Googleが2018年7月に「Speed Update」を実施!ページの表示速度がモバイル検索に影響

更新日:

Google 検索

Googleが、2018年7月以降にページの表示速度をモバイル検索のランキング要素に組み込むことを発表

アップデートの名称は「Speed Update」とのことで、これまで、デスクトップでは表示速度をランキングの要素として使用していたのが、モバイル検索結果のランキングにも適用されるようになります。

自分のサイトが遅すぎると感じたブロガーやサイト運営者はページの表示速度もしっかり最適化しよう!

Speed Updateの重要ポイント

モバイル検索でページ速度もランキング要素として考慮されるようになる。
ものすごく遅いとユーザーに感じさせるページに影響し、影響を受けるクエリはごくわずかになる見込み。
どのような技術が使われているかに関係なく、すべてのページに同じ基準が適用されるようになる。
このアルゴリズムに影響をうけるかどうかを調べるツールは存在しない。
検索意図が依然として強いシグナルであることに変わりはなく、関連性が高い優れたコンテンツは遅いページでも上位表示されうる。
アップデートは2018年7月頃導入予定。

以上が2018年7月に導入されるSpeed Updateの主な概要となっており、GoogleはChromeのユーザーエクスペリエンスレポートLighthousePageSpeed Insightsの使用を推薦している。

PageSpeed Insights テスト結果

基本的に、PageSpeed Insightsのテスト結果が赤色でなければ問題無いはず。

ページの表示速度には様々な要素が影響してくるため、全体的に表示速度を上げて、ユーザーエクスペリエンスを向上させることを意識するようにとGoogleはアナウンスしてます。

Googleは、モバイルの表示速度のみに特化してテストするツールも公開しているので、様々なツールを組み合わせ、しっかりとデータを取って取り組んでおくといいかもしれない。

最後に大事なことなのでもう一度。

SpeedUpdateで影響を受けるのはPageSpeed Insightsなどで赤く表示されるレベルのものすっごく遅いページです。ある程度自分のサイトが早く表示されているなら焦らずにコンテンツを充実させていきましょう!

Googleウェブマスター向けブログでは、日本語版リリースが公開されているので、一度は目を通しておくべし。

iyusuke 表示速度

ちなみに、iyusuke.net「Luxeritas」という本当にありがたい超高速テーマを使っているので、表示速度は半端なく速い。

気になるブロガー諸君はぜひともチェックしてみてください!

SEO最適化済み多機能高速テーマ「Luxeritas Theme」

Source:Google

-Blog

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.