【Fallout 76 攻略,Day3】拠点建築とPvP(対人戦)の基本

更新日:

「Fallout 76攻略.Day3」では、Fallout 76の拠点建築(C.A.M.P.)やPvP(対人戦)についてご紹介!

基本的に、Fallout 76の拠点システムはFallout 4とほぼ同じと思ってOKですが、やっぱり、常時オンラインなだけあって色々と厄介なことが起こる。(プレイヤーからちょっかい出されることもある)

Fallout 76の拠点建築とPvPの覚えておいた方がいいこと、注意点を補足しつつ解説していくので、ぜひ参考にしてもらえれば!

とりあえず、Fallout 76の拠点建築は楽しい。それは間違いない。

Fallout 76のC.A.M.P.を使った拠点建築

拠点は平坦で開けた場所が建てやすくておすすめ。

Fallout 76では、移動式拠点「C.A.M.P.」を使って拠点を建築する。(C.A.M.P.はPipBoyから設置可能。PC版/PS4版ともにPipBoyの画面下部に対応するボタンが表示される)

Fallout 76は拠点建築では草や岩などのオブジェクトを削除することが出来ないため、拠点の設置場所はできるだけ平坦で開けた場所がおすすめだ!

※アパラチアのどこでも拠点を設置することが出来ますが、他プレイヤーの拠点近くや、監督官のC.A.M.P.など、ロケーションに近すぎる場合は設置できない。

拠点の建築では主に木材や鉄を使うため、建てはじめる前に200個ずつくらい集めておくといいかもです。(木材は倒木から、鉄は武器の解体やミスターファームハンドなどのロボットエネミーから手に入る)

まずは拠点の土台を建てる

地べたにベッドを置いて生活拠点にするのもありですが、やたら出てくる犬や緑のあいつ、ちょっかいを出してくるプレイヤーから身を守るためには、床、屋根、壁のある綺麗で清潔な家に住みたいところ。

まずは、拠点の土台となる「」から設置しよう。床は序盤からいくつかの種類が解放されてますが、基礎的な土台がおすすめ。※Fallout 76の建築レシピ(設計図)はクエストで入手したり、探索で手に入れることができる。手に入れた設計図は「PipBoy>NOTE」から取得しておこう。

床は近くに寄せれば勝手にスナップしてくっついてくれる。(PC版はEnterキーで設置)

床に壁&ドアを付ける

次は「」ですが、壁も床にスナップしてくっついてくれるため、簡単に取り付けることができる。床の土台を囲うようにどんどん設置していこう。

ドア用の壁や窓つきの壁は「←/→」で壁を変形して作ることが出来るので覚えておくといいかもです。※PS4版も画面下部に操作方法が表示されてるはず。

床の土台を壁で囲い、出入口の付いた壁に「ドア」を設置すれば、なんとなく家らしくなってくる。普通の壁ばかりだと圧迫感が半端ないため、適度に窓付きの壁を設置するのがポイント。

拠点に電気を!

パワーパイロンは使い勝手が良い電源コネクター。

Fallout 76のアパラチアで快適な拠点を建てるには「電気」が必須。明かりがあるだけで寂し気な拠点が癒しの空間へぐっと近づく。

電気を通すにはパワーパイロン電線管、電気を発生させる「ラジエーター」を設置すればOKだ。※このあたりから要求される素材にセラミックや銅、ギアなどが増えてくる。ある程度ストックしておくと安心。

小規模の拠点であれば「電線管」がおすすめ。

小さな拠点で使う電源コネクターは、パワーパイロンよりも電線管がおすすめ。電線管は向きが違うパターンがいくつか用意されているため、←/→で用途に合うものを選ぼう。

次は、電気を供給してくれる「ラジエーター」を設置する。

Fallout 4に引き続き、Fallout 76もラジエーターから電線管/パワーパイロンなどの電源コネクターへ「ワイヤー」を装着すれば電気が供給される仕様になっており、ラジエーターとパワーパイロン/電線管をワイヤーでつなげると、一定距離に電気を供給できるというのも覚えておくといいかもです。※上のランクのラジエーターほど多くの電力を供給できる。

