【iOS11】iPhone/iPadで画面の明るさ自動調整をOFFにする方法

iOS11でかなりの変更、機能追加などが行われましたが、中でも「画面の明るさの自動調整が変更できなくなった」という声をよく聞きます。

iOS11から明るさの自動調整はバッテリーを節約するためデフォルトになったというだけであって、実は、アクセシビリティでOFFにすることも出来ます。

今回は、iOS11で変わった画面の明るさの自動調整についてシェア!

   

画面の明るさの自動調整はアクセシビリティから設定できる

▲設定方法は超カンタン。たったの数ステップでできる。

これまで「画面表示と明るさ」で設定可能だった画面の明るさの自動調整は、iOS11から「アクセシビリティ」に変更

設定は、「一般>アクセシビリティ>ディスプレイ調整」から設定できます。

▲ディスプレイ調整の項目で「明るさの自動調節」をOFFにすればOK。

ディスプレイ調整へ移動したら、「明るさの自動調節」をOFFに。

これでiOS11のiPhoneで明るさの自動調整を切ることが出来たはずです。

今までは「設定>画面表示と明るさ」で設定できていたので分かりにくいですが、iOS11から画面の明るさの自動調整は、「アクセシビリティ>ディスプレイ調整」から変更可能なので、明るさの自動調節を切りたい!と思ってた人はお試しあれ。

バッテリー消費を抑えるなら明るさの自動調整をONに

iOS11から画面の明るさはデフォルトで自動調整になりましたが、バッテリーの消費を抑えたいときは画面の明るさ自動調整をONにしておきましょう。

暗い時は自動で画面も暗くしてくれるので、ずっと明るいままよりも確実にバッテリーは節約できるし、いくらか目にも優しいはず。

それに、画面の明るさ自動調整をOFFにしていると毎回スライダーで調整しないといけないので面倒です。

どうしても画面の明るさの自動調節はイヤ!ということでもない限り、明るさは自動調節ONにしておくのがおすすめです。