大手メディア編集者が10.5インチiPad Proを売った理由と感想

投稿日:

アメリカの大手メディアCNBCの編集者トッド・ハセルトンさんiPad Pro 10.5インチモデルを売った理由について話していたのでご紹介する。

結果を先に話すと、iPhone Xですべてまかなえてしまったことが原因らしいですが、売ったことは特に後悔していないのだとか。

僕の考えを交えつつご紹介するので、なにかの参考になれば!

iPad Proで行っていたタスクがiPhone Xでカバーできた

CNBCの編集者ハセルトンさんがiPad Pro 10.5インチを購入した理由は、仕事でメモを取ったり、映画を見たりするのに便利だと思って購入したとのこと。

しかし、iPhone Xを手にしてから状況は一変、気が付いたらiPad Proで行っていたタスクをiPhone Xですべてこなしていたらしい。

CNBCの記事で、ハセルトンさんはiPhone Xの5.8インチディスプレイは様々なタスクをこなすのに十分だとコメントしている。

また、iPhone Xについて、ディスプレイサイズが大きくても、iPhone 8 Plusよりは小さいため、長時間持っていられること、OLEDディスプレイの発色の良さについても高評価で、映画やゲームについても十分楽しめるし、ステレオスピーカーの音質もいいと語っている。

CNBCの編集者がiPad Proを手放した理由

iPadよりもiPhoneはすべて手軽

iPhone XはiPad Proよりもすべて手軽に出来てしまうことも一因になっており、例えば、iPadでメモを取るときはバックから取り出してテーブルに設置する必要がありますが、iPhoneはポケットから取り出してすぐ使える。

ハセルトンさんはiPad Proをメモをとるのに向いてると思って購入したそうですが、実際、その用途ではあまり使ってないらしく、Apple Pencilもほとんど使っていないらしい。

iPadを充電のために置いておく時間がなかった

ハセルトンさんは、iPadの充電方法が自分に合わなかったと語っており、iPadを充電のために置いておく時間がなかなか見つからなかったとのこと。

iPhone Xは高速充電に対応しており、さらに、ワイヤレス充電パッドでいたるところで充電できる。

また、セキュリティ上の問題からノートパソコンは常に持ち歩いており、それに近いiPad Proを持ち歩くのが面倒になってしまったことも手放すことを決めた理由のようです。

iPad Proは人を選ぶマシンなのかもしれない

僕はiPad Pro 10.5インチを毎日使っており、基本的に、Logicool SlimComboと合わせて使用している。

たしかに、iPadは細かいタスクをこなすのには向いていない。

メモを取ったり、カレンダーをチェックしたりする分にはiPhone Xの方が向いているとは思うものの、映画や記事の下書き、電子書籍や漫画を読むにはiPadの方が向いている。(Logicool SlimComboと合わせると超重いというのはこの際触れないでおく)

僕の場合、iPad Proは映画や漫画を見たり、ちょろっと記事の編集をしたりなど、サポート用マシンとして購入したので、上記で指摘されていたことは一度も思ったことがない。

充電についても、僕の使い方では夜寝るときに充電しておけば次の日は余裕で持つので気にしたこともないし、そもそも、iPadは自宅用で使ってるので持ち運ぶことがなく、面倒に感じたこともない。

僕の中で、iPad Pro 10.5インチモデルはiPhoneとMacbookの中間、メインマシンにはならないけど、iPhoneとMacbookどちらの補助もできる的なイメージ。

ハセルトンさんがiPad Proを売った理由について納得できるところはあるものの、すべての人に当てはまるとは言いにくい。

ノートPCを持っていると、iPadは持て余すことが多いという点は激しく同意ですが、僕の場合、iPhone Xを購入してからもiPad Proの使い方は変わらなかったため、iPad Proは使う人を選ぶマシンなのかもしれない。

英文ですが、気になる人はCNBCの記事をチェックしてみてほしい!

Source:CNBC

-iPad

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.