iOS11で何が変わった?絶対に知っておきたい変更点とiPadの新機能について

ついに一般配信が開始された「iOS 11」ですが、とにかく変更点が多くてテンションMAX。

特に、iPadはDockの登場によって使い方が変わってるレベルですが、コントロールセンターをはじめ、iOS 11の変更点は多岐に渡ります。

1つの記事だけにまとめるとものすごいボリュームになるので、とりあえず、絶対に知っておきたいiOS11の変更点と設定についてまとめてるので参考にどうぞ!

   

iOS 11の知っておくべき変更点その①.「スクショ」

▲まずはじめに気になったのが「スクショ」。そのまま編集に移動できる。

iOS 11へのアップデートが終わって最初に使った機能がスクショで、画面左下に撮ったスクショが小さく表示されるように変更されてます。

ここから直でスクショの編集を行うことができ、すぐに保存したい時は、小さく表示されている画像を左にスワイプすればOK

若干の面倒くさい感は否めないですが、慣れれば問題なさそう?

iOS11の知っておくべき変更点その②.「コントロールセンター」

▲コントロールセンターはよりウィジェット感が強くなり、使いやすくなってます。

iOS11のコントロールセンターはiOS10のものと比べて大きく変更。

3D Touch対応iPhoneならピークする(強く押し込む)ことでより詳細な操作が可能です。

▲Wi-FiやBluetoothのウィジェットを押し込むとインターネット共有なども変更できる。

ちなみに、3D Touch非対応iPhoneやiPadは、長押しすることで同じアクションが可能です。

▲もちろん、ミュージックにもアクセス可能。デザインが良い感じで使いやすい。

ミュージックやカメラ、画面ミラーリングなど、コントロールセンターのウィジェットはほとんど3D Touchに対応しているので、色々試してみると○。

▲コントロールセンターに表示するアイコンはカスタマイズ可能。

事前に、iOS11のコントロールセンターは自由にカスタマイズできると言われていた通り、「設定>コントロールセンター」からカスタマイズが可能に。

ただし、選べるアイコンや配置はある程度決まっており、自由にカスタマイズできるとは言い難いので要注意。

▲あらかじめ用意されているアプリを選んでコントロールセンターに配置する。
▲カスタマイズというより、追加できると思った方がいい。

ミュージックやライト調節、Wi-FiやBluetoothショートカットの配置は変更できず、配置を動かせるのは、カメラやアラームなどの自由に追加できるものだけ。

自由にカスタマイズできると思ってたのでちょっとガッカリですが、これはこれで良し。

iOS11の知っておくべき変更点その③.「通知」

▲iOS 11では通知も若干変更。使い方はほぼ変わらないと思ってOK。

画面上部からスワイプすることで呼べる通知バーは、右へスワイプするとカメラが起動できるようになり、左へスライドすると、Siriの検索候補や良く使う項目などのウィジェットが開けます。

また、運転時は自動で検知して通知を停止し、画面を暗くして音が鳴らないようにする機能も追加。

通知バーからカメラが起動できるようになったのはものすごく便利なので要チェック!

iOS11の知っておくべき変更点その④.「ストレージ管理」

▲iOS11では、ストレージの最適化を使えば容量管理が楽にできる。

iOS11では、自動でストレージ容量を最適化する機能が追加。

これがものすごく便利で、空き容量が少ないときに自動で空き容量を増やすことが出来ます。設定は「一般>iPhoneストレージ」から。

iOS11で用意されてるストレージの最適化は2種類で詳細は以下の通り。

非使用のAppを取り除く写真を最適化
空き容量が少ない時、自動で使ってないAppを取り除いて容量を確保。書類とデータは保存される。フル解像度の写真と動画をiCloudに保存し、容量を確保する。iPhone上では、容量の小さいバージョンが表示。
Appの自動消去をやめる時はApp Storeの設定から。

iPhoneのストレージ設定でONにした「非使用のAppを取り除く」をOFFにしたい時は、「設定>iTunesとApp Store」から「非使用のAppを取り除く」をOFFにすればOK。

iOS11の知っておきたい変更点その⑤.「Appスイッチャー」

▲iOS11のAppスイッチャーも若干変更有り。

使い方こそ変わらないものの、iOS11のAppスイッチャーも若干変更されてます。

開くと一番上に表示されていたホームが削除されており、画面左側をピーク(押し込む)して開くアクションも廃止

iOS11のAppスイッチャーは動作も快適で、iOS10と比べてヌルヌル動いてくれる。

「Dock」で劇的に変わったiOS11のiPad

▲iOS11のiPadには「Dock」が追加され、使い方が変わった。

iOS11で最も大きな変更点は、いくつか追加されたiPad専用の機能

画面下からスワイプすることでいつでもどこでも呼べる「Dock」を初めて使った時はほんとに感動するレベル。

Dockの基本的な操作は以下の通り。

iOS11「Dock」の基本操作
画面下部からスワイプでいつでもどこでも呼び出し可能で、画面下部から長くスワイプするとAppスイッチャーを表示。
▲Dockの設定は「マルチタスクとDock」から。

Dockの設定できる箇所はおすすめAppと最近使用したAppの表示のみ。

また、Dockには自由にアプリを配置することができ、Slide OverとSplit ViewはDockからアプリをドラッグすることで起動

▲Appスイッチャーは見やすさ爆発。こうやって見ると、もはやiPhoneとは別物に。

Appスイッチャーの使い方はこれまでと同じと思ってOK。iPadの場合、コントロールセンターはAppスイッチャーの画面に表示されます。

▲キーボードには感激の一言。文字入力がすんごい楽に。

これまでは文字入力で数字や記号を入力したい時はいちいちキーボードを変更していましたが、iOS11のiPadに搭載されているキーボードは一味違う。

見た目が変わってる!と思った人もいるかもしれませんが、実は、キーを下にフリックするだけで数字・文字・記号を切り替えられるようになってます

これ最強に便利なので、早速試して見ましょう!

iPhoneの場合、左下の地球アイコンを長押しすれば右寄せ、左寄せ、フルサイズをすぐに変更可能です。

iOS11で知っておきたい変更点まとめ

いろんな新機能が追加されたiOS11ですが、今回紹介したのはほんの一部。

とりあえず、iOS11の絶対知っておいた方がいい変更点に的を絞りましたが、カメラやミュージック、メッセージやSiriなど、まだまだ書きたいことがたくさんあるので、あとは個別記事でちまちま更新していこうかなと思ってます。

iPhoneのiOS11も十分テンション上がりますが、やっぱり、iOS11の主役はiPadなので、ガッツリ使いこなして楽しみましょう!

 

—PR—

iPhone X/8/8 Plusの予約・購入はオンラインショップがおすすめ!

Softbank