【iOS10.3】32ビットのアプリが入ってるかどうか確認してみる

今回は、つい最近リリースされたiOS 10.3について。iOS 10.3では、64ビットじゃないアプリを開くとiPhoneの動作に影響する主旨の警告が出るようになってます。

どれほど影響するのかはアプリによって違うと思うし、ちょっと分からないですが、この機会に34ビットのアプリを確認しておきましょう!

   

34ビットのアプリを確認する方法

▲iOS 10.3では、iPhoneに入ってる32ビットアプリを確認できる。

自分のiPhoneに32ビットのアプリが入ってるかどうか確認する方法は超カンタン。

まずは、設定を開き【一般】に移動します。

▲「情報」をタップ。
▲「App」という項目があると思うので開きます。

64ビット非対応アプリの確認は「一般>情報」の項目にある【App】から。

▲ここに表示されたアプリが64ビットじゃないアプリ。

僕のiPhoneに入ってるアプリでは「Google Earth」だけが32ビットのアプリだったようです。

開いてみたけど、位置情報をONにすると強制終了したりと確かに影響はありそう。近いうちに64ビットへの対応はあるとは思いますが、Google Earrhは元々アップデートのスパンが長いアプリなので、64ビットへの対応が無ければアンインストールかな。

ちなみに、【App】の項目がタップできない時はすべてのアプリは64ビットに対応済みということなので、そのままでOK。

iOS11では32ビットのアプリが使えなくなると言われているので、今のうちにiPhoneに入ってるアプリを整理しておくといいかもですね。