 2020 - Apple Newsroom

WWDCでARM版Macの計画が発表されるかも

macOS Catalina iPad and Macbook Pro
Macbook ProとiPad Pro

それじゃ、早速ARM版Macについておさらいしておきましょう。Bloombergによれば、「Kalamate」という開発コードで呼ばれているそうで、低消費電力と高性能を両立するのだとか。

ARMベースとなるMacは2021年に発表予定なのですが、現時点で少なくとも3種類のプロセッサを開発しているとのことで、ベースはiPhone12シリーズに搭載すると思われる "A14プロセッサ(プロセスは5nm)"。GPUの強化やマシンラーニング用の "Neural Engine(ニューラルエンジン)" を搭載するそうな。

Appleさんは、このARMベースのMacへの移行計画をWWDC 2020で発表する可能性が高いようです。

ARM版ってどゆこと?

ARM版とは、ざっくり説明すると "モバイル向けのプロセッサ" のことで、今回のARMベースのMacで言えば、低消費電力ながらIntel製チップより処理性能が優れているそう。

AppleがこのタイミングでARM版チップへの移行計画を発表する理由の1つとして、Intel製チップの遅延は間違いなく含まれると思うんですけど、チップを自社開発する最も大きなメリットはコストの削減他社の開発状況に左右されないということ。

Intelは半導体プロセスの微細化に苦戦しており、発表の遅延が続いています。Appleが自社製チップを開発すれば、Intelの開発状況に左右されることはなくなるってわけですね。

搭載チップがIntel製からARM版になることで変わること

ARM版Macで変化することについては......

  • ベースは、iPhone 12シリーズに搭載されると思われる「A14チップ」
    • LTE通信、5G通信に対応しやすい
    • 低消費電力&高性能
    • Intel製チップよりも処理性能に優れる
  • Appleは、他社の開発状況に左右されることなく、計画を立てられる
  • 現行の製品よりも、さらなる薄型&軽量化
  • コストの削減

こんなところ。ARM版と言えど、搭載するOSは「macOS」なので使用感や "出来ること" は現行Macと大きく変わらないと思われます。

一般的に、ARM版はLTE通信/5Gへの対応もしやすいので、外出先でインターネット通信ができるMacbookなんかも登場するかもしれませんね。(これは僕の予想ですけど)

ARM版Macは2021年に発表予定

ちなみに、WWDC2020での発表が予定されているのは「ARM版プロセッサへの移行計画」について。ARM版チップを搭載した製品は2021年に発表予定なのだそうです。

  • WWDC 2020では、ARM版Macへの移行計画を発表予定
  • 自社製チップを搭載した製品は2021年に発表予定

ARM版Macの移行はまだまだ先を予定されているため、発表のタイミングは変わる可能性があるということはお忘れなく。

WWDC 2020は6月22日、オンラインで開催予定

WWDC 2020では、OSの発表がメインになります

さてさて、どうでしょう。ARM版Macってめちゃ気になりません?

WWDC 2020では、AirPodsシリーズ初となる ヘッドフォン "AirPods Studio" がお披露目されるとの噂もあるほか、忘れ去られたワイヤレス充電器 "AirPower"、iPad Pro風のデザインの"iMac"、紛失防止タグ "AirTag" などなど、いくつか新製品の発表もワンチャンあるかも、ですね。

今回のイベントは、創造的かつ革新的な何百万人もの開発者の皆さまが、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSの未来にいち早くアクセスし、Appleのエンジニアたちとの交流を通じて、Appleの製品を愛用する世界中のお客様の生活を豊かにするアプリケーションの体験作りに励むことを可能にする絶好の機会となります。

Apple Newsroom

ARM版ベースで、さらなる薄型化と軽量化、性能の向上が両立できるMacとなると......"12インチ Macbook" が復活する可能性もありあり。それにしても気になりすぎです、ARM版Mac。

WWDC 2020では、iOS/iPadOS/macOS/watchOS/tvOSについての発表は確実に行われますので、6月22日を楽しみに待ちましょう。キーノートの日程は後日発表予定です。

WWDC 2020 - Apple Newsroom

Source:Bloomberg

Mac

Posted by iyusuke