圧倒的に使いやすい!10.5インチiPad Proの使い心地や変更点をレビュー

更新日:

ついに「10.5インチiPad Pro」が届いたので、使い心地や変わったところについてレビュー!

iPad Air2(9.7インチ)からの買い替えなので、新しくなったところや変更点、性能の強化が大きく、テンション上がりまくりですが、10.5インチiPad Proの細かいところまでチェックしていく。

10.5インチiPad Proの詳細な機能・スペックについては以下の記事を参考に!

10.5インチiPad Proのサイズ感とディスプレイ

まずは、10.5インチiPad Proのサイズ感やディスプレイについてご紹介していく。

僕はiPad Air2からの買い替えだったので、処理性能はもちろんのこと驚くところばかりでしたが、これは長く使っていけるiPadかもしれない。

10.5インチはiPadで最もベストなサイズ

10.5インチiPad Pro 狭くなったベゼル

10.5インチiPad ProはこれまでのiPadと比べてベゼルの幅が狭く、ディスプレイは大きくなっているのに、9.7インチのiPad Air2と比べてもボディサイズそこまで変わっていない。

手に持った時のサイズ感も犠牲になっておらず、寝転んでいるときも、持ち運ぶのにもちょうど良いサイズ感です。

※画像のディスプレイの色は"True Tone"の自動調整によるもの。True Toneディスプレイは状況に応じて最適な色合いでディスプレイを表示できるという機能で、これがまた見やすくて良い。

10.5インチiPad ProとiPad Air2のサイズの違い

iPad Air2と10.5インチiPad Proを並べて比較してみると、まず目に入るのはディスプレイのベゼルで、ベゼル幅はかなり削られてると思っていい。

画像を見ても分かる通り、ディスプレイ領域は大きく違うのにサイズ感はそれほど変わらないというのもポイントです。

僕にとって10.5インチiPad Proのサイズ感はほんとにちょうどよくて、12.9インチのiPad Proはデカすぎるし、9.7インチで作業するにはちょっと小さい・・・という悩みは、iPad Pro 10.5インチで解決した。

また、iPad Pro 10.5インチは厚さ6.1mm重さは469gとコンパクトになっており、A9Xチップのおかげで処理性能もパワーアップしてるので、取り回しが良く、動作もサクサクで色々な作業がほんとに捗る。

ちなみに、iPad ProのA9XチップをiPad Air2のA8Xチップと比較すると、CPU性能は1.8倍、GPU性能は2倍向上してます。

10.5インチiPad Proのディスプレイ

10.5インチiPad Proのディスプレイは2,048×1,536のRetinaディスプレイとなっており、iPad Air2からは変わってないですが、10.5インチiPad ProにはTrue Toneディスプレイが搭載。

先ほどもちょろとお話したとおり、TrueToneディスプレイは周囲の光や環境光に合わせて自動で明度を調整してくれるので、あらゆる場所でディスプレイが見やすい。

これがほんとに便利で見やすく、目の負担も軽減してくれるため、ほとんどの人が重宝する機能だと思う。

10.5インチiPad Proは記事の更新程度なら余裕で出来る

10.5インチiPad Proはサイトやブログ運営でかなり使える。というのも、ワードプレスやブログをやってる人以外にはちょっと伝わりにくいかもですが、10.5インチiPad Proで、iOS11で追加されたSplitView(画面分割)機能を利用すると記事の更新がものすっごく捗る。

また、iPadのSplitView( 画面分割)はスマホサイズの表示でも見れるため、ちょっとしたレイアウトの変更や確認、記事の更新程度なら全然出来てしまう。

さすがに、使いやすさや処理速度はPCに勝てないですが、ベッドで寝転びながらの更新や外出先でちゃちゃっと更新したい時とかはiPad Proを取り出すだけでいいので、使いどころによっては、iPad Proの方が効率が良いこともある。

これは10.5インチのiPadだからできる芸当で、12.9インチはデカすぎるし、9.7インチは小さくて見づらいしで、10.5インチiPad Proだからこその利点になるかもしれない。

10.5インチiPad Proはスマートキーボードと組み合わせるのがおすすめ

iPad Proとスマートキーボード

10.5インチiPad Proの性能・パフォーマンスを存分に引き出すなら、スマートキーボードと組み合わせるのがおすすめ。

僕が使ってるのはLogicool SlimComboというiPad ProをSurfaceライクに使えるキーボードで、10.5インチiPad Pro+Logicool SlimComboの組み合わせは場所を選ばずかなり使いやすい。

メリット・デメリットこそあるものの、iPadの使い方の1つとして、スマートキーボードとの連携も検討してみるといいかも・・・です。

Ligicool SlimComboについて気になる人は以下の記事もぜひチェックしてみよう!

カメラの出っ張りはマイナスポイント

iPad Proは前モデルから背面カメラの出っ張りがあったものの、僕がiPadで経験するのは今回が初めて。

iPad Air2にはカメラの出っ張りは無かったため、当初、iPad Pro 10.5インチの違和感はすごかったですが、スマートキーボードを購入してからはケースはつけっぱなしにすることが多くなったため、まったく気にならなくなった。

iPad Pro 10.5インチのカメラの出っ張りは唯一の不満点ですが、背面有りのスマートカバーを付けると全く気にならないため、カメラの出っ張りについてはそんなに気にする必要はないかもしれない。※ただし、何もつけないでいるとガタガタする。

iPad Pro 10.5インチのレビューまとめ!

僕がiPad Air2から10.5インチiPad Proに乗り換えて得られた大きなメリットは、画面サイズが大きくなったこと性能の向上、そして、Smartコネクタによるキーボードの連携が何よりもデカイ。

使用感もiOS11になってから様々な面で使いやすくなり、仕事用のメインマシンとはいかないまでも、手軽に作業が出来るサブマシンとして10.5インチiPad Proは十分活躍してくれるはず。

ぶっちゃけ、すでにiPad Proを持ってるなら、10.5インチiPad Proにわざわざ買い換える必要はないと思いますが、前世代のiPadを使ってるなら間違いなく今が買い替え時。

特に、ブログやサイト運営をしていて、気軽に記事を書きたいという人はメリット、デメリットを理解して使えば、かなり使えるマシンになると思います。※ベンチマークの結果、10.5インチiPad ProはMacbookに匹敵する性能を持っていることが判明した。

旧モデルのiPadを使っていて、もう少し大きい画面サイズが欲しいと考えている人に10.5インチiPad Proはおすすめなので、ぜひともチェックしてみてほしい!

iPad Pro 10.5インチApple公式ページでチェック!

-iPad

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.