Fallout 76の新情報まとめ!ゲーム詳細とS.P.E.C.I.A.L&PvP関連

Bethesda E3 SHOWCASE 2018で発表され、QuakeCon 2018で続報が発表されたFallout 76ですが、今回はFallout 76の判明している情報について簡単にまとめつつ、がっつりご紹介していくので参考にどうぞ!

Fallout 76は完全オンラインゲームとなっており、発表時、Falloutシリーズが好きすぎる僕は感激しすぎて一瞬タイムがフリーズした。

Fallout 76の発売日は2018年11月14日(日本での発売日は不明)、プラットフォームはPC/PS4/Xbox Oneで発売される。※QuakeCon 2018で発表されたFallout 76の新情報を追記しました。

シリーズ初のオンライン!Fallout 76のストーリー

アメリカ建国300年記念に作られたVault76。

Fallout 76はFalloutシリーズで最も古い時代で物語が展開され、プレイヤー1人1人が選ばれたVault居住者となって再生の日(Vault76の解放)に荒廃したウエイストランド(かつてのアメリカ)へ・・・というところからストーリーが始まる。

Pip-Boyを手に装着するプレイヤー。Pip-Boyも僕たちが知ってるものより古い。

Fallout 4ではレーザーを搭載したり、キャタピラを付けられたりと散々改造されたであろうMr.ハンディも映像でチラッと登場。オンラインゲームということで、シリーズの特徴だった一癖も二癖もあるNPCは登場しない

Fallout 76はオンラインゲームとなっているためコンパニオン(連れ歩けるNPC)はおらず、フレンドと協力してウェイストランドを放浪することになる。※今作では「チーム」と呼ばれるパーティ(グループ)のようなシステムがある。

ちなみに、Fallout 76のクエストラインはOverSeer(監督官)から受けることになるようだ。

Fallout 76の舞台は広大なウェストバージニア

Fallout 76の舞台は広大なウェストバージニアとなっており、マップの広さはなんとFallout 4の4倍。※Fallout 4でもかなり広く、すべて探索するにはとんでもない時間がかかった。今作Fallout 76はそれを軽く凌駕している。

Fallout 76ではかなりの高画質化が行われ、ディティールの表現は16倍に。描写もかなり細かくなっている。

静止画でも凄まじく伝わってくる画質の綺麗さ。Fallout 76はPC/PS4/Xbox Oneで発売されますが、最も高画質で遊べるのはPC版。

PS4はPS4 Pro、Xbox OneはXbox One Xがより高画質でプレイできる。※PS4/Xbox Oneのフレームレートは最大60fpsまで。

Fallout 76の舞台「ウェストバージニア」は、さらに6つの地域に分かれており、様々な環境、敵、建物やオブジェクトが配置されている。

霧や太陽の光などのエフェクトも向上し、リアリティ溢れる天候が表現されるダイナミック天候システムや新しいグラフィックス、ライティング、ランドスケープ(風景)技術が採用された。

Fallout 76では巨大な建造物もいくつか登場し、マップが広大ということもあってFallout 76では探索するだけでもだいぶ遊べそう。

これまでのシリーズと比べ、Fallout 76では戦前の文明の遺産もいくつか見つけられるかもしれない。

ベセスダ渾身の1作「Fallout 76」は完全オンラインゲーム

Fallout 76はシリーズ初の完全オンラインゲームとなっており、フレンドとのチームプレイはもちろん、1人で広大なウェストバージニアを旅するのもいい。※ソロプレイについては強調して紹介されていたため、将来的にはオンラインではなく完全なソロプレイも用意されるのかもしれない。

ちなみに、Fallout 76は1つのサーバーで最大24人まで同時にプレイすることができる。※サーバーの人数については増える可能性あり。

ティザー動画では、4人のパーティー(グループ)で探索しており、画面には味方プレイヤーの体力バーが表示されている。

ジェスチャーなども用意されているようで、プレイヤー同士のコミュニケーションは問題なく行えそう。ジェスチャーやショートカットはホイール形式で表示される。

また、Fallout 76にはボイスチャット機能も搭載され、エリアチャットもあるようなので、常時オンにしていると鬱陶しい輩に当たることもあるかもしれない。

他のプレイヤーと協力して大型クリーチャーと戦っている様子はまさにオンラインゲー。

Falloutには回避アクションが無いため、強敵との戦闘は逃げ撃ちが基本でしたが、友達と協力できるなら割とゴリゴリ攻められるかもしれない。過酷なウェイストランドにおいて、共に戦う仲間ができるというのはものすごく重要だ。

