iOS11.3でアニ文字が追加!iPhoneのバッテリー状態を確認できる機能も

更新日:

ライオン アニ文字

AppleがiOS11.3のアップデート内容を発表!iOS11.3では、事前に告知されていたiPhoneのバッテリー状況を確認できる機能のほか、全4種類の新しいアニ文字が追加される。

リリースは今春予定。どんな新機能が追加されるのか気になる人も多いと思うので軽くご紹介!

iPhoneのバッテリー状態を確認できるiOS11.3の新機能

今春リリースを予定しているiOS11.3では、iPhoneのバッテリー状況が簡単に確認できるようになる。

これは、バッテリーの古くなったiPhoneのパフォーマンスをAppleが意図的に抑制していた問題に対応するために追加された機能となっており、「設定>バッテリー」からバッテリーが劣化しているかどうか確認できるようになるとのこと。

予期せぬシャットダウンを防ぐため、パフォーマンスが抑制されているかどうかの確認も行うことができ、パフォーマンス制御をユーザーがオフにすることも可能です。

iOS11.3で追加される新しいアニ文字

ドラゴン アニ文字

iOS11.3では、新しいアニ文字が全4種類追加。iPhone Xで使える新機能として大人気のアニ文字ですが、新しく、ライオン、ドラゴン、クマ、ガイコツのアニ文字が追加される。

アニ文字と言えば、Youtuber集団フィッシャーズがアップした動画がすでに1900万回を超えていますが、新アニ文字でまた面白いことをしてくれるかもしれない。

プライバシー重視のメッセージアプリ「ビジネスチャット」の追加

iOS11.3 ビジネスチャット

iOS 11.3では、プライバシー重視のメッセージアプリビジネスチャットがベータ版として追加予定。

iMassageを使って手軽に企業の担当者とやりとりすることができ、ユーザーの個人情報は企業側には公開されない。

また、不要になったコンタクトはいつでも中止することができるというのもポイント。サービス開始当初は金融サービスDiscoverやWells Fargo、生活用品を販売するLowe'sがビジネスチャットに参加する。

iOS 11.3ではヘルスケアやApple Musicが強化

iOS 11.3 ヘルスケア

iOS11.3では、様々なアプリが強化され、例えば、ヘルスケアアプリなら病院で受けた審査結果の管理がより簡単になったり、Apple Musicならミュージックビデオが強化される。

また、HomeKitではプライバシーとセキュリティを保持しつつ、既存のアクセサリを操作可能になるようです。

ARKit1.5では壁などの垂直面で配置可能に

ARKit 1.5

iOS11.3では拡張現実(AR)対応アプリ開発キットARKitARKit 1.5にバージョンアップ。テーブルなどの水平面にしか配置できなかったARオブジェクトが壁やドアなどの垂直面に配置可能になり、より高精細なマッピングが可能になる。

これまでよりも現実に溶け込むような面白いアプリが登場するかもしれない?

iOS 11.3のリリースは今春

iOS 11.3の一般向けリリースは今春予定。iPhoneのバッテリー状態を確認できる機能新しいアニ文字ARKit 1.5各アプリの強化など、多数の変更があるアップデートとなりそうです。

iOS 11で追加&変更された機能については以下の記事をチェック!

Source:Apple

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.