モジュール式の変わりものアクションカム「Insta360 ONE R」

2020/03/08Camera

Insta360 ONE R

GoPro Hero8 Blackが “モジュラー" と呼ばれる専用デバイスで機能を追加できるようになったのは記憶に新しいですが、Insta360からさらに上をいくモジュール式のアクションカメラが登場しました。

その名も「Insta360 ONE R」。これ以上ないくらいにぶっこまれたアクションカムになっていましてですね。その真価はモジュールを付け替えることで発揮されます。

360度カメラとして使うもよし、1インチレンズで高精細Vlogカメラとして使うもよし、もちろん、防水性能も備えているのでビーチやプールでの思い出作りだってできちゃいます。

ってことで! 興味深々な変わりものアクションカメラ “Insta360 ONE R" について、僕と一緒に見ていきましょう。

Insta360 ONE RはすでにInsta360公式HPで販売中。価格は39,600円(税込み)~です。

Insta360 ONE Rを見る – Amazon

モジュール式アクションカム「Insta360 ONE R」

このアクションカムがすごいのは、すべてがモジュールになっていて、とんでもない拡張性を秘めているというところ。プロセッサーや液晶を搭載した “コア" がこのカメラの心臓部となるんですけど、バッテリーベースやレンズを装着して、その時々で用途とシーンに最適なアクションカムになります。

現在ラインナップされているレンズは、

  • 4kレンズ】F2.8、35mm換算16.4mmの焦点距離、最大4,000×3,000@30fpsの動画撮影
  • 360度レンズ】F2.0、35mm換算7.2mmの焦点距離、最大5,760×2,880@30fpsの動画撮影
  • 1インチ広角レンズ】F3.2、35mm換算14.4mmの焦点距離、最大5,312×3,542@30fpsの動画撮影

上記の3つのみですが、モジュール式なので将来的にどんどん増えていく可能性大。

アクションカムって、毎年アップグレードされているし、ほぼほぼ買い切りなんですけど、もう少し画質が欲しいなぁ、と思ったら “1インチ広角レンズ" を買うといった感じで、その都度アップグレードできるというのは大きなメリットじゃないでしょうか。

1インチセンサーのアクションカメラって、かなり稀有な存在なので、それだけでもInsta360 ONE Rは存在感ありあり。あとはどれくらいこのシリーズを継続してくれるのかは気になりますが……、少なくとも、現在ラインナップされている3つのカメラモジュールは単体で販売が予定されています。

機能と性能

さてさて、ここからはもう少し詳しくInsta360 ONE Rの機能や性能についてチェックしていきましょう。あ、ちゃんと上の動画を確認して物欲も刺激しておいてくださいね。

Insta360 ONE Rの機能や性能について、抑えておきたいポイントは……

  • タッチスクリーンを搭載するコア、レンズ、バッテリー、すべてがモジュール式のアクションカム。
  • 「360度」「4k」「1インチ広角」3つの異なるカメラモジュールを付け替えできます。
  • 滑らかな手振れ補正 “FlowState"。
  • リアルタイムプレビューで、360度映像も確認しながら撮影できます。
  • IPX8の防水性能で、潜水ケース無しで最大5mの水深までOK。
  • 360度撮影で使える見えない自撮り棒。※別売りです。
  • ボイスコマンド、GPS、Apple Watch制御機能も搭載。
  • バッテリー容量は1,190mAh。充電はUSB-C。

ざっとこんな感じ。4k/60fpsはもちろんのこと、レンズによっては5.3k/30fpsの鮮明な動画撮影に対応し、1080p/120fpsのスローモーション撮影にも対応しているんですよ。ジンバル無しで強力な手振れ補正を可能にする “FlowState" も良い感じ。

Insta360 ONE Rは、HDR写真/HDR動画撮影機能も搭載しています。1インチセンサーモジュールを装着した場合、画質で言えばアクションカメラでは最も優れていると言えるかもしれません。

Insta360 ONE Rの価格

Insta360 ONE Rはモジュール式なだけあり、ラインナップはかなーり豊富。最安は39,600円の4kカメラモジュールが付属する “4k版パッケージ"、1インチ広角レンズモジュールが付属する “1インチ版パッケージ" の価格が最も高く、68,200円となっています。

ツイン版59,400円
1インチ版68,200円
4k版39,600円
ドローン版 – Mavic Pro68,200円
ドローン版 – Mavic268,200円
360度カメラ版55,000円

いずれも税込み価格となっており、公式HPではInsta360 ONE Rのパッケージをカスタマイズすることもできます。これは素直にGood。

既存のラインナップでお得に買えるのは “ツイン版" ですが、360度映像は撮影しない!というのであれば、4k版が一番安くInsta360 ONE Rをゲットできますね。でもでも、360度映像の撮影って思いのほか楽しいので……Insta360 ONE Rの購入を考えているならツイン版をおすすめします。

画質で選ぶなら、1インチ広角モジュールで決まり。そうそう、1インチ広角モジュール単体の価格は39,600円なので、3つのレンズ全部をまとめて揃えるならツイン版+1インチ広角モジュールで99,000円ジャストになります。

※ちなみに、"ドローン版" というパッケージは、ドローンが映像に映り込まないように360度撮影ができるというもの。今購入すると、20営業日以内で出荷予定となっています。

1インチ広角モジュールが魅力的

Insta360 ONE Rには “1インチ広角カメラモジュール" がラインナップされているんですけど、これ、最高じゃないですか? このサイズの広角レンズがアクションカムに搭載されるなんて……。

しかも、この1インチセンサーモジュールは、あの LEICAと共同開発。正式名称は「SUPER-ELMAR-A 1:3:2/14ASPH.」と言いましてですね。レンズにはしっかり “LEICA" のロゴ。

そのぶん価格もお高くなっちゃいますが、撮影できる映像はアクションカムのなかでも最高峰です。サイズは大きめでちょこっとはみ出しちゃってますが、それもこいつの持ち味ってことで。

Insta360 ONE Rは、もちろんアクションカムとしての性能もすごいんですけど、僕はVlogなんかでもかなーり活躍してくれるんじゃないかなぁと。

上部のアクセサリーシューに外部マイクを取り付ければ、いつでもどこでも気軽に綺麗な音声と映像を記録できますし、なにより、1インチ広角センサーなら画質も画角も申し分なし。アクションカメラなので約130gという軽さが取り回しやすさをブーストしてくれます。

ここ数年でVlogって一般的なカテゴリーになりつつあり、だれでも発信できる時代です。拡張性と汎用性の高さで言えば、2020年現在最もベターなInsta360 ONE Rですが、気になる人はぜひ。

Insta360 ONE Rを見る – Amazon

Insta360 ONE R – Insta360 Store

Source:Insta360

Camera

Posted by iyusuke