iOS 14/iPadOS 14はいろんな機能が強化!知っておきたい新機能まとめ

iPhone

WWDC 2020 Apple

本日開催されたAppleのスペシャルイベントにて、iPhoneの最新OS「iOS 14」とiPadの最新OS「iPadOS 14」について発表されました。

いずれも良い感じのアップデートだ! というのは言うまでもなくですね。大きなトピックで言えば “ウィジェット" と “UIの改善/改良"といったところで、特に、ホーム画面の整理に一役買ってくれそうな “App Library" はもう今すぐ使いたいくらいに使いやすそうなのです。

とにもかくにも、いくつか共通する新機能もありましたし、iOS 14/iPadOS 14の新機能をまとめておさらいしていきましょう。

ウィジェットがキタ!iOS 14の新機能まとめ

それじゃ、まずは “iOS 14" の主要な新機能から。iOS 14の知っておきたい新機能としては……

  • ホーム画面の一新
    • ウィジェットの追加
    • ホーム画面の整理に役立つ「App Library」
  • Siriの強化
  • 翻訳機能の追加
  • メッセージアプリの強化
  • マップアプリの強化
  • スマートホームの強化
  • AirPodsの利便性向上と新機能の追加

こんなところ。ホーム画面やUI関連のアップデートはかなり多いのですが、絶対知っておきたい新機能にターゲットを絞っておさらいしていきましょう。

待ってた人も多いのでは?ウィジェット機能が追加されました

それじゃ、いきなり目玉トピックから見ていきましょう。そう、iOS 14では、新しく “ウィジェット" の機能が追加されました。(もう見たら分かる絶対使いやすい感。素敵)

iOS 14では、カレンダーやマップ、ミュージック、株価、写真、ワークアウト、天気などなど、様々なアプリのウィジェットが追加できるようになります。

iPhoneのために用意された豊富なウィジェットをどんなふうに並べるかはあなた次第。ウィジェットのサイズや配置は簡単に変更できるため、iPhoneのホーム画面を自分好みにカスタマイズしましょう。

ウィジェット機能はiPad OS 14でも利用可能です。

ホーム画面をささっと整理!「App Library」

iPhoneはアプリが増えるとどんどんホーム画面に追加されていき、その数が増えてくるとホーム画面が45ページにも、6ページにも渡り、目当てのアプリを見つけにくくなる……という課題があったのですが、iOS 14では解決です。

ホーム画面を整理整頓するのに役立つ新機能「App Library」なんですけど、これ、思い切り便利そうなやつでして。App Libraryではアプリが自動でカテゴリ分けされ、アプリを提案してくれるサジェスト機能まで搭載しています。

App Libraryには検索機能も用意されており、アルファベット順に並べられるので、目当てのアプリを見つけるのも楽々。これまでは何度も → にスワイプしていた作業が「App Libraryを開く > 検索するかスクロールで見つける」でOKってことですね。良き。

App Libraryについて今一度まとめると、

  • ホーム画面を整理し、アプリを見つけやすくする機能
  • 求めているアプリを提案したり、検索して見つけやすい
  • アプリを自動でカテゴリ分け
  • App Libraryは最後にページに表示。(つまり、一番右端のページです)
  • 使わないホーム画面のページは非表示にすることも可能

こんなところ。より素早く簡単に支払いができるようになる “App Clip" もApp Libraryのページに追加されます。

ホーム画面のページが増えてモヤモヤ……という人は、任意のページを非表示にすることができますよ。App Libraryは最後のページに表示されるため、使わないページは非表示にして効率UPです。

オフラインで使用できる翻訳機能

iOSでは、オフラインでも使える翻訳機能が追加されます。ニューラルエンジンを活用し、プライバシーにも配慮するとのことで、11の言語で音声とテキストをさくっと翻訳してくれるそうな。

翻訳前と翻訳後で色がはっきりと分かれているため、見やすいというのもGood。

しっかり横向きにも対応していまして、日本語も対応です。(どれくらい賢いかは……使ってみないと分かりませんけどね)

メッセージアプリもより使いやすくなりました

メッセージアプリでは新しいミー文字が追加されるほか、よく利用する人を “ピン留め" できる機能が追加されたり、グループチャットの使用感がよくなりました。

グループチャットでは、インライン返信や個別の通知機能が追加されてます。

マップアプリの新機能

情報を確認できるガイド機能

マップアプリにもいくつかのアップデートがありまして。

より使いやすいUIになったほか、充電タイプに合わせた “EV自動車向けの経路" や道の込み具合や標高、階段の有無まで教えてくれる “自転車向けの経路" にも対応しましたが、今のところ日本では利用不可。

ピクチャーインピクチャが使えるようになります

iOS 14で、ついにiPhoneも “ピクチャーインピクチャ" に対応。ネットを見ながらだったり、メールに返信しながらでも動画が見れるようになります。

サイドバーが追加、iPadOS 14の新機能まとめ

次に “iPadOS 14" で追加される新機能について。ウィジェット機能だったり、Siriだったり、着信通知のスマート化だったり……iOS 14と共通する部分は多いですが、iPadOS 14ならではの機能がいくつか追加されています。

