インターネットの通信速度が遅い時は「Google スピードテスト」でチェックしてみよう

更新日:

自分のiPhoneやiPad、MacやWindowsPCの通信速度が遅い気がする・・・という時に便利なのがGoogleの「スピードテスト」。

Google検索で「スピードテスト」と調べるだけで自分のインターネット環境の通信速度を簡単に知ることができるので、一体でどれくらいの速度が出ているのか一度調べておこう!

あまりにも遅い場合はなにかしらの改善が必要かもしれないので、要チェックです!

Googleの「スピードテスト」でインターネットの通信速度を調べよう

Googleのスピードテストで通信速度を計測するには、まずGoogle検索で「スピードテスト」と入力する。

インターネット速度テスト」というのがトップに表示されると思うので、「速度テストを実行」を選択しよう。

あとは、勝手にインターネットの回線速度を計測してくれるので、計測結果が出るまで待つべし。

ダウンロード(サイトの表示やデータをダウンロードする速度)とアップロード(画像や動画をアップする速度)を計測してくれるので、表示された速度をチェックしてみよう。

ちなみに、僕の環境でのインターネット回線速度は以下の通りでした。

iPhone X(無線)

ダウンロード速度143.8Mbps
アップロード速度267.7Mbps

Windows 10 Dell XPS 8700(有線)

ダウンロード速度319.5Mbps
アップロード速度302.2Mbps

有線の通信速度はなかなかに快適ですが、無線(Wi-Fi)はもう少し頑張れそう。

僕の場合、通信速度が思うように出ていないのは古いLANケーブルを使用しているのが原因で、ケーブル関係を改善すればもう少し速度が出るはずです。

基本的に、ゲームや動画を快適に楽しみたいというのであれば100Mbps程度出ていれば問題ないので、スピードテストでは「ダウンロード速度:100Mbps」を目安にするといいかもしれない!

100Mbpsを大きく下回る時はインターネット環境を見直そう

光回線を契約しているのであれば、ほとんどの人が1Gbps(1000Mbps)の高速プランだとは思いますが、この1Gbpsという数値は、理論的に実現可能な数値であって、実際は速くて500~600Mbps程度と思えばOK。※もちろん、時間帯やインターネット設備にもよる。

1Gbps(1000Mbps)のプランで契約しているのに30~60Mbpsしか通信速度が出ていないという時はインターネット環境を見直す必要があるかも・・・です。※ゲームや動画を快適に楽しめるのは100Mbps以上。

通信速度が遅い場合は、契約内容の見直しや有線・無線設備の改善が必要になりますが、LANケーブルの規格が古い場合にも通信速度は低下する

1Gbpsの通信速度に対応しているのはCAT5e/カテゴリー5e以上のLANケーブルとなっているので、通信速度があまりにも遅いと思った時は、まず、LANケーブルに書かれている「CAT○○」を確認してみよう!

カテゴリー通信速度
CAT5/カテゴリー5100Mbps
CAT5e/カテゴリー5e1Gbps
CAT6/カテゴリー61Gbps
CAT6a/カテゴリー6a10Gbps
CAT7/カテゴリー710Gbps

個人的に、LANケーブルの規格はCAT6aが10Gbpsまでの通信速度に対応しつつ、価格もお手頃なのでおすすめ。

Googleのスピードテストを活用すれば、iPhoneやiPad、MacやWindows PCのインターネット通信速度が簡単にチェックできるので、ぜひお試しあれ!

-その他

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.