強力なクリーチャーをぶっ倒した後はフォトモードで記念撮影することもできる。エフェクトをかけたり、撮影した写真はオンラインで公開することもできるのだとか。

Fallout 76のパーティ(グループ)は「チーム」と呼ばれ、最大4人までのフレンドと組むことができる。

パワーアーマーは見慣れたシリーズが登場するものの、中には見たことのないモデルも登場するようだ。※パワーアーマーとは、簡単に言えば人が着れるモビルスーツ。放射能をシャットアウトし、防御力も上がる。

パワーアーマーについてはあまり詳しい情報が紹介されていなかったため、もう少し詳しい発表が後日、Fallout 76の公式ページなどであるかもしれない。

Fallout 76のエンドコンテンツ「核ミサイル」

Fallout 76では、核ミサイル(ニューク)がマップに配置されており、特定の場所に向けて発射することができる。※他プレイヤーの拠点や敵が徘徊するエリアなど、どうするかはプレイヤーしだい。

核の発射にはアクセスするためにいくつかのキーカードが必要とのことで、フレンドと協力してキーカードを集めることで制御室から核の発射が可能になっている。

ボタンを押すと・・・

核ミサイルが発射。

・・・でこうなる。毎度毎度よくやるぜ!と言いたくなるところですが、Falloutのそういうところがまた好き。

核ミサイルを落とした爆発跡地には探索に出向くこともでき、核物質などの入手しにくいアイテムがあったり、強力なクリーチャーが闊歩している。

RAD(放射能)もかなりすごそうなので、パワーアーマーをがっちり着込み、準備を整えて向かう必要がありそうだ。

核で破壊されたキャンプは復元可能

Fallout 76の拠点システムにはブループリント機能があり、核ミサイル(ニューク)で破壊されたキャンプは復元したり、新しい場所に同じものを立てて拠点にするということができる。

核ミサイル(ニューク)の発射はこなすことが多く、難易度も高そうなので、エンドコンテンツのような位置づけでいいかもしれない。

Fallout 76で登場するクリーチャー

最終戦争からそれほど年月が経過していないとはいえ、Fallout 76ではヤバいクリーチャーが多数登場する。※最終戦争とは、Falloutの世界を作り上げたヤバい核戦争。文明がものの数時間で崩壊した。

顔の無い、もはや原型すら分からない大型の敵や・・・

大型化した虫。

カタツムリとかそういう類の生物が変異したっぽいクリーチャーや・・・

絶対に近づきたくないフェラルグールのようなクリーチャーも登場する。ティザー動画ではスーパーミュータントもちらっと映っていたため、今回もドンパチ出来そうだ。もちろん、デスクローさんもガッツリ出てくる。

また、Fallout 76ではウェストバージニアに伝わる伝承を元に創造されたものがいくつか登場し、その中にはクリーチャーも含まれる。

Fallout 76に登場する敵クリーチャーの詳細については続報を待つべし!

より自由度の上がったfallout 76の建築ビルド

Fallout 76では、C.A.M.P(Construction and Assembly Mobile Platform)を用いて様々な場所で拠点を建築できる。※Fallout 4で言うワークショップが移動式になったもの。

システムはFallout 4と同様になるみたいですが、自由度は上がっているようなのでかなり期待できそう。※オブジェクト同士がしっかりスナップするようになっていれば言うこと無し。

拠点はウェストバージニアの様々な場所で建てることでき、Fallout 4と同様に生産拠点や商売するお店を作ることができる。※C.A.M.Pがあれば移住も簡単。

作り上げた拠点にはクリーチャーだけでなく、敵対プレイヤーからの襲撃があるため、Fallout 4の時よりもタレットや警備所で防衛を固めておく必要があるかもしれない。

今作の拠点システムにはブループリント機能があり、破壊された拠点を元通りに戻したり、別の場所に建てたりすることもできる

ほかのプレイヤーと拠点を建築することも可能になっているようなので、建築メインで遊ぶのも面白そう。

Fallout 76の「S.P.E.C.I.A.L」とPvP(対人戦)

Fallout 76では、Falloutシリーズでお馴染み「S.P.E.C.I.A.L」のレベル上限がなくなった。※S.P.E.C.I.A.Lとは、基本ステータスとなるStregth、Perception、Endurance、Charisma、Inteligence、Agility、Luckの略。

