GeForce Nowに登録する?しない?本登録の案内が届いたので考えてみる

Game

いつでもどこでも、どんな環境でもPCゲームが遊べるゲームストリーミングサービス「GeForce Now」ですが、みなさんはどうしました?

がっつり活用してゲームを遊んでいる人もいれば、本登録するかどうか悩んでる……という人もいるはず。事前登録特典で2か月間、または1か月間無料で遊べるとはいえ、やっぱりGeForce Nowの月額1800円って高いんですよね。

僕は発表当初、高くても1,200円くらいになるかなぁと予想していたのですが、それより全然高かったわけです。月額1,800円、どう考えても高い。

先日本登録の案内が届き、GeForceNowに本登録するか、しないかで悩み、結局登録はしなかったので、今回はそのあたりをシェアできればなぁと。

GeForce Now気になってるけど実際はどうなの? って人は以下の記事もあわせてどうぞ。

β版プレイレポとGeForce Nowの対応ゲームタイトル

AndroidスマホでGeForce Nowってどんな感じ?

GeForce Nowって?

GeForce NOW

それじゃ、まずは “GeForce Now" についておさらいしておきましょう。GeForce Nowは、NvidiaとSoftbankが協業で提供するゲームストリーミングサービスでして。

NvdiaのGPUを搭載するサーバー側でゲームを起動し、ユーザーのPC/Mac、Androidスマホやタブレットに映像をストリーミングして遊ぶため、スペックや環境問わず、高画質でゲームをプレイできるというのが特徴です。

GeForce Nowについて、さくっとまとめてみると……

  • スペックに影響せず、様々なゲームがPC、スマホ、タブレット、あらゆるデバイスで遊べます。
  • ゲームデータはクラウド上に保存。
  • もちろん、これまで遊んだゲームのプレイデータも引継ぎOK。
  • GeForce NOWで遊べるゲームは400タイトル以上。
  • プレイ映像を自動で記録し、Nvidia Highlightsでビデオ共有も可能。
  • 最高画質は1080p/60fps。

ざっとこんな感じ。GeForce Nowを利用すればデバイスのスペックは関係ありません。安定した回線速度さえあれば、高画質でゲームを遊べるってわけですね。

ただ、注意したいのは、GeForce Nowで遊ぶゲームはあらかじめ保有している必要があるということ。例えば、Witcher 3をGeForce Nowでプレイしたいなら、Steamで購入しておく必要があります。

FortniteやDestiny2など、元々基本プレイ無料で配信されているゲームなら、ライブラリに追加するだけでプレイできるのですが、その他はすべて “自分が所持しているゲームに限られる" ということは覚えておきましょう。

※GeForce Nowでゲームを遊ぶ場合、FortniteならEpicGamesでログイン、Desiny2ならSteamでログインと言った感じで、初めてゲームを遊ぶ時は、配信されているストアのアカウントとの接続・連携が必要です。

β版プレイレポと「GeForce Now」の対応ゲームタイトル

月額1,800円がネック

さて、そんなGeForce Nowですが……気になる月額は1,800円。これが結構ネックになっていまして。僕が悩んだ大きな理由の1つでした。

  • 月額は1,800円。
  • 2020年までの本登録完了で最大61日間無料になるキャンペーンが実施中
    • 6月中に本登録を完了すると61日間無料
    • 7月に本登録を完了すると31日間無料
    • 8月以降に本登録を完了した人は14日間無料

上記の通り、GeForce Nowは2020年7月末までの本登録で最大61日間無料になるキャンペーンが実施されているので、月額1800円は高いけど……試すだけ試してみたいという人は今すぐ登録したほうがお得ですね。無料期間の間にどんなサービスなのかは十分試すことができると思います。

ただし……1,800円という価格はべらぼうに高いということもお忘れなく。海外では4.99ドル(約540円)でリリースされているサービスながら、日本版は1,800円と4倍近くの価格設定なんですよね。