  • 使い勝手UP!「サイドバー」
  • Apple Pencilの手書きをさらに便利にする「Scribble」
  • 新しくなった検索バー

iPadOS 14で押さえておきたい新機能は上記の通り。それじゃ、こちらもささっとおさらいしていきましょう。

使いやすさはおお墨付き「サイドバー」

iPadOS14では、macOSライクな使用感にさらに磨きがかかりまして。新しく “サイドバー" が追加されています。写真アプリでは一覧やアルバム、ForYouなどが表示されるほか……

元々サイドバーがあったファイルアプリはより実用的に。

ミュージックアプリはかなりmacOSに近いデザインとなりました。(画面下にタブがある今のミュージックアプリより絶対使いやすい)

ちなみに、iPadOS 14のミュージックプレーヤー画面はこんな感じ。歌詞の表示も良い感じです。

手書きが鬼強化「Scribble」

iPadOSといえば、Apple Pencil、Apple PencilといえばiPadOSなんですけど、iOS 14では新しく「Scribble」という手描きに特化したかのような機能が追加されていまして。

手描きで書いた図形を綺麗に整えたり、書いた文字をダブルタップで選択したり、手描き文字を選択してデジタル文字に変換するという素敵機能まで搭載しています。(100億%メモが捗るやつ)

Safariの検索窓に手描きで入力して検索したり……

リマインダーに手描きで入力することもできるそうですよ。iPadOS 14の新機能 “Scribble" は、Apple Pencilユーザーは大歓喜間違いなしですね。メッセージの返信なども手描きで入力できるようになります。

強化された検索バー

検索バーも大きな強化が行われており、アプリのほか、連絡先などにもアクセスできるようになりました。ほかのアプリを使用している時でも検索バーは表示可能です。

着信の通知がスマートになりました

iOSと同様に、これまでは着信が入ると画面全体を占有してしまうデザインだったのですが “スマートではない" との理由で着信が入ると通知のようなスタイルで教えてくれるようになりました。(iOS 14/iPadOS 14共通です)

これなら作業が中断されないですし、前よりも確実にスマートですね。

デフォルトアプリを変更可能

iOS 14/iPadOS 14ともに “デフォルトアプリを変更できるようになった" というのは地味に嬉しいアップデート。

例えば、メールのデフォルトアプリをGmailに設定したり、ブラウザをChromeに設定したりと、よりユーザーの好みにあった設定を適用できるようになります。※デフォルトアプリを指定できるのは、「メール」と「ブラウザ」のみです。

AirPodsも使いやすく、便利に進化

iOS 14/iPadOS 14に合わせ、AirPodsにも素敵なアップデートがありました。

  • よりシームレスになるデバイス間の接続
  • バッテリー残量を通知する機能
  • 空間オーディオ機能「Spatial Audio」
    • 5.1ch/7.1chサラウンド、Dolby Atmos対応コンテンツで利用可能

空間オーディオ「Spatial Audio」も大きなトピックですが、デバイスの接続がよりシームレスになるというのも嬉しい変更点。例えば、Macbookで音楽を聴いていたとして、iPhoneにかかってきた電話にでると自動で切り替わるといった感じ。

これまでは毎回接続し直すという手間があったので……とてつもなくGoodです。

空間オーディオ機能「Spatial Audio」

AirPods Proのみとなりますが、「Spatial Audio」と呼ばれる空間オーディオ機能にも対応します。要は “立体音響" ってやつですね。上下左右を飛び交う音、空間的に広がる音がAirPods Proで楽しめるようになります。

なんでも、加速度センサーとジャイロセンサーにより、頭の動きに合わせて音の出し方を調整してくれるのだそう。(常に正確で安定した"音"が聴けるということ)

Spatial Audioは、5.1chサラウンド/7.1chサラウンド/Dolby Atmosに対応するコンテンツで利用可能です。

賢く、使いやすくなった"Siri"

当然のように音声アシスタント “Siri" にも大きなアップデートがありました。

着信と同様に、これまでの画面全体覆うデザインはスマートではないとの理由で Siriは画面下に表示されるように変更が加えられ、より複雑な質問にも答えてくれるようになったそうな。

Siriからの返答は通知画面のようなスタイルで表示され、声を録音してそのままメッセージで相手に送れるようにもなりました。

iPadOSの “Siri" は画面右下に表示されます。

リリースは秋、iOS14/iPadOS14の対応機種は?

それじゃ、最後にiOS14/iPadOS14の対応機種についてもおさらいしておきましょう。

  • 【iOS14 対応モデル】
    • iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max
    • iPhone XS/XS Max
    • iPhone XR
    • iPhone X
    • iPhone 8/8 Plus
    • iPhone 7/7 Plus
    • iPhone 6s/6s Plus
    • iPhone SE 第1世代/第2世代
    • iPod Touch
  • 【iPadOS14 対応モデル】
    • iPad Pro 12.9インチ(第1世代/第2世代/第3世代/第4世代)
    • iPad Pro 11インチ(第1世代/第2世代)
    • iPad Pro 10.5インチ
    • iPad Pro 9.7インチ
    • iPad(第5世代/第6世代/第7世代)
    • iPad mini(第5世代)
    • iPad mini4
    • iPad Air(第3世代)
    • iPad Air2

iOS14/iPadOS14ともに、リリースは2020年秋を予定。開発者向けのプレビュー版は本日から。パブリックβ版は7月開始です。

あぁ、ウィジェット機能って絶対使いやすいですよね。iPadOS 14の “Scribble" もめちゃ良さそうだし……個人的には、AirPods Proの立体音響に注目です。

iPhone

Posted by iyusuke