コスパ抜群でおすすめ!e元素のメカニカルキーボードをレビュー

今回は、コスパの良さから人気の高いメカニカルキーボード「e元素 メカニカル式ゲーミングキーボード(青軸)をがっつりレビュー!

届いてから打ちまくった感想を先に言ってしまうと、LEDの光り方も良い。打ち心地も良い。価格から考えれば超良いメカニカルキーボードだけど、価格なりの弱点もある・・・といった感じです。

e元素のメカニカルキーボードは、この価格帯では打ち心地もよく、コスパもいい。かなりおすすめできるキーボードだと思うので、メカニカルキーボードを使ってみたい!という人は参考にどうぞ。

e元素 メカニカルキーボードの機能・仕様

まずは、e元素 メカニカルキーボード(青軸)の機能や仕様の詳細についてご紹介。

e元素 メカニカルキーボードは基本的にしっかりメカニカルキーボードとなっているので、初めてメカニカルキーボードを購入する人にはおすすめです。

e元素 メカニカルキーボードの付属品

e元素 メカニカルキーボードのパッケージは超シンプル。コスト削減の意味もあるはずですが、パッケージ表面はe元素のロゴだけという潔さ。

e元素のメカニカルキーボードには、メカニカルキーボード本体説明書(英語)USBケーブルキートップ外し&スイッチ外し、そして交換用のキースイッチ×5が付属。(キートップ外しはものすごく使いにくいので要注意)

ちなみに、付属するUSBケーブルには金メッキが施されており、長さは約1.8mだった。十分すぎるほどの長さですが、PC接続側が若干でかい。

付属する説明書が若干わかりにくいため、e元素 メカニカルキーボードの購入を検討している人はぜひこの記事を参考にしてもらえれば!

e元素 メカニカルキーボードの機能&仕様

e元素メカニカルキーボードは、赤軸/青軸/茶軸/黒軸がラインナップ。

今回は青軸を購入しましたが、このキーボードにはRGBのLEDバックライトが搭載されており、10種類のライティングスタイルを選ぶことができる。※単色モードは「白、紫、青、シアン、緑、黄、赤」に変更可能。

RGB LEDバックライトはソフトウェアではなく、キーボードの「FNキー+○○」で設定可能で、バックライトの操作方法は以下の通りです。

FN+PGDNバックライトモード切替
10種類
FN+ ↑ or ↓バックライトの明るさ調整
FN+ ← or →アニメーションの速度
FN+「+」or「-」単色モードの切り替え
「白、紫、青、シアン
緑、黄、赤」

e元素 メカニカルキーボードの機能と仕様については以下の通り。

赤軸、青軸
茶軸、黒軸
キースイッチOutem製
CherryMXの互換性有り
配列US(英語)
バネ圧力50±15g
キーストローク2.2±0.6mm
Nキーロールオーバーアンチゴースト81キー
(全キー対応)
耐久性5,000万回
接続有線USB

e元素 メカニカルキーボードのキースイッチはDREVO Tyrfing V2などで採用されているOutemu製。

耐久性と信頼性の高いCherryMX製ではないというのは覚えておきたいポイントですね。CherryMX製ではないですが、キースイッチ自体にそこまで大きな違いは無いと思ってOK。

e元素 メカニカルキーボードのデザイン

次は、e元素 メカニカルキーボードのデザインについて触れていく。

ものすごくコンパクトで気になるようなチープさはないですが、LEDバックライトを光らせてないと、なんかしょぼいな・・・というのが第一印象。

次はキーボードの背面。傾斜は2段階で調整可能で、USBケーブルの配線がしやすい溝が配置。右、左、真ん中からUSBケーブルを出せる。

どれくらい信用できるかは不明ですが、e元素のメカニカルキーボードは多少の防水性能も備えているようなので、気持ち安心できる・・・かも。

キーボードの傾斜は自由に変更できるわけではないですが、ラバーが付いているため滑りにくい。キーボード本体にもう少し重さがあればもっと安定しそう。

キートップの高さは均一かと思いきや、キーごとに高さが調整されており、これが価格以上に打ちやすく感じる要因かもしれない。

ちらっと触れましたが、e元素 メカニカルキーボードはものすごくコンパクトというのもグッド。

81キーモデルなので元々コンパクトですが、スクショキーやPGUP/PGDNキーなどがギュッと寄せられているのでさらにコンパクトです。

矢印キーやスクショキーは離れていた方が使いやすいと感じる人はいるかもしれない。

※さすがにまだ慣れていないのか、バックキーの押し間違いがちょいちょいある。今回で僕は矢印キーHOME、END、PGUPなどは離れていた方がいい・・・ということに気づいた。