もちろん、時間や場所、デバイスにとらわれずゲームを遊べるというのは大きなメリットです。でも、PS PlusにXbox Gold Pass、Nintendo Switch Onlineとオンラインでゲームを遊ぶのにいくらかのお金を払う必要がある昨今、同時に複数のゲーム機を遊んでいる人にとってこの価格がネックとなっているのは間違いありません。

僕は、PS PlusとNintendo Onlineがゲーム関係のサブスクなんですけど、月/1,800円のGeForce Nowをそこに加えるという選択肢にはなりませんでした。(NetflixやDisney+南なんかを含めると月々の支払いも意外と大きくなりますし……)

ストリーミングにメリットを感じるならアリかも

GeForce Nowの月額1,800円という価格は、かなーり微妙なラインでして。おそらく、多くの人が高いと感じる価格じゃないでしょうか?

じゃあ、月/1,800円も払ってGeForce Nowはどんなメリットが得られるの? って話になるんですけど、GeForce Nowのメリットは……

  • 優れた回線さえあれば、デバイスや場所を問わずゲームが快適遊べる。
    • デバイスは、Androidスマホ/ノートPCなど。性能は関係ありません。

つまり、GeForce Nowで得られる最も大きなメリットは「ゲーミングPCを買う必要が無い」ということですね。

例えば、これまで古いノートPCで性能不足を感じつつゲームを遊んでいた人、PCゲーム遊びたいけど “ゲーム用じゃないデスクトップPC" は持ってる、って人は月/1,800円という価格も十分ペイできる(元が取れる)かと思います。

もし、GeForce Nowの ゲームストリーミングに魅力を感じ、優れた回線を用意できて、月/1,800円という価格も問題ないのであれば、GeForce Nowの利用を考えてみましょう。これまで性能の低いPCでゲームを遊んでいたのであれば……きっと感激できると思いますよ。

※GeForce Nowはゲームをストリーミングで遊べますが、多くのゲームでMODを遊ぶことはできません。MODの適用には別のソフトが必要となる場合が多いからですね。MODで改造して遊びたい人はゲーミングPCを揃えるのがベター。

β版プレイレポとGeForce Nowの対応ゲームタイトル

言うまでもなく、ゲーミングPCがある環境なら必要ありません

僕のゲーミング兼作業環境

これも僕がGeForce Nowの本登録をやめた理由の1つなんですけど、ゲーミングPCを持っている人にとって、GeForce Nowはそこまで魅力的ではありません。

理由は言うまでもなく、"ゲーミングPCで遊んだ方が快適" だからですね。ゲーミングPCを揃えている人って、ほぼほぼその周りの環境にも手を加えて自分が作業しやすいようにしていまして。

例え、GeForceNowでデバイス問わず、環境問わず、場所問わずでゲームが遊べたとしても、自分がこれまで揃えた環境より快適に遊べることはないのです。そもそもゲーミングPCがあればそれ以外でゲームする機会って多くないんじゃないかなぁと。

ゲーミングPCユーザーが受けられるGeForce Nowのメリットってほんとなくて、

  • 家の環境ほどではないけど、外出先でもセーブデータを維持してゲームを遊べる。
    • ただし、MODは利用不可。

ほんとこれくらい。そもそも、GeForce NowはゲーミングPCを持っている人をターゲットとしていないので、"ゲーミングPCがある人は特に困らない" というのは当然ですね。運営側としても、このあたりは想定していた結果なのだそう。

自分が受けられるメリットをよく考えてみて

僕はβ版でGeForce Nowを遊び、結局本登録までいくことはなかったわけですが……どんな環境でもPCゲームが遊べるというのがGeForce Nowの大きなメリットなのは間違いありません。

ある程度早い回線速度(目安は100Mbps)は必要ですが、性能の高いPCがなくても快適に高画質でゲームを遊べるので、気になる人は無料期間が用意されているうちに試してみるのもいいかもしれませんね。

—場所やデバイスは関係ない、ゲームプレイに自由を!

GeForce Nowをチェック – 公式HP

Game

Posted by iyusuke