Googleお墨付きの認定証が手に入る!デジタルワークショップを始めよう

2018/01/02

Google デジタルワークショップ

これからブログ/サイト運営を始めようと思っている人は必見!Googleが提供しているデジタルワークショップは、SEOやマーケティングについて全然分からないという人も簡単に理解しながら学べます。

しかも、全課程を修了して最終試験に合格するとGoogleから認定証がもらえるので、これからブログやサイト運営を始めようと思っている人だけでなく、ある程度知識はあるよ!という人も力試しと思って、ぜひ挑戦してみてほしい。

Google デジタルワークショップ

Googleのデジタルワークショップとは?

Googleが提供しているデジタルワークショップとは、簡単に言えばSEOデジタルマーケティング検索連動型広告ディスプレイ広告について学べる無料のeラーニングです。

たとえば、実店舗を持っていて、これからインターネットの利用を考えているという人ブログを始めようという人に分かりやすく検索エンジンの仕組みや広告の種類・使い方、インターネットをビジネスに利用する方法について学ぶことが出来るので、まずはじめにデジタルワークショップで学習してみるのがベスト。

Google アナリティクスキーワードプランナーなど、主要なツールについてもざっとですが教えてくれます。

ある程度SEOやマーケティングについて知識がある人には物足りなく感じてしまうかもしれませんが、Google デジタルワークショップの全課程を修了すると、Googleから認定証がもらえるので、どれだけの知識が累積しているか、力試しと思って挑戦してみるといいかもしれません。

初心者の人も気軽に挑戦してみましょう!

Google認定証取得までにかかる時間とワークショップで教えてくれること

どちらかというと、Google デジタルワークショップはインターネットビジネス初心者実店舗を持っていて、これからインターネットを活用しようと思ってる人向けに作られてます。メインコンテンツは項目ごとに分かれており、それぞれ分かりやすく説明されてるので、気軽に始められるはず。

僕は、空き時間にちょこちょこやりながらだったので1ヶ月程で認定証をゲットしましたが、一気にやってしまえば2日くらいで出来るボリュームになっており、一般的に、Googleの認定証取得までは1ヶ月程度と思っておけばOKです。

デジタルワークショップのメインコンテンツ(全26)は以下の通り。

1.インターネット上でのビジネス機会 全2項目
2.オンラインで成功するための第1歩 全4項目
3.ウェブサイトの活用 全6項目
4.メールマガジンの活用 全5項目
5.検索エンジンへの対応 全6項目
6.検索で見つけてもらう方法(SEO 第1章) 全5項目
7.検索の有効活用(SEO 第2章) 全3項目
8.検索連動型広告で情報を伝える方法(検索連動型広告 第1章) 全4項目
9.検索連動型広告の改善(検索連動型広告 第2章) 全4項目
10.ウェブサイトの分析の始め方(ウェブサイトの分析 第1章) 全3項目
11.ウェブサイトの分析の活用方法(ウェブサイトの分析 第2章) 全3項目
12.実店舗ビジネスのインターネットの始め方(実店舗ビジネス 第1章) 全2項目
13.実店舗ビジネスのインターネットの活用方法(実店舗ビジネス 第2章) 全3項目
14.ソーシャルメディアの始め方(ソーシャルメディア 第1章) 全4項目
15.ソーシャルメディアの活用方法(ソーシャルメディア 第2章) 全4項目
16.携帯電話(スマートフォン)の可能性について 全3項目
17.携帯電話(スマートフォン)向け広告 全5項目
18.ディスプレイ広告の始め方(ディスプレイ広告 第1章) 全3項目
19.ディスプレイ広告の活用方法(ディスプレイ広告 第2章) 全3項目
20.海外への展開 全7項目
21.動画の有効活用 全6項目
22.eコマースの構築 全2項目
23.インターネット上での販売促進 全3項目
24.オンラインビジネス戦略の策定 全5項目
25.コンテンツマーケティングの実施 全6項目
26.データ分析によるインサイトの発見 全5項目

こうやって見ると長い・・・ってなりそうですが、項目1つ1つはそれほど長くはないのでご安心を。動画とテキストで学習することが出来るので、自分に合った方で進めていきましょう。

また、デジタルワークショップは問題に間違えても何度でも再挑戦できますが、最終テストのみチャンスが3回となっているので要注意。70%以上正解すると合格し、Googleから認定証がもらえます。

デジタルワークショップで学習する

Google デジタルワークショップ
▲デジタルワークショップではテキストと動画で学習できる。

Google デジタルワークショップでは、動画とテキストで学習することができますが、基本的にテキストメインで進めていきましょう!テキストは「説明を表示する」で表示可能です。

動画も分かりやすくていいのですが、あまり必要ではないかなーといった印象で、時間の無い人はテキストメインで進めていくのがおすすめ。動画では、説明以外に実際の利用者の声やイラストもあるので、そういった動画はチェックしておくといい。

Google デジタルワークショップ
▲ウェブサイトを分析する上で必須のコンバージョンや指標といった用語についても教えてくれる。

問題に間違えてもちゃんと解説してくれるので、諦めずに頑張りましょう!各項目の最後には章末問題があり、合格することでバッジが取得できます。※章末問題は最終試験と違って何度でも挑戦可能。最終試験は3回のみで、70%以上正解で合格です。

また、最終試験は全部で40問あるので、気合を入れて挑戦すべし!

Googleデジタルワークショップで認定証をゲット!

Googleデジタルワークショップ
▲最終試験合格を目指して頑張りましょう!

最終試験に合格するとGoogleから認定証をもらえます。認定証はGoogleデジタルワークショップのダッシュボードからダウンロードできるので、どんな感じになってるかは自分の目で確かめてみてください。その時のお楽しみです。

Googleの認定証とか飾りてぇ!と思って始めたワークショップですが、実際に初めてみると意外と知らないことが多くて、いくつか苦戦する項目がありました。

ある程度SEOやマーケティングに知識がある人も、ぜひチャレンジしてみるのをおすすめします。特に、初心者の方はSEOやマーケティングについて広く浅く学べるので、本を買うより、ググるより先に、まずはデジタルワークショップから始めてみて欲しい。基本はデジタルワークショップで頭に入るので、その後に本を呼んだ方がより理解しやすくなるはずです。

また、Googleのデジタルワークショップでは、ツールの使い方やSEOやマーケティングについて深く掘り下げて学習することは出来ないので、自分に必要だと感じたところはどんどん知識を深めていきましょう!

ちなみに、Googleデジタルワークショップではアドセンスについてあまり触れられていないので、アドセンスについての学習はウェブサイトや専門書なんかを読むと良いかもしれません。

まだ発売してないですが、最近僕が面白そうと思ってるのがコレ。Googleの中の人が書いた本らしく、どんな事が書かれているのか・・・すごく気になります。

Source:Google

Posted by iyusuke