Echo Dot Echo Dot with Clock 第5世代

音質強化で温度センサー内臓。Echo Dot(第5世代)、Echo Dot with Clock(第5世代)が予約受付開始

人気シリーズの新モデルがキタ。

2023年2月1日、Amazonのスマートスピーカー新モデル「Echo Dot(第5世代)」と「Echo Dot with Clock(第5世代)」が発表されたのでダダっとご紹介。

発売日はいずれも2023年2月14日となっており、価格はEcho Dot(第5世代)が7,480円(税込)、Echo Dot with Clock(第5世代)が8,480円(税込)。

温度センサーを新たに搭載したり、音質が強化された新型Echo Dotについて一緒におさらいしていきましょう。

音質強化&温度センサー内臓の新モデル「Echo Dot(第5世代)」「Echo Dot with Clock(第5世代)」

左:Echo Dot、右:Echo Dot with Clock

コンパクト、高音質、多機能が揃ったAmazonのスマートスピーカー「Echo Dotシリーズ」ですが、今回登場したEcho Dot(第5世代)とEcho Dot with Clock(第5世代)は音質が強化され、温度センサーが搭載されたマイナーチェンジ。

前モデルから進化したところは……

  • 10%大きくなったスピーカーによるクリアなボーカルと深い低音、鮮やかなサウンド
  • 温度センサー内臓で、設定温度を超えたり、下回ったりした際にエアコンや扇風機を自動で操作可能
  • オフライン環境で様々なアクションをできるよう改善された"Amazon AZ2 ニューラル・エッジ・プロセッサ"を搭載

こんなところ。AZ2ニューラル・エッジ・プロセッサと新たに搭載された加速度センサーで音楽の再生/停止などの操作がタッチするだけで出来るようになったのも大きなトピックかなぁと。

温度センサーが本体に内臓されたため、自動でエアコンを付けたり、扇風機を回したり、Alexaにお願いして出来ることも増えました。

ちなみに、カラバリはEcho Dot(第5世代)がグレーシャーホワイト、チャコール、ディープシーブルーの3色。Echo Dot with Clock(第5世代)がグレーシャーホワイトとクラウドブルーの2色。

すでにアメリカでは販売が開始されていたモデルですが、2月14日より国内でも発売です。

10%大型化し、音質がさらに良くなった44mmスピーカー

Echo Dot(第5世代)も、Echo Dot with Clock(第5世代)も筐体には前モデルから10%大型化した44mmスピーカーを搭載し、前モデル比で最大2倍も深みのある低音を実現。

第4世代は第3世代と比較して声の聞き取り能力が落ちていた印象だったので、第5世代はこのあたりがどう改善されたのかも気になるところですね。

こればっかりは実際に試してみないと分かりません。

Echo Dot with Clock(第5世代)は曲名なんかも表示できる

Echo Dot with Clock(第5世代)は5×21のドットマトリクスディスプレイを搭載したことで情報が見やすくなったほか、時計やアラームの表示だけじゃなくて、天気や再生している楽曲の名前、アーティスト名まで表示可能に。

いまのところ、日本語表示はカタカナのみとのことで、アーティスト名と曲名の表示については一部のみ対応しているそうですが…そのうち対応楽曲も増えそう。

発売日は2月14日、価格は7,480円~

さて、良い感じに進化して登場した「Echo Dot(第5世代)」と「Echo Dot witch Clock(第5世代)」ですが、いずれも発売日は2023年2月14日。

価格はEcho Dot(第5世代)が7,480円。Echo Dot with Clock(第5世代)が8,480円です。※いずれも税込。

本日からEchoシリーズはスマートデバイスの標準規格「Matter」のWi-Fi経由での対応も開始されているため、こちらのご確認もお忘れなくです。

※記事公開時点ではAndroidアプリでのセットアップのみが対応。iOSなどは今後対応予定。

Speaker

Posted by Yusuke Miyamoto