2018年7月以降、Google Chromeで非HTTPページには「保護されていない通信」が表示

投稿日:

2018年7月にリリースされるGoogle Chrome 68以降、すべての非HTTPページで「保護されていない通信」と表示されるようになる。

iyusukeはすでにHTTPSへの対応が完了していますが、HTTPS非対応のブログ・サイトは早めに対処したほうがいいかもです。

HTTPページには「保護されていない通信」が表示されるようになる

HTTPSページ 保護された通信

2018年7月にリリースされるGoogle Chrome 68以降、すべてのHTTPページには「保護されていない通信」が常時表示されるようになり、たとえば、HTPPS対応ページであれば、これまで通り「保護された通信 | URL」と表示されますが、HTTPページの場合「保護されていない通信 | URL」となる。

HTTPSページは優先的にインデックスされることはすでに公式でアナウンスされていますが、今回の変更は、Chromeの仕様が変更されるだけでランキングやペナルティには影響しないとのこと。

HTTPS or HTTPで順位に影響がないとはいえ、ユーザーのセキュリティとプライバシーの保護はブログ・サイト運営者にとっては必須事項。

Googleはウェブ開発者にHTTPS対応を推薦しているため、まだ未対応のブログ・サイトはできるだけ早めにHTTPSへの対応を終わらせておきましょう!

-Blog

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.