iPhone 12 Pro/12 Pro Max、5.4インチ iPhoneのフラットデザインに迫る

iPhone

iPhone 12 Pro Maxのデザイン

画像はiPhone 12 Pro Maxのコンセプトデザインなんですけど......EverythingAppleProiPhone 12 Pro MaxのCADデータを入手し、Youtubeにて公開しているので、僕と一緒にチェックしておきましょう。

iPhone 12 Pro Maxのものと思われるCADデータは、XDA DevelopersのライターMax Weinbachさんから提供してもらったそうですが、信憑性についてはうーんと言った感じでして。

iPhone 12シリーズがフラットデザインになる! とは断言できないですが、iPad Proに倣ったこのデザイン、意外とアリなのでは?

※Update 2020/6/20, コンパクトなモデルとして噂されている "5.4インチ iPhone" のCADデータを基にしたモックアップをEverythingAppleProが公開してくれているので追記!どうやら、iPhone SEよりさらに小さくなるそうな。これは......めちゃ良さそう!

iPhone 12 Pro Maxのデザイン

詳細は上の動画をチェックしてもらうとしまして、まずはiPhone 12シリーズのデザインからおさらいしておきましょう。

5Gの対応やLiDARスキャナの搭載、デザインの変更など、様々な情報がジワジワと出つつある「iPhone 12 シリーズ」ですが、つい最近、iPhone 12 Pro MaxのCADデータにより "デザイン" についての情報が明らかになりました。

今はこの話題で持ち切りです。

iPhone 12 Pro MaxのCADデータから読み取れるデザイン的な特徴については以下の通り。

  • iPad風で、iPhone 5ライクなフラットデザイン
    • このデザインは、iPhone 12シリーズすべてで共通?
  • 前面はフラットのディスプレイ
    • 現行iPhoneの多くは、ディスプレイの淵が曲面ガラスになってます。
  • 謎のコネクタを搭載?
  • ノッチ(画面の切り欠き)の小型化。
  • ベゼル幅が小さくなり、画面占有率がUP。
  • カメラユニットのレンズサイズや配置の間隔は未決定。

僕が気になっているのは、iPad Proに搭載されているようなコネクタの存在と、ノッチ(画面の切り欠き)の小型化です。

iPad Proと同じコネクタであれば、Apple Pencil用だと思うんですけど、Apple Pencilだとサイズは大きいですし......、小型版Apple Penicilが発売されるのかなぁと。

ノッチの小型化については、TrueDepthカメラを搭載するスペースが無いようにも見えるので、こちらは続報に期待ですね。ディスプレイ内臓型の指紋認証が搭載されるのか、FaceIDが無くなるのか、については情報がありません。

ちなみに、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxの機能や性能については、以下の記事でまとめているので、気になる人はこちらもあわせてどうぞ。

iPhone 12 Pro/12 Pro MaxのLiDARスキャナ搭載はほぼ確定、性能や機能はどうなる?

謎のスマートコネクターの用途

さてさて、ここまでにも軽く触れていますが、iPhone 12 Pro MaxのCADデータで存在が明らかになった "謎のコネクタ" にも焦点を当てておきましょう。

この謎のコネクタは、電源ボタンの下に位置していまして。(SIMカードトレイは音量キーの下に移動。)

可能性として最も高いのは、iPad Proに搭載されるものと同じでApple Pencil用のコネクタという見方なんですけど、どうなるんでしょう?

iPhoneがApple Pencilに対応するのは嬉しいことですが、仮に、Apple Pencil Miniが発売されたとして......この位置だとケース付けられなくないですか?

このコネクタは、あくまでも、マグネットでくっつき、Apple Pencilのペアリングや充電ができるようになるコネクタなので、それ以外の用途も思いつきませんし、もう少し情報が必要ですね。

2画面ケースとか出たらいいのに...

