Fitbit Versaの機能・仕様まとめ!日本は4月発売、価格は28,490円~

Fitbitが発表した新型スマートウォッチ「Fitbit Versa」が国内でも4月に発売されることが分かったので、Fitbit Versaの機能・仕様について簡単にまとめつつご紹介!

Fitbit Versaには「ブラック/ブラック アルミニウム」「ピーチ/ローズゴールド アルミニウム」「グレイ/シルバー アルミニウム」の3モデルがラインナップ。

Fitbit Versaの価格は28,490円(税込み)となっている。※【追記】2018年5月1日現在、Fitbit Versaは日本ではまだ発売されていない。

Apple Watchより薄い!Fitbit Versaの機能・仕様

Fitbit Versaは、アルミニウム製ボディのフィットネススマートウォッチ。

ボディの厚みはApple Watch Series 3よりも薄い11.2mmとなっており、1.34インチのディスプレイを搭載する。

また、4日間持つバッテリーライフに加えて、50mの防水に対応し、24時間365日の心拍数計測や、睡眠ステージのデータ記録、画面上でのワークアウト表示など、豊富なヘルス管理機能も搭載。

Fitbit Versaの機能・仕様については以下の通り。

ディスプレイ1.34インチ、300×300、タッチスクリーン、Color LCD
バッテリー連続使用時間:4日間
ケースサイズ36mm
センサー心拍数センサー
OSGoogle Wear OS
その他50m防水、NFC搭載、SpO2センサー、Bluetooth 4.0

Fitbit Versaは、スマホと連動した通知機能はもちろんのこと、音楽配信サービス「Deezer」を利用することで、スマホがなくてもBluetoothイヤフォンで音楽の再生ができる。

魅力的な機能満載のFitbit Versaですが、音楽再生については、さすがにApple Watchと比べると使いにくそうな印象です。

Fitbit Versaは、女性の健康状態を計測できるスマートウォッチ

Fitbit Versaは、女性向け機能を多く搭載するというのも特徴で、生理周期と頭痛やニキビ、腹痛といった症状を記録し、ヘルスケアデータをまとめてチェックできるため、生理と全身の健康状態の関連性を簡単に知ることができる。

フィットビットの調査によれば、70%の女性が生理周期を把握していないという健康への関心の低さが明らかとなったようですが、Fitbit Versaを利用することで自分の健康状態を把握する良い機会になるかもしれない。

また、Fitbit Labsによる新生児の両親向けアプリなども用意される。

Fitbit Versaは4月発売、価格は28,490円(税別)

Fitbitの新型スマートウォッチ「Fitbit Versa」の日本での発売日は4月予定となっており、価格は28,490円(税別)から。

ブラック/ブラック アルミニウム」「ピーチ/ローズゴールド アルミニウム」「グレイ/シルバー アルミニウム」の基本3モデルに加えて、「チャコールウーブン/グラファイト アルミニウム」と「ラベンダーウーブン/ローズゴールド アルミニウム」のスペシャルエディションが2モデル用意される。

ちなみに、Fitbit Versa スペシャルエディションの価格は31,320円(税別)となっており、クラシック、レザー、ステンレスなどの様々なバンドも同時に発売。

Fitbit Versaについてより詳しく知りたいという人はFitbit Versaの公式ページをチェックしてみましょう!

【追記】2018年5月1日現在、Fitbit Versaは日本で発売されてないですが、Fitbitの製品は日本で遅れて発売されることがちょいちょいある。おそらく、もうすぐ日本国内でも発売されるはずなので、もう少し待つべし!

Source:Fitbit