品質ぼちぼちだけど圧倒的安さ!ChonChowのRGBマウスとLEDキーボード

いつも通りAmazonで面白そうなものがないか物色していると、2,500円LEDで光るキーボードRGBで色が変わるマウスマウスパッドがセットになった製品を発見。

これは良いネタになりそうと思い、さっそくゲットしてみたのでサクッとレビュー!

結論を言うと、マウスの使用感は良い感じで、オラついたデザインは最高だ。ただし、キーボードは価格相応で打ちにくい

打ちやすさとかどうでもいいから、安くて光るキーボード&マウスが欲しいという人にはいいかも・・・です。(今回はあくまでもネタ的な記事なので、おすすめはしないし、僕も常用はしない)

安すぎて逆に惹かれた光るマウスとLEDキーボード

今回、ネタ的な要素で購入したのはChonChowという全然知らないメーカーのLEDバックライトで光るキーボード&マウス&マウスパッドがセットになった製品で、価格は2,500円(Amazonで定期的に価格が変動している)

早速キーボードとマウスの使用感や品質もろもろレビューしていくので、とりあえず安くて光るキーボード&マウスが欲しい!という人は参考にどうぞ。

ちなみに、パッケージは良い感じの質感でゲーミングキーボードっぽいデザインだった。

打ち心地&LED&品質、すべてが価格相応!ChonChowのキーボード

まずはキーボードから。パッと見でも分かる通り、キーボードの品質は良くないですが、この価格でマウスとセットで買えることを考えるとまぁまぁかなーといった感じだ。

キーボードはメンブレン式でタイプ音は静かですが、打ち心地は価格相応。悪すぎるほどでもないし良いってほどでもない。※僕の手元に届いたChonChowのキーボードはShiftキーが固い時がある。

また、キーの印字はしっかりされているものの、キー下部(ボード側)の塗装が不揃いで手抜き感があるというのもマイナスポイントだ。※下地が白で塗装が黒いため、どうしても目立ってしまう。

キートップは割と良い感じ。地味にアンチゴーストにも対応している。※アンチゴーストとは、複数キーを同時押しした時の認識不良を防ぐ機能。このキーボードは19キーの同時押しまで対応する。

キーボードのLEDバックライトの光り方についてもこれまた価格相応。LEDはちゃんと光ってくれるものの、RGBではないので色をカスタマイズすることはできず、点滅させるか、常時点灯させるかの2種類しか選べない

キーの光り方は均等ですが、明るさが足りないため暗いところでは良い感じになるものの、明るいところでは微妙・・・というのも見過ごせないポイント。そこまで求めていないという人にはいいかもですね。

まぁ、価格が価格なので、仕方ないですが、気になる人はかなり気になるはずだ。

キーボードの詳細を簡単にまとめると以下の通り。

キー配列US配列(英語)
キー方式メンブレン式
テンキー有り
LEDバックライト5段階調整、光り方は2種類
 アンチゴースト対応、19キー

むしろこっちがメイン?RGBで色が変わるマウス

どちらかというと、僕はこのマウスが目当てで購入したと言ってもいいくらい。中2感満載のオラついたデザインしかもRGBで光る。※微妙なデザインですが、マウスパッドが付属するのもありがたい。(常用はしない・・・ですが、マウスパッドは結構よかった)

DPIは800/1600/2400/3200の4段階調整となっており、マウスの反応も悪くはないため、一般的な用途であれば問題ない。全然ゲームも遊べるくらいの性能と思ってOKだ。※多ボタンマウスではないため、ゲーミングマウスとしてはイマイチ。

ちなみに、マウスのクリック音はカチカチと鳴るため、気になる人はいるかもしれない。

マウスはRGBで全体的に光り、一定周期で色が変化する。光り方を自分好みにカスタマイズすることはできないですが、個性爆発のデザインはナイス!

ChonChowのマウス&キーボードは性能を求めない人向け

LEDバックライトで光るキーボード&RGBマウスの使用感をサクッとまとめると、マウス・キーボードともに価格相応といった感じ。マウスパッドまで付いてくることを考えると、価格はものすごく安い。

そこまでの性能は求めないから安くて光るキーボードとマウスが欲しいという人であれば、この製品は安いし、光るし、選択肢に入るかもですね。性能は仕方ないとして、キーボード&マウス&マウスパッドがセットということを考えると超お買い得だ!

それなりに性能が良くて使いやすいRGBキーボードが欲しい!という人は、素直にDREVO Tyrfing V2 RGBゲーミングキーボードあたりを購入するのをおすすめします。

結論。やっぱり、キーボードはメカニカルキーボードが使いやすい。