ChromeとSafariのブックマークを楽々同期できるiCloudブックマークの使い方

今回は、SafariのブックマークとChromeのブックマークを簡単に同期できるChromeの拡張機能「iCloudブックマーク」の使い方や設定なんかをご紹介。

iCloudブックマークは余計な設定が必要なくて、Chromeに拡張機能を追加するだけで使えます。

   

iCloudブックマークでSafariとChromeのブックマークを同期する

▲まずは「iCloudブックマーク」をChromeに追加。

iCloudブックマークは、Chromeで保存してるブックマークをiPhone/iPad/MacのSafariに保存されてるブックマークと同期させることができるChromeの拡張機能です。

僕の場合、ChromeはWindows 10、safariはiPhone/iPadで使用してますが、互換性に問題は無し。一度設定しておけば後は自動でSafariとChromeのブックマークを同期してくれるので楽ちん。

iCloudブックマーク(Chromeウェブストア)

iCloudブックマークを追加 & 設定する

▲ポップアップが出たら、拡張機能を追加します。
▲追加されると、Chromeのタブ右上にiCloudアイコンが現れるはず。

基本的に、iCloudブックマークを設定したり、開きたい時はChromeのタブ右上に追加されるiCloudアイコンから開きます。

▲アイコンをクリックすれば、いつでも設定可能。
▲iCloudでサインインしたら、設定画面が現れます。

設定項目は【iCloud Drive】【写真】【連絡先、カレンダー、およびタスク】【ブックマーク】がありますが、特に変更しなくてOK。

今回は【ブックマーク】の「オプション」を開きます。

▲Chromeにチェックを入れれば完了。デフォでONになってるかと。

たったこれだけで、SafariとChromeのブックマークを同期する設定は終わりです。IEやFirefoxを使ってる人はついでにチェックを入れておいてもいいでしょう。

これで、iPhone/iPad/MacのSafariで追加したブックマークやフォルダもちゃんとChromeに反映されるようになります。

たまにフォルダがおかしくなることがありますが、メリットと比べたらそれくらいのデメリットは寛大な心で許して上げましょう!

Chromeの拡張機能iCloudブックマークは、パソコンではChrome使ってるけど、iPhone/iPadではSafariを使ってるなんて人には超便利な拡張機能なので、一度お試しあれ。

Source:Chromeウェブストア