拠点に屋根を付けて明かりをつける

電気も通ったことだし、あとは拠点に「屋根」と「明かり」を設置していく。

屋根にもいくつかの種類が用意されており、自分が気に入ったものを使えばOK。※コストを少なくするなら、平らな屋根がおすすめ!少しの木材と鉄で作成できる。

屋根と壁の隙間には形の合う壁を設置。

最後にライト(明かり)を付ければ拠点の形は完成!

上記の通り、家にはすでに電線管を設置しているため、ワイヤーで接続する必要はない。※必要条件が「カミナリマークのみでコスト表記無し」のものは、電源コネクター(パワーパイロンや電線管)の範囲内にあるだけで電気が通る。

最後に拠点の飾り付けや必要なものを揃える

最後に、C.A.M.P.をいい感じの位置に移動したり、ウォーターポンプを設置したり、アパラチアで快適な生活を送るために必要なものを揃えていく。

砂利採取場は監督官のC.A.M.P.近くにもある。

ウォーターポンプは水の供給先として必需品。

ウォーターポンプの設計図はフラットウッズで行商ロボがいる場所のスタッシュから入手できる。素材のコンクリートは各地にある砂利採取場で入手できるため、見つけ次第持ち帰っておくといいかもですね。

料理や飲み物を作成できるクッキングステーションもぜひ作っておきたいものの1つ。木材と鉄だけで簡単に作成できるし、拠点で料理ができるようになる。

クッキングステーションにもバリエーションがあり、僕はコンパクトで室内にもおける「鍋タイプのクッキングステーション」が激推し。

武器や防具の作業台も置きたいところですが、僕は現時点で作れず、こちらもどこかで設計図を入手する必要がある。※おそらく、メインクエストを進めると入手できるのかも・・・です。

所持品が預けられる「スタッシュ」やちゃんとしたベッドも拠点に置いておく。※今は序盤なので室内が殺風景ですが、設計図を入手すると、ランプやマット、机やソファなどが置けるようになる。

マットフルーツなんかも拠点のそばに植えておくと色々と役に立つ。※植物は土の上にのみ植えられる。

特に、マットフルーツ、テイト、トウモロコシは、きれいな水と一緒に調理すると「植物でんぷん」になり、Fallout 76で不足しやすい「粘着剤」の入手先となる。これほんと大事。

拠点のブループリント機能

Fallout 76のC.A.M.P.には、拠点を保存できる「ブループリント機能」がある。ブループリントに作成した拠点を登録しておけば、後で復元できるため、移動も楽々。

ブループリント機能は、PC版はC.A.M.P.でEキー長押し、PS4版は画面下部に表示される操作に従えば呼び出せるはず。

序盤は大きな拠点を構えるのはかなり厳しいため、おそらく小さな拠点で転々と移動する生活になるはず。

そんなときも、ブループリント機能で保存した拠点の図面を呼びだせばすぐに拠点が構えられる。※Fallout 76は現在B.E.T.A.ですが、僕は「登録した図面の消し方」が分からなかった。判明次第追記します。残りのB.E.T.A.に参加できるか分からないけど・・・。

また、図面は何種類も作成できるため、小さな拠点、作業拠点など、いくつか登録しておくと使いやすそうだ!

