【iOS 11.3】iPhone/iPadのSafariでブックマークが消える(空白になる)不具合

更新日:

iPhone XをiOS 11.3.1にアップデートした時にちらっと報告してましたが、iOS 11.3ではSafariのブックマークが消える(空白になる)不具合が発生している。

削除することもできないし、解決方法も分からないわでひとまず放置してましたが、さすがに増えてきて気になりだしたので何とか解決できないか色々と検証しつつ試してみることに。

結果を先にいうと、空白になって消せないブックマークを元に戻すことはできなかったので、Appleのアップデートを待つしかないですが、同じ症状で悩んでいる人の参考になれば!

追記:2018/5/13

iOS 11.3のiPhone/iPadで起きていたSafariのブックマークが消える、空白になる不具合の対処法が分かったので、すぐに直したい!という人は以下の記事をチェックしてみるべし。

iOS 11.3でブックマークが消える(空白になる)不具合

上の画像を見てもらえば分かる通り、Safariのお気に入りに登録している一部のブックマークが消えている。(消えているというよりも空白になっている)

文字が表示されてないだけかと思いきや、空白のブックマークをタップしても元の画面に戻るだけで何も起こらず、「編集>削除」で消すこともできない・・・なかなかに強敵。

色々と試してみると、iOS 11.3にアップデート以降、新しく追加したブックマークで起きているということが判明した。※以前作成したブックマークでは発生していない。

上記の不具合は、iOS 11.3以降のiPhone、iPadで新しくブックマークすると発生するので、根本的な解決にはなってないですが、対処法として新しいフォルダを作成し、正常なブックマークを移動して消すという方法もあるようなので、気になる人は検索してみるといいかもしれない。

Safariのブックマーク不具合はiOSアップデートを待つべし

僕の環境でSafariのブックマークに不具合が起きているのは、iPhone X10.5インチiPad ProMacbookといったように、僕のApple IDで関連付けされているすべてのApple製品で発生している。

サインアウトしたり、再起動したり、端末の初期化・リセット以外に考えられることはすべて試しましたが、Safariのブックマークが消える(空白になる)不具合は改善できず。

iPhoneを工場出荷状態に戻せば確実に直せると思いますが、iOS11.3で使う以上再発する可能性があるため、今回はiOSアップデートで改善されるのを待つことに。

Safariのブックマークが消える(空白になる)不具合を未然に防ぐ対処法としては、不具合が改善されるまでブックマークを追加しないしかなさそうです。

最近、iOS11.4 Public Beta版がリリースされたので、iOS11.4の正式版で改善されることを願うばかりですが、ブックマーク関連の不具合はほんとに困る。

僕と同じSafariのブックマークが消えたという人は余計なことはせず、アップデートを待ちましょう!

追記:2018/5/13

iOS 11.3のiPhone/iPadで起きていたSafariのブックマークが消える、空白になる不具合の対処法が分かったので、待ってました!という人は以下の記事をチェック!

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.