要バックアップ!iOS 10.3がリリースされたのでアップデートしてみた

本日午前2時に頃にリリースされた「iOS 10.3」ですが、早速アップデートしてみました!

今回のアップデートでは新ファイルシステム「Apple File System(APFS)」が導入されているので、バックアップを取った方が安心です。

   

iCloudへのバックアップはあったので、そのままアップデート

▲iPadもついでにアップデート。いつもより要求される容量が多い。

APFSが導入された「iOS 10.3」へのアップデートは自動的にファイルシステムが書き換えられるので、アップデートを中断してしまった時はiPhone内のデータが全て消えてしまう可能性があります。

iOS 10.3へのアップデートはiTunes経由でPCにバックアップを取ってから、iTunes経由でアップデートするのが安全。

僕は前のバックアップが残ってたことと、まぁ消えてもいいかと思っていつもどおりにWi-Fiでアップデートしましたが、特に問題なくiOS 10.3にアップデートできました。※良い子はマネしちゃダメよ!

アップデートは無事に完了、どう変わった?

▲僕はそのままアップデートしちゃいましたが、バックアップは絶対取っておいた方がいい。

僕のiPhone 7 PlusはWi-Fi環境でアップデートしましたが、特に何も起こらずアップデートは完了。ざっと見たところ大きな変化はなかったですが、Apple IDの設定画面は上部に移動し、すぐに確認できるようになってます。

 

▲ユーザー情報は、「設定上部」に移動。
▲支払い情報や使用中のデバイスなどもここで確認できます。

ユーザー情報はiOS 10.3でかなり見やすくなり、設定の変更もすぐに行えるようになってます。ワンタップで移動できるようになったので、これは嬉しい。

iOS 10.3の主な変更点は以下の通り。

・AirPodsを探すが追加

・iTunes 12.6のレンタルした映画の複数デバイスでの視聴機能追加

・App Storeで開発者がレビューにコメントできる機能追加

・カレンダーの迷惑な参加依頼を削除しスパム報告できる機能がiPhoneから操作可能に

・Siriが機能強化されApple Payでの支払いに対応

・CarPlayの操作性改善

▲watch OS 3.2もリリースされているので、ついでにアップデートしておきましょう!

今のところ、iOS 10.3で重大な不具合、バグは報告されてないようです。watch OS 3.2もリリースされていますが、こっちは「シアターモード」が追加。

iOS 10.3とwatch OS 3.2の新しい機能については、またまとめる予定。とりあえず、iOS 10.3のアップデートはバックアップ & iTunes経由でのアップデートが安心です。余裕がある時間に済ませておきましょう!