Fallout 76のPvP(対人戦)のお話

無視してもしつこく攻撃してくるプレイヤーは少なからずいる。

拠点の建築中に他のプレイヤーから襲われたため、ついでにFallout 76のPvP(対人戦)についてもご紹介。(もう少し後で記事にする予定だったけど・・・まぁいいや)

大前提として、Fallout 76はプレイヤーレベルがLv.5になると「PvP(対人戦)」が解放される。こちらから攻撃した場合も、相手に攻撃された場合も、自分か相手のどちらかが応じなければPvPは発生せず、どちらかが応戦した時点で戦闘が始まる

攻撃された方のプレイヤーは、応戦するまで微々たるダメージしか受けず、無視することでPvPを回避することが出来るものの、今回のケースのように拠点建築中などにしつこく攻撃されるとなかなかに邪魔でウザい。(大抵のプレイヤーは反応がないと分かれば立ち去ってくれる)

ちなみにこのプレイヤーは頭上に「WANTED」と表示されているため常習犯。もし、倒すことが出来れば少しのキャップが報酬としてもらえる。※レベル差に応じて増減する。

今回は一歩及ばずやられてしまうも、負けて失うのは少しのキャップ全てのジャンクのみ。※武器や防具などはロストせず、定期的にジャンクを保管する癖をつけておけば、気軽にできる・・・というのはうれしいポイントだ。

自分がやられた場所はマップで確認することができ、落としたジャンクがあれば回収することもできる。

もし、建築だけに専念したい・・・というのであれば、レベルを5に上げないというのも1つの手。※フレンドと協力すれば、格上の指名手配犯も簡単に倒せる。PvPもFallout 76の醍醐味なので、この方法はあまりおすすめはしない。PvPもやってみると面白いよ。

リベンジしてやるからな・・・と思ったら、やられた時に表示される「報復しますか?」に「YES」で答えればOK!サイコとジェットを大量にキメて、完膚なきまでに叩き潰してやればいい。

プレイヤーの応戦を待たずキルした場合は指名手配される

Fallout 76では、プレイヤーの応戦を待たずしてキルした場合は「指名手配犯」となり、全プレイヤーから問答無用で攻撃されるようになる

指名手配犯になると、マップに赤いマークで表示され、隠れても消えない、死ぬまで消えない。指名手配犯は、Fallout 76のリアル版レイダー役を自ら買ってくれるということですね。

現状、Fallout 76はこのシステムが抑止力となり、上記で紹介したようなケースはあまり起きない。(基本的にみんな協力的で、襲われるよりも助けられることの方が圧倒的に多い)

指名手配犯になってもメリットはないどころか、デメリットの方が目立つため、PvPをガンガンやりたい!というのであれば、せめて相手の応戦を待ってからにしよう。

拠点建築はもう少し後で良さそう

室内にはベッドにスタッシュ、外にはウォーターポンプや食料があり、多少拠点っぽくはなった。

自動で敵を攻撃してくれる「タレット」は、拠点を建てるなら優先的に置きたいところですが、壊された時の修理がかさむ・・・というのが序盤の悩み。※タレットは屋根の上など、高いところに置くと壊されにくくなっておすすめ。

Falloutシリーズの拠点建築は、マシンガンタレットやレーザータレットで敵を駆逐するタワーディフェンス要素も面白い。今回は、敵がどこからやってくるのか予想出来ないため、タレットの置き場所も何度か試行錯誤する必要がありそうだ。

拠点を建てる場所はよく考えよう

残念ながら、この場所はすぐ隣でスーパーミュータントが湧き、ウォーターポンプもタレットもすぐ壊される。Fallout 76の拠点建築は建てる場所もかなり大事ということが分かった。(幸い、Fallout 76にはブループリント機能があるので、引っ越しは超簡単だ)

また、ここは監督官のC.A.M.P.に近いため、プレイヤーが頻繁に訪れてくるというのもちょっとした問題。上記の通り、アパラチアで出会うプレイヤーは良い人ばかりではないため、物資が揃わないうちは目立つ場所、目立つ拠点は控えたほうがよさそう。

建築中にモングレルドッグやスーパーミュータント、プレイヤーに襲われるとなかなか大変ですが、Fallout 76の拠点要素はやっぱり楽しい。

夢中になるくらい楽しいですが、序盤は設計図をあまり持っておらず、たいした拠点を作ることはできないので、物資の調達やメインクエストを進めるといいかも・・・だ!

最高の拠点を作って良きアパラチアライフを。

-Fallout

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.