iOS11.1ではバッテリー持ちが劇的に改善、最大4時間延びる

近日中のリリースが予定されているiOS 11.1では、iPhone/iPadのバッテリー稼働時間が改善され、現行のiOS 11.0.3と比べると最大4時間ほどバッテリーの稼働時間が長くなるらしい?

iDeviceHelpiOS11.1 betaとiOS11.0.3でバッテリー稼働時間を比較しています。

   

iPhone 8 Plusのバッテリー稼働時間は約4時間延びる

iDeviceHelpが動画で比較、検証したのはiPhone 6 Plus/7 Plus/8 Plusの3モデル。

標準アプリのストップウォッチでバッテリーが切れるまでの時間を測定した結果、iOS11.1 betaは2.5~4時間ほどバッテリー稼働時間が延びていることが判明。

iPhone 6 Plusが3時間iPhone 7 Plusが2.5時間iPhone 8 Plusは4時間も稼働時間が長くなっており、iOS11.1でどれだけバッテリー稼働時間が改善されているのかは一目瞭然です。

バッテリー稼働時間は使い方で変わる

iOS11.1でバッテリーの稼働時間は2.5~4時間と大きく延びていることが分かりましたが、iPhone/iPadのバッテリー稼働時間は使い方でも大きく変わります。

iOS11.1では大きく改善されているので、それほどバッテリーを意識する必要はないかもしれませんが、バッテリーをもっと長持ちさせたい!という人は、本体設定を見直しておきましょう!

iOS 10向けの記事ですが、概ね同じなので参考に。

iPhone 7/7 Plusの電池持ちを圧倒的に良くする5つの方法

iOS11はiOS10と比べて2倍のスピードでバッテリーが減ると言われており、不満の声もありましたが、iOS11.1でバッテリーの稼働時間は改善されるようなのでひとまず安心ですね。