また、Perks(パーク)がカード形式に変更され、プレイヤーがレベルアップするたびにランダムで1枚与えられるようになっている。

また、おまけのガムが入った「パークカードパック」はプレイヤーのレベルが1~10までは2レベルごとに、それ以降は5レベル上がるたびに入手することが可能とのこと。※パークスパックに付いてくるガムは食料アイテムとなっており、食べると空腹が一時的に満たされる。

今作は常時旧シリーズで言うサバイバルモード状態なので、空腹を一時的に満たせるのは地味に役立ちそうだ。

Fallout 76のPvPシステム(対人戦)

Fallout 76のPvPはプレイヤーのレベルが5になると可能になり、相手に攻撃もしくは反撃すると戦闘が始まる。

対人戦が苦手な人や初心者を狙うといった「嫌がらせをしにくいシステム」も用意され、例えば、自分がプレイヤーを攻撃し、PvPが承認されていないにも関わらず相手をキルした場合は経験値などの報酬が得られず「Wanted Murderer」として指名手配されることになる。※マップ上で自分の位置が赤く表示され、ほかのプレイヤーに狙われる。ステルスしても意味がない。

トッドさん曰く、「そういうプレイヤーもコンテンツにしたい」とのことで、上記のシステムはバウンティモードと呼ばれ、Wanted Murdererをキルすれば通常の倍の報酬が得られるようになっている。

また、Fallout 76でキルされた場合はVault 76の前にリスポーンし、所持していたアイテムはキルされた場所に残る。※少しのキャップを払えば他のロケーションでリスポーンすることができ、落としたアイテムも間に合えば回収できる。

キルされてもVault 76やキャンプにある「専用アイテムボックス」に入れておいたアイテムは失わないようなので、アイテム管理はこまめにしておいたほうがよさそうだ。

プレイヤーも変異!ミューテーションシステム

Fallout 76では、放射能に汚染され過ぎるとプレイヤーが変異してミュータントになることがある

どんなふうに変異するのかはランダムとのことで、ミュータントになるとプラスに作用するパークマイナスに作用するパークが追加。変異は除染することで治療することもできる。

Fallout 76の発売日は2018年11月14日

Fallout 76の発売日は2018年11月14日。価格は60ドルとなっており、PC/PS4/Xbox Oneで発売される。※Fallout 76の日本での発売日と価格は不明。

Fallout 76はXbox OneB.E.T.A(Break-it Early Test Application)として開始される。※いわゆるクローズドベータ版。日本での配信はないかもしれない。

Fallout 76には通常版のほか以下で紹介するエディションが用意されるので、チェックしておこう。

特典が付属する「Fallout 76 Tricentennial Edition」

Fallout 76 Tricentennial Editionでは様々なゲーム内アイテムが特典として付いてくる。

Vault-Tecが2交代制24時間勤務で準備してくれたらしく、Tricentennial(建国300年記念)エディションには以下の特典が付属する。※ちなみに、Tricentennialという言葉は存在しない。

建国300年記念パワーアーマーカスタマイズ(T-45、T-51、T-60、X-01向け)
建国300年武器カスタマイズ(10mmピストル、ハンドアックス、レーザーライフル向け)
超ハンサムなボルトボーイマスコットヘッド
愛国心あふれるアンクルサムの衣装
エモート – ボルトボーイ お祝いの敬礼
建国300年記念 高品位ワークショップポスター
剣孤高300年記念 フォトフレーム
Fallout 76 B.E.T.Aへのアクセス権

Fallout 76 パワーアーマーエディション

Fallout 76では、マップやフィギュアの特典が付属したコレクターズエディション「Fallout 76 パワーアーマー・エディション」も用意される。※価格と日本での発売は未定。

コレクターズエディションに付属するマップは暗くなると光る。

マップに置くことができるフィギュアも付属。

Fallout 76 パワーアーマー・エディションにはまさかの実物大パワーアーマーヘルメットも付属するので、Fallout 76を全力で楽しみたいという人はチェックしてみるといいかもしれない。※パワーアーマーヘルメットはライトが点灯し、ボイスチェンジャーも搭載。

Fallout 76 パワーアーマー・エディションの詳細については公式トレイラーを要チェック!

続々と新情報が公開されているFallout 76ですが、新情報は随時Bethesda.netで公開されている。

Fallout 76絶対買うぜ!という人は定期的にチェックしておこう!