二段階認証を設定してInstagramのセキュリティを高めよう

更新日:

今回は、Instagramで「二段階認証(2ファクター認証)」をONにしてセキュリティを高める方法をご紹介する!

「自分は大丈夫」なんて思ってる時に限って自分にも起こるので、そうならないためにもInstagramのセキュリティ対策はしっかりしておこう!※最近、瀬戸弘司さんもInstagramを乗っ取られたらしい。Youtubeで訴えてた。

超簡単!Instagramで二段階認証をONにする方法

Instagramで自分のプロフィールページを開いたら、「・・・(3点リーダー)」をタップしてオプションを開く。

オプション画面に移動すると思うので、下の方へスクロールして「二段階認証」をタップしよう。

二段階認証の設定画面に移動したら「セキュリティコードをオンにする」をタップ。Instagramからもう一度オンにするか確認されるので「オンにする」を選択しよう。

すると、Instagramからメッセージで6桁のセキュリティコードが届くので、二段階認証の画面で入力すればOK。

二段階認証をオンにすると、Instagramにログインするたびにセキュリティコードでの確認が必要になりますが、面倒だなんて思わずに設定しておこう。

自分のInstagramアカウントが乗っ取られるよりいいはず!

二段階認証がの設定が完了すれば、バックアップコードが表示されるので、大事にスクショを取っておこう。※初回は自動でスクショが保存される。

バックアップコードは、SMSでセキュリティコードが受け取れない場合に使用してログインすることができるので、消してしまわないように大事に保存しておくべし。

二段階認証をONにしてInstagramのセキュリティを高めておこう

Instagramで登録しているメールアドレスに「二段階認証はオンになっています」のメールが届けば、二段階認証の設定は無事に終了。

参考までに、Instagramから届くメールの内容は以下の通りです。

Instagramアカウントで二段階認証がオンになりました。二段階認証をオンにすると、ログイン時に毎回SMSで送信されたセキュリティコードを入力する必要があります。

二段階認証はアカウント設定メニューでいつでもオフにすることもできます。

よろしくお願いいたします。

Instagramチーム

Instagramで二段階認証をONにする方法は超簡単ですが、設定してるのと設定していないのとではセキュリティの強さが全然違うので、必ず設定しておくようにしよう!

また、誕生日ユーザーIDに近い英数字などの分かりやすいパスワードを設定している人も乗っ取られる確率が非常に高い。

そういう人は英数字、大文字、小文字を含めた複雑なパスワードに変更しておくのをおすすめします。

パスワードの再設定は「オプション>パスワード」から行えるので、二段階認証のついでにパスワードも変更しておくとさらに安心。※さらに万全を期すなら、Facebookのセキュリティ設定も見直しておくといい。

Instagramの乗っ取り被害は意外と多いため、セキュリティには万全を期してインスタライフをエンジョイするべし!

-Instagram

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.