Apple Watch用Instagramアプリの提供が終了

更新日:

Instagramが最新バージョン「39.0」でApple Watch用Instagramアプリの提供を終了した。

これまでは、watchOS 1 SDKで開発されていたApple Watch用Inatagramですが、watchOS 1SDKの終了に伴い、ついに終わってしまったようです。

Apple Watchに入ってるアプリの中でも、使用頻度が高かった僕としては・・・結構ツラい。

Apple Watch用Instagramが終了した理由は不明

元々、Apple Watch用Instagramは「watchOS 1 SDK」で開発されており、Apple Watchが登場してすぐに提供が開始された。

今回、Apple Watch用Inastagramの提供終了は、watchOS 1 SDKのサポート終了がきっかけになっているとは思いますが、「watchOS 2 SDK」で開発継続という手段もあったはず。

TwitterやGoogle、AmazonなどのApple Watch用アプリの提供が終了している中で、Instagramも同じ道を辿ったのは、利用者数が少なかったのか、Apple Watch用Instagramでのアクティブユーザーが少なかったのか、詳細な原因は不明です。

これからもInstagramの通知はApple Watchで受け取れる

Apple Watch用アプリの提供が終了しても、当然ながらApple Watchへの通知はこれまで通り。

Apple Watchからの「いいね」や、「お気に入りの投稿」をチェックしたりすることはできなくなります。

TwitterやAmazonなど、どんどん有名企業がアプリの提供を終了しているApple Watchですが、正直、Amazonの有用性は少なかったものの、TwitterとInstagramはかなり便利だった。

僕の場合、、Instagramの使用頻度は高くてかなり活用していたので、今回のApple Watch用Instagramの終了はなかなかのダメージを食らいました。

今のところ、Apple Watch用Instagramの再開発の話は出ていないようですが、新しいwatchOS SDKで一新され、いつか登場すると信じたいですね!

また、Instagramに関する記事をもっと読みたいという人は以下もぜひチェックしてみてほしい!

Instagramの記事一覧

-Instagram

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.