iOS11のiPhoneで見落としがちなおすすめ設定4つ

リリースされたばかりのiOS11ですが、もうアップデートは終わりましたか?

今回は、意外と見落としがちなiOS11のおすすめ設定4つをシェア。便利な機能ばかりなので、さっそく設定して快適にiPhoneを使いましょう!

   

iPhoneの緊急SOS自動通報を変更する

▲設定しておくといざという時に役立つ緊急時の自動通報。

iPhoneの緊急SOS機能は、電源ボタンを素早く5回押すことで自動で通報してくれます

設定した緊急連絡先にも連絡できるので、いざという時のために設定しておきましょう!

設定は「設定>緊急SOS」から。

間違えて通報しちゃいそうで不安という人は自動通報を切ればOK。

iOS11でコントロールセンターをカスタマイズする

▲iOS11のコントロールセンターは好きなショートカットを追加できるように。

iOS11のコントロールセンターでは、下部分が自由にカスタマイズ可能になっており、良く使うアプリのコントロールが追加できます。

コントロールセンターに追加できるものは以下の通り。

追加できるコントロール一覧
 フラッシュライト、計算機、カメラ、Wallet、低電力モード、メモ、タイマー、アラーム、Apple TV Remote、アクセシビリティのショートカット、アクセスガイド、ストップウォッチ、テキストサイズ、ボイスメモ、運転中の通知を停止、画面収録、拡大鏡

メモやカメラ、低電力モードやアラームなどは特によく使うので、コントロールセンターに追加しておくと○。

追加しすぎもゴチャゴチャして面倒なので、切り良く4つ・8つくらいがいいかもです。

iPhoneの写真・ビデオフォーマットを変更する

▲写真とビデオのフォーマットも変更可能に。

iOS11では、写真とビデオのフォーマットを変更することができ、高効率なHEIF/HEVC互換性優先のJPEG/H.264で選択可能です。

基本的に、互換性よりもファイルサイズを削減できるHEIF/HEVCがおすすめ。

設定は「カメラ>フォーマット」から。

運転中の通知設定を変更する

▲iOS11では、運転を検知して自動で停止する機能も。

iOS11では、運転を自動検知して通知を自動停止する機能を追加。設定しておけば、運転を自動で検知して通知をしないようにできます。

設定は「おやすみモード>アクティベート」から。

自動手動車載Bluetooth接続時で選択できるので、自分に合うものを選んでおきましょう!

ちなみに、「運転中の通知を停止」はコントロールセンターに追加することも出来るので、良く使う人はコントロールセンターに追加しておくのがおすすめです。

iOS11で今すぐ設定しておきたいおすすめ設定まとめ!

運転の自動通知OFF機能は使う人、使わない人で分かれそうですが、カメラのフォーマットコントロールセンターはぜひ設定しておきましょう!

iOS11にはたくさんの新機能があり、まだまだ書きたいこともたくさんあるので、ジワジワ更新予定です。

それにしても、iOS11でiPadがほんとに使いやすくなった。