カテゴリー
Game

12-17 CBT開始!GeForce NOWで遊べるゲームは?

場所やデバイスは関係ない。ゲームプレイに自由を。GeForce NOWがやってきます。

2019年12月17日より、日本でもクローズドベータテスト(CBT)が開始されるクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powerd by Softbank」。

GeForce NOW自体はすでにグローバルで展開されていましてですね、要は、NvidiaとSoftbankの提供で展開される日本版Goeforce NOWなんですけど、これがすごいんです。スペック問わず、デバイス問わず、ネットワーク環境にさえいれば、いつでも快適にゲームが遊べます。

これ、ゲームで日々のストレスを発散している僕たちのような人間にとって、まさに “砂上のオアシス” たりえるんじゃないかと。

そんなGeforce NOWですが、どんなゲームが遊べるのか、どんなシステムなのか、一緒におさらいしておきましょう。

※2019/12/2 追記! CBT開始時にラインナップされるゲームの一部が発表されたため、追記しました。かなーり良い感じ。絶賛ドはまりしているDestiny2が遊べるのはGood。

いつでも、どこでも、GeForce NOW

さてさて、まずは “GeForce Now” がどんなサービスなのか? について一緒に見ていきましょう。

大きな特徴として押さえておきたいのは……

  • スペックに影響せず、様々なゲームがPC、スマホ、タブレット、あらゆるデバイスで遊べる!
  • ゲームデータはクラウド上に保存されます。
  • もちろん、これまで遊んだゲームのプレイデータも引継ぎOK。
  • グローバル版 GeForce NOWで遊べるゲームは500タイトル以上。
  • プレイ映像を自動で記録し、Nvidia Highlightsでビデオ共有も可能。

こんなところ。基本的な考え方としては、GeForce NOWのサーバーで描画処理なんかの負荷がかかる処理をしてもらい、デバイス、スペック関係なく、どこでも快適にストリーミングでゲームが遊べると言った感じなんですよね。

iPhoneでも、Androidでも、高性能なGPU(グラボ)を搭載していないPCでも、フルHD/60fpsでゲームをプレイできます。デバイスが高性能かどうかは関係ありません。安定したインターネット環境次第で、誰でもゲームができるんです。もちろん、GeForce NOWはマルチプレイも可能ですよ。

SteamやEpicGamesで購入したゲームも遊べます

GeForce NOWの嬉しいポイントとして、SteamやEpicGamesなどなど、ほかのプラットフォームで購入したゲームですら、クラウドストリーミングで遊べるというところ。

やり込んだお気に入りのゲームを、場所問わず、スペック問わず、デバイス問わず遊べるようになります。セーブデータもそのままに、ですよ? 最高じゃないですか。GeForce NOW。

アップデートの必要がないって、すっごいメリット

GeForce NOWがクラウドゲーミングサービスということは……当然ゲームのアップデートも必要ありません。アップデートが必要な時はサーバー側で行ってくれるので、ゲームを遊ぶ時はいつでも最新版。

デバイスの容量(ストレージ)も気にせず遊べますし、アップデートで待たされる時間が無いというのはすごいメリットじゃないですか? Goodです。

で、どんなゲームがラインナップされる?

すでに500タイトル以上のゲームがラインナップされている海外版GeForce NOWですが、日本版GeForce NOWで遊べるゲームタイトルの一部が発表されたので追記しておきますね。

  • フォートナイト
  • Conan Exiles
  • Darksiders Ⅱ Deathinitive Edition
  • Darksiders Ⅲ
  • DARK SOULS REMASTERED
  • DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN
  • DARK SOULS Ⅲ
  • Dead by Daylight
  • Destiny 2
  • DYING LIGHT ENHANCED EDITION
  • kingdom Come:Deliverance
  • Metal Wolf Chaos XD
  • SEKIRO:SHADOW DIE TWICE
  • This War of Mine
  • World of Tanks

などなど。日本環境で動作確認が取れているゲームらしいんですけど、これはほんの一握り。上記ゲームタイトルのほか、様々なゲームがGeForce NOWで遊べるようになりますよ。プレイできるゲームは定期的に追加されます。

