Googleから一般データ保護規則(GDPR)のお知らせが!アナリティクスの設定を変更しておこう

投稿日:

今朝、Googleから「一般データ保護規則(GDPR)に関する重要なお知らせ」というメールが届いた。

とりあえず、読んでみるもなんだこれ?状態で5月25日に何か変わるんだなーくらいに思ってたんですが、調べてみると、場合によってはアナリティクスで保持されていたデータがすべて消去されるということが判明。

これは早めに対処しておかないと後々困ることになる!と思ったので、今回は、一般データ保護規則(GDPR)に備え、Google アナリティクスのデータが消去されないようにするための設定をご紹介!

おそらく、ブロガー・サイト運営者はほとんどの人がGoogleアナリティクスを利用していると思うので、忘れずにチェックしておきましょう。

Googleアナリティクスでデータ保持期間を設定する方法

要は、一般データ保護規則(GDPR)の施工に伴い、Googleも一般データ保護規則(GDPR)に準拠した設定を適用するよってことなので、2018年5月25日までにGoogleアナリティクスのデータ保持設定を変更しておきましょう。

アナリティクスの設定を変更すると言っても超カンタン。

データ保持の設定は「管理」から行えるので、まずは、Googleアナリティクスを開いて、左下に表示されている「歯車アイコン」を開こう。

Googleアナリティクスの管理画面を開いたら、プロパティの一覧に表示されている「トラッキング情報」をクリックし、「データ保持」を開く。

すると、画面が切り替わると思うので、「ユーザーデータとイベントデータの保持(デフォルトでは26か月)」を「自動的に期限切れにならない」に変更すればデータ保持に関する設定は終わり!

Googleアナリティクスでいくつかのサイト・ブログを管理しているという人は「+プロパティを作成」の下に表示されているプロパティ名をクリックすれば移動できるので、ついでに全部設定しておくといいかもしれない。

Googleの一般データ保護規則(GDPR)に準じた設定への変更は2018年5月25日となっており、それまでに設定は済ましておくのがベストですね。

Googleアナリティクスを利用しているという人は忘れずに設定しておくべし!また、Googleからのお知らせメールにもしっかり目を通しておこう。

-Blog

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.