「iOS12」で追加された新機能と変更点を解説!正式版のリリースは2018年秋

投稿日:

WWDC2018で発表されたiPhone/iPad向けの新OS「iOS 12」は、パフォーマンスはもちろんのこと、様々な機能の追加や使い心地、安定性を改善したアップデート

iOS 12正式版のリリースは2018年秋ですが、リリースされる前にiOS 12の新機能や変更点をおさらいしておこう!

iPhone 6などの古い端末も高速化するiOS12

WWDC2018のデモでクレイグ・フェデリギ上級副社長が使用していたのはiPhone 6 Plus

iOS 12ではアプリの起動が40%高速化し、キーボードを表示するまでの速度は50%高速化カメラの起動は約70%も高速化している。

iPhone 6/6 Plus世代は使っている人も多く、高速化の恩恵をたくさんの人が受けられるというのもiOS 12の嬉しいところです。

iOS 12の写真アプリは検索機能が強化

iOS12の「写真」は主に検索機能が強化され、新しくサーチサジェクションFor Youが追加。

写真はサーフィンやバケーションなど細かく分類され、位置情報や撮影日時でカテゴライズされるため検索がしやすくなった。

For Youでは最近撮影した写真や共有相手などのハイライトが表示。サーチサジェクションでは一緒に写っている人への共有などを提案してくれるというのも覚えておきたいポイントです。機械学習により、サーチサジェクションの質も使うほど向上していく。

最適なタイミングでベストな行動を提案してくれるSiri

どんなアプリでもSiriが起動してくれるようになる「ショートカット」と「Siriサジェクション」がiOS 12に搭載されるSiriの目玉機能。

SiriサジェクションではiPhoneに保存されているデータをSiriが学習し、誕生日の人がいれば電話するように促したり、チケットなどを予約していれば時間が近づいていることを教えてくれる。※ロック画面に追加可能。

そして、ショートカットではアプリの起動をSiriがしてくれるという機能で、例えば「鍵をなくしちゃったぜ」とSiriに話しかければ、紛失品を探せるアプリ「Tile」を開いてくれる・・・みたいな感じ。

また、ショートカットはユーザーが自由にカスタマイズすることができるので、様々なアプリの起動を特定のキーワードと結びつけるという使い方ができる。

iOS 12で使いやすくなった通知センター

iOS 12のコントロールセンターは通知がグループ化されており、通知のチェックが超快適。各アプリごとに通知がまとめられるようになり、タップすることで通知グループの詳細がチェックできる。

LINEならLINEの通知グループ、TwitterならTwitterの通知グループといった感じで分けられ、通知を左にスワイプすればグループごとにまとめて削除することもできます。

iPhone/iPadの使いすぎを防止する「Screen Time」

iOS 12で新しく追加される「Screen Time」を活用すれば自分がiPhoneをどれくらい使用しているのかを簡単に管理できる。使用時間の集計を通知するように設定することも可能で、iPhone使いすぎてるかも・・・という人はぜひ使ってみたい機能かもしれない。

使用頻度の高い順にアプリを表示したり、どの時間に一番使用しているのかを確認したり、どれくらいの通知を見ているのかも確認可能で、Apple IDで紐づけられている全ての端末で同期される。

使いすぎてるアプリには使える時間を設定することができ、設定した時間制限が近くなれば通知してくれる。※設定時間が過ぎたアプリは一日使えなくなるというスパルタっぷり。

子供の利用時間なども管理することができるようになります。

自分のアニ文字が作れる「ミー文字(memoji)」

自分そっくりなアニ文字を作れる「ミー文字memoji)」もiOS 12の目玉機能。

ミー文字のアバターは自由にカスタマイズすることができ、髪型た顔のパーツはもちろん、サングラスをかけたり、ひげを生やしたり、ピアスをつけたりなど、かなり細かく自由度の高いカスタマイズができる。

また、ミー文字(memoji)はメッセージで相手に送信することができ、顔を自動で認識して合成してくれるので、様々な表情のアニ文字が作成できる。※ミー文字はiMassageやFaceTimeで利用可能。

これは流行りそう。

新しいアニ文字も追加

新しいアニ文字として「オバケ」「コアラ」「トラ」「Tレックス」の4つが追加。舌の動きを感知してアニ文字に反映させる「Tongue Deetction」も追加された。

これまでは舌を出してもアニ文字はうんともすんとも言わなかったので、てへぺろ的な感じの表情もできるかもしれない。

複数人でビデオ通話ができる「グループFaceTime」

複数人でのグループビデオ通話ができる「グループFaceTime」も忘れてはいけないiOS 12の新機能。

最大32人までの同時ビデオ通話が可能となっており、喋っている人はアイコンが大きく表示されるので「誰が話してるのかわからない」ということもなさそう。

グループFaceTimeではミー文字(memoji)を使うことができるので、大人数でビデオ通話するときは盛り上がるかもしれない。

iOS12で変更・追加されたその他の機能

iOS 12では、上記で紹介した以外にも様々な新機能や変更点がある。例えば、睡眠中や食事中などに通知が表示されないように設定できる「Do Not Dsturb」機能や最大4人までの同時プレイが可能になったAR。

「News」「株価」「ボイスメモ」はリデザインされ、iBooksは新しく「Apple Books」になったというのも大きな変更点ですね。

CarPlayはサードパーティ製アプリに対応し、GoogleMapのナビゲーションに対応した。

iOS 12のプレビューページもチェックしておこう

iOS12にはいろんな機能があるため、僕も絶賛勉強中。

米Appleの公式ページでは、iOS12のプレビューが公開されているので、より詳しく知りたいという人は以下のページもチェックしておこう!

iOS 12の配信日と対応するiPhone/iPad

iOS 12に対応するiPhone/iPadはiOS 11と同じになっており、iPhone 6など一部のiPhoneではパフォーマンスが改善される。

iOS 12へのアップデートが提供されるiPhone/iPadは以下の通りなので、自分のiPhoneが対応しているか確認しておきましょう!※現在iOS11が動作しているなら確実。

iPhoneiPad
iPhone 5siPad mini 2/3/4
iPhone SEiPad(第五世代)
iPhone 6/6 PlusiPad Air/Air2
iPhone 6s/6s Plus9.7インチiPad Pro
iPhone 7/7 Plus10.5インチiPad Pro
iPhone 8/8 Plus12.9インチiPad Pro
iPhone X-

ちなみに、iOS 12に対応するiPodはiPod Touch(第六世代)となっている。

iOS 12の正式版は2018年秋にリリース予定です。

Source&Image:Apple

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.