Huawei P20 lite クラインブルー

Huawei P20 liteをレビュー!ベストオブSIMフリースマホ

Huawei P20 lite クラインブルー

昨年の後半から、僕はずっとHuawei P20 lite(SIMフリー)を使っている。購入した理由は、ちょうどiPhoneがバッテリー交換の旅に出たことと、長い間Androidスマホ買ってねぇ!と気づいたこと。

現在、Huaweiの国内での状況はあまり芳しくない状況ですが、スマホ事業はすこぶる調子がよく、ついに、スマホの販売台数ではこのHuawei P20 liteがiPhoneを超えてしまった。(Leicaトリプルカメラを備えるMate 20 Proは最強のカメラスマホと名高い)

Huawei P20 liteは3万円以内で買えるSIMフリースマホとしてはコスパが圧倒的によく、オクタコアのKirin 659に4GBのRAMを搭載。ゲーム以外の用途であれば十分に活躍してくれるというのも選んだポイントだ。

今回は、Huawei P20 liteについてがっつりレビューしていくので、ぜひ最後まで読んでもらえれば!

Huwei P20 liteのクラインブルーがかっこよすぎる

Huawei P20 lite クラインブルー
クラインブルーは光の具合で印象が変わり、一体どんな加工がされているのか、ギュンギュン輝く。

まずは、Huawei P20 liteのデザインや外観から。P20 liteでラインナップされているカラーは「ミッドナイトブラック」「クラインブルー」「サクラピンク」の3色で、今回は一目惚れしたクラインブルーでご紹介していく。

ちなみに、クラインブルーは青を最強に愛したアーティスト、イブ・クラインが生み出したクラインブルーをモチーフにしており、ガラスパネルと相まって高級感がある。

サイドには音量ボタンと電源ボタン。iPhoneに慣れていると、音量ボタンを電源ボタンと間違いやすいですが、クリック感があり、押し心地はなかなか。

Huawei P20 lite コネクタ

Huawei P20 liteに搭載されるコネクタはUSB Type-C。最近は減りつつある3.5mmイヤフォンジャックもしっかり搭載されてますが、スピーカーは片側のみ。(スピーカーの音は大きめですが、音質はあまり期待しないほうがいい)

Huawei P20 lite

Huawei P20 liteもノッチ(切り欠き)のあるディスプレイが搭載されており、ディスプレイ下部には「HUAWEI」のロゴが入ったアゴ。

ノッチの表示は設定で変更可能。

僕の場合、ノッチについてはiPhone Xで慣れているし、画面の下部には意識を向けることが少ないため、アゴも気になることは無い。※P20 liteのノッチ(画面の切り欠き)は、iPhone Xと比べて幅が狭く、縦に少し長い感じ。初めてノッチのあるスマホを使う人は少し違和感があるかも・・・です。

Huawei P20 liteは必要十分な性能&スペック

次は、Huawei P20 liteの性能&スペックについて。3万円以下のスマホとしては必要十分な性能を備えており、CPUはオクタコアのKirin 659。4GBのメモリを備えているので、複数のアプリを開いていてもカクつきにくい。

内臓されているGPUが貧弱のため、PUBGやヴェンデッタなどのリッチ3Dゲームを遊ぶには向かないですが、パズドラやマイクラ程度であれば遊べる・・・といった感じで、TwitterやInstagramなどのSNSやYoutubeを使う分には全く問題ないと思ってOK。

Huawei P20 liteの詳細なスペック・機能については以下の通り。

Huawei P20 liteのスペック・機能

サイズ71×149×7.4mm
145g
OSAndroid 8.0
CPUKirin 659
オクタコア(2.36GHz/4 + 1.7GHz/4)
ディスプレイ約5.84インチ FHD+
メモリ4GB
ストレージ32GB
microSD(最大256GB)
インカメラ約1,600万画素
メインカメラデュアルレンズ
約1,600万画素+約200万画素
バッテリー3,000mAh
通信Wi-Fi 802.11a/b/n/ac
Bluetooth 4.2
その他デュアルSIM、テザリング、急速充電
指紋認証/顔認証
カラークラインブルー
ミッドナイトブラック
サクラピンク

ゲームなどをせず、時々InstagramやTwitterを開いたり、電話する程度の僕の使い方では、Huawei P20 liteのバッテリーは余裕で1日に持つ。

Huawei Quick Charger(Huaweiの急速充電)とクリアケースが付属するというのもナイスで、指紋認証の精度もバッチリだった。※指紋認証センサーは長押しで電話に出たり、通知を確認したりなど、いくつかの操作を割り当てられますが、僕はあまり使わなかった。慣れると使いやすいのかも。

ぶっちゃけ、顔認証については微妙な精度であり、暗いところでは反応しにくい。常時ONになってますが、気が付いたら指紋認証でロック解除するようになっていた。

付属のクリアケースを装着してみるとこんな感じになる。ケースはTPUのソフトな素材となっており、質感は良い感じ。

Huawei P20 liteのカメラ

次は、Huawei P20 liteのカメラ。iPhoneなどのカメラと比べると、明るい場所では白っぽくなったり、ノイズが目立ってしまうのは仕方ないですが、価格以上に綺麗な写真が撮影できると思ってOK。

いくつかのモードが用意されており、通常の撮影モードのほか、「プロ写真」の使いやすさもなかなか。

プロ写真では、100-3200までのISO感度で撮影することができる。

おしゃれな写真が撮影できる「ライトペインティングモード」も機会があればぜひ使ってみたい。

Huawei P20 liteのカメラは暗所には強いとは言えないですが、そこそこ綺麗な写真が簡単に撮影できるので、ライトペインティングモードで撮影した写真がどんな風になるのか・・・楽しみ。※近いうちに追記します。

32GBの少ないストレージはMicro SDで補う

Huawei P20 liteのストレージは32GBとかなり少なめなので、僕は一緒にMicro SDも購入。SDカードと言えばSamsungが読み込み・書き込み速度ともに速くておすすめだ。(僕の用途ではそれほど必要なかったので32GBを選びましたが、がっつり使うなら64GB以上がおすすめ。SamsungのSDカードは128GBからさらに書き込み速度が上がる)

iPhoneと違って、SDカードで少ない容量をカバーできるというのは大きなメリットですね。

Samsung microSDカード64GB EVOPlus Class10

SIMフリースマホの中ではベスト「Huawei P20 lite」

Huawei P20 liteは、スマホでゲームをガンガン遊ぶぜ!というヘビーユーザーには向かないですが、スマホでWebサイトを見たり、ときどきSNSをチェックしたり、Youtubeもたまに見るよーというライトユーザーにはかなりおすすめなSIMフリースマホ。

なにより、価格も25,000円程度と買いやすいのもグッド。一括で購入できる価格なので、格安SIMを使うなら、第一候補にあがるスマホだと思う。

Huawei P20 liteの僕の評価・レビューをさくっとまとめると・・・

好き

  • 25,000円程度で買える圧倒的コスパ!
  • 光の反射が美しいクラインブルー
  • 付属品の豊富さ!

嫌い

  • ゲームをするには向かない貧弱なGPU
  • Android 9.0を搭載してないところ

実際に使ってみて、ライトユーザーには全力でおすすめできるスマホだと感じたので、Huawei P20 liteが気になってる人はぜひ!