海外版GeForce NOWでラインナップされているゲームが気になる人は公式HPも覗いてみるといいかもしれません。

無料で遊べるゲームのラインナップではありません

注意したいのは、GeForce NOWでラインナップされるゲームがすべて遊び放題ではないということ。

GeForce NOWでサポートされる基本プレイ無料ゲーム(フォートナイトなど)は無料でプレイできますが、その他のゲームはすべてSteam、Uplay、Blizzard Battle.netなどのプラットフォームで事前に購入して所有している必要があります。

これ、かなーり大事。もしかしたら、勘違いしている人もいるんじゃないでしょうか? GeForce NOWは、”所有しているゲームをプラットフォームやスペック、デバイス関係なく遊べるサービス” と覚えておけば間違いありません。

遅延、少ないみたいです

GeForce NOWについては、すでにメディア各社が先行レビューしてくれているんですけど、口を揃えて言っているのは「想像以上に遅延が少なかった」ということ。

先行体験会では、10人以上が同時に同時に光回線を使用するため、不安定な場面こそあったようですが、SEKIROなども問題なくプレイできるレスポンスだったそう。こればかりはクローズドベータテストで試してみないとなんともいえないんですけど、先行レビューを見るかぎりでは期待大です。

対応端末や動作環境は?

いくらクラウドゲーミングサービスと言っても、最低限必要な条件はいくつかあります。最優先で整えておきたいのが通信環境というのはいうまでもないですが、さくっとまとめておきますね。

WindowsWindows 7(64bit)以降
MacmacOS 10.10以降
iOS未定
AndroidAndroid 6.0 以降
通信環境(共通)15Mbps以上、25Mbps以上推奨

注意したいのは、クローズドベータテストの時点でiOS。つまりiPhoneの動作環境についてのアナウンスはありません。ゆくゆくは確実に対応してくるとは思いますが、そこだけ留意しておきたいところです。

クローズドベータテストの覚えておきたいポイント

12月17日から第一次クローズドベータテストが開始されるGeForce NOW Powerd by Softbankですが、いくつか覚えておきたい注意事項といいますか、仕様があるので、ぱぱっとまとめておきますね。

  • ベータ期間中、価格は無料です。
  • 1回のセッションにつき、最大連続4時間までゲームを遊べます。4時間経過後は、進行状況を保存して新しいセッションを開始できます。
  • 正式なサービス開始日程については、後日発表。

覚えておきたいのは上記3点。特に、1回のセッションで最大4時間のゲームプレイができるというのは結構大事です。(4時間経過後は、もう一度新しいセッションを開始する必要があります。)

価格は未定です

GeForceNowの価格は未定。グローバル版 GeForce NOWの価格を参考に考えるなら、1,000円 – 1,200円程度が妥当かなぁと。

詳細は判明しだい追記しようと思いますが、いずれにしても、コスパはかなり良い感じなんじゃないでしょうか? この価格なら、遊んでみよう! ってなりますよね。

GeForce NOWのβテストは12月17日から開始

さてさて、すでにクローズドベータの募集が開始されているGeForce NOWなんですけど、スケジュールがどうなっているのかと言いますと……

第1次CBT第2次CBT
募集期間9月19日 – 11月30日12月2日 – 1月中旬
当選発表12月中旬2月上旬
テスト期間12月17日 – 2月末2月上旬 – 2月末
人数1万人3万人

GeForce NOWのクローズドベータテストは、第1次、第2次の合計2回行われ、記事公開時点で第一次CBTの募集は受付終了。

クラウドゲーミングサービスって、結構前からホットなトピックなんですけど、Nvidia、Softbankという大手2社の連携でいよいよ日本でも本格化してきました。

期待大なクラウドゲーミングサービス “Google Stadia“、2015年から続く “PlayStaition Now” 、2020年サービス開始予定となるMicrosoftの “Project xCloud” にも言えることなんですけど、2020年は5G時代(高速な第5世代移動通信システム)。間違いなく、クラウドゲーミングサービスが波に乗ります。

GeForce NOW Powerd by Softbakのクローズドベータテストは、2019年12月27日スタート。詳細について気になる人は、公式HPもあわせてどうぞ。

Source:GeForce NOW

#あわせて読みたい記事