e元素のメカニカルキーボード(青軸)は、ほかの同価格帯製品と同様にCherryMX製ではなく、Outemu製となっており、CherryMX製に限りなく寄せた青軸といった感じ。

打ってる感じはCherryMXに近く、キーの重さも近いですが、信頼性と耐久性の高さはCherryMXが僅かに上だと思う。CherryMX製キースイッチと比べてみてもはっきり分かるほどの差はない。

また、e元素 メカニカルキーボード(青軸)のタイピング音は、高めの音で結構大きいというのも気を付けたいポイント。

青軸キーボードをオフィスとかで使うには気合いが必要ですが、気になる人は黒軸あたりにすると多少は小さくなるかもです。

【使用感】キーボードの打ち心地は良いけど、金属音が気になるかも

Instagramの音フェチ投稿(iyusukejp)を見てもらえれば分かる通り、e元素 メカニカルキーボードのタイピング音はしっかりメカニカルキーボードの青軸といった感じ。

RGB LEDバックライトもムラが無く、とても綺麗に光ってグッド。

また、e元素 メカニカルキーボードのLEDバックライトは単色のほか、様々なパターンで光らせることができる。当然オフにすることも可能です。

カラフルに光るのはイヤだな・・・という人は、白色LEDで使うこともできる。

e元素 メカニカルキーボードは、打ち心地も良好ですが、ひとつ気になる点を挙げるとすれば、底打ちした時に「カーン・・・」という高い金属音がするということ。

ほんとに耳を澄ましてみると聞こえるレベルの音ですが、余韻といえばわかりやすいかもしれない。

使われているプレートが良くないのか、こればっかりはどうしようもないです。とにかく何の対策も施されていない。

コスパが圧倒的に高いだけに残念ですが、静かな環境でタイピングしてると特に気になるので、e元素 メカニカルキーボード(青軸)の購入時は考慮しておこう。

e元素のメカニカルキーボードは「初メカニカルキーボード」におすすめ!

がっつり使用し、レビュー・使用感の結論をまとめると、打ち心地コスパの高さ、そして、しっかり光るRGB LEDバックライトのことを考えれば、e元素メカニカルキーボードはこれからメカニカルキーボードを使ってみたいと考えている人や、普通のメンブレンキーボードはもうイヤという人におすすめできるキーボードだと思う。

e元素のメカニカルキーボードで満足できる人もいれば、もっと上を目指すぜ!という人もいるかもですが、初めて使うメカニカルキーボードには良さそうだ。

僕も実際に使ってみて、ゲームに記事作成、ネット閲覧など、普通に常用できるレベルだと感じたので、そろそろメカニカルキーボード試してみようかなという人はe元素 メカニカル式ゲーミングキーボードをお試しあれ!

e元素 メカニカルキーボード(青軸)のレビュー&使用感をまとめると・・・

e元素メカニカルキーボードの好き・メリット

  • 価格からは考えればグッドなクオリティ
  • 細かい調整はできないけど、綺麗に光るRGBバックライト
  • しっかり青軸な音!

e元素メカニカルキーボードの嫌い・デメリット

  • 底打ちするとキーン・・・という金属音がする
  • バックライトを切ると漂うチープ感
  • 81キーモデルはバックキーを押し間違える
  • タイプ音の自己主張がすごい(青軸)

青軸は、音や打ち心地を含めて結構好みが分かれそうなので、僕は赤軸黒軸をおすすめします。

それでも僕は・・・青軸が好き。音がクセになる。