LG G8X ThinQ
Image:LG G8X ThinQ

Apple Pencil以外のデバイスに接続するコネクタとなる可能性もありありですが、もし、iPhoneに搭載されるなら、LG G8X ThinQくらいに思い切ったことをしてほしいかなぁと。

2画面iPhoneとか面白そうなんですけど、めちゃ分厚くなりそうですし、現在のコネクタにそこまでの機能は搭載されていないため、実現される可能性は限りなく0%に近いですけどね。

iPhone 12 Pro Maxのサイズ感

Image:iPhone 12シリーズのコンセプト

どうでしょう? ひとまず、ここまでがiPhone 12 Pro MaxのCADデータから明らかになったデザインなんですけど、現時点での信憑性は定かではないということを念頭に置いたうえで、このデザイン、なかなかいい感じですよね。

iPhone 11 Pro MaxiPhone 12 Pro Max
サイズ77.8x157.9x8.1mm78.0x160.8x7.3mm
画面6.5インチ6.7インチ
ベゼル幅2.52mm1.55mm

あくまでも参考値としてですが、iPhone 12 Pro Maxのサイズ感は上記の通り。

iPad Proに倣ったデザインが採用されたため、iPhone 5ライクなデザインに原点回帰したのですが、果たして持ちやすさはどうなのか? という疑念もあるにはあります。でも、ベゼル幅が小さくなっているのはGood。

iPhone 5/5sはあのサイズ感だったから持ちやすかったのだと思うのですが、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxははたしてどんなデザインに落ち着くのか......まだまだ様子見が必要かもしれませんね。

iPhone SEより小さい?コンパクトな「5.4インチ iPhone」

一般的には "iPhone 12 mini" として認識されているiPhone 12シリーズのコンパクトモデル「5.4インチ iPhone」なんですけど、こちらもCADデータを基にしたモックアップが登場し、気になるデザイン、サイズ感が明らかになりました。

それによれば、5.4インチのiPhone 12のデザインは、他のiPhone 12シリーズと同様にiPad Proに倣ったものになり、iPhone SE(第2世代)よりも少し小さくなるそうな。

iPhone 12(5.4インチ)iPhone SE(第2世代)
縦幅131mm138mm
横幅64mm67.3mm
厚さ7.4mm7.3mm

少し前の情報になってしまいますが、Macお宝鑑定団Blogが公開したモックアップによれば、iPhone 12(5.4インチ)とiPhone SE(第2世代)のサイズの違いは上記の通り。

横幅は3mm、縦幅については7mmも小さくなっていまして。ホームボタンを廃止して出来たスペースに5.4インチのディスプレイを搭載しています。(カメラはデュアルレンズを搭載するそうですよ)

サイズは小さく、よりコンパクトに、でも画面は大きめ。それがiPhone 12 mini(5.4インチ iPhone)です。

現在出ているデザイン情報の多くは12月のもの

角ばったデザインが特徴的なiPhone 12シリーズですが、なにもデザインが決まった! というわけではありません。Jon Prosser氏曰く、現在出ているiPhone 12のモックアップや金型は12月に出回っていたものなのだそう。

つまり、これらのデザインに関する情報は昨年の12月の段階で報じられていたものであり、2020年6月現在はデザインが変更されている可能性もありありなのです。

半年以上経過した情報は新鮮とは言えませんし、さすがにAppleさんもおいそれとリークされてはくれません。

iPhone 12 Pro/12 Pro Max/iPhone 12、そして5.4インチのiPhoneが発売されるということに変わりは無さそうですが......実際のiPhone 12のデザインはもう少し違ったものになるかもしれませんね。

iPhone 12シリーズの機能や性能について気になる人は以下の記事もあわせてどうぞ!

iPhone 12 Pro/12 Pro MaxのLiDARスキャナ搭載はほぼ確定、性能や機能はどうなる? - iyusuke

Source:EverythingApplePro

iPhone

Posted by iyusuke