iPhone XS Max 001

【2019年版】iPhoneの容量はどうやって選ぶ?

iPhone XS Max 001

2019年現在ラインナップされている新型iPhoneは用意されているストレージ(容量)が異なる。

iPhone XS/XS Maxのストレージ容量は64GB/256GB/512GBの3種類、iPhone XRで用意されている容量は64GB/128GB/256GBといった感じです。

最小容量は64GBとなり、最も大きい容量はiPhone XS/XS Maxの512GBと、これまでのiPhoneと比べてかなり大容量化した。

今回は、iPhoneのストレージ容量の選び方とポイントについて簡単にまとめたので、購入時の参考にどうぞ!

※追記。iPhone XS/XS Max,iPhone XRにあわせて記事内容を大幅に修正しました。2019年現在のコンテンツ事情も考慮してます。

モデルで異なるiPhoneの容量

iPhone XRでは128GBの容量が選択できる。

iPhoneはモデルによってラインナップされるストレージ(容量)が異なる。

まずは、自分が欲しいiPhoneでラインナップされている容量を確認しておこう。

  • iPhone XRの容量は64GB,128GB,256GB
  • iPhone XS/XS Maxの容量は64GB,256GB,512GB
  • どのモデルも最小容量は64GB
  • 512GBが選べるのはiPhone XS/XS Max

記事冒頭でも触れましたが、iPhone XR,iPhone XS,iPhone XS Maxともに、用意される最小容量は64GB

最も大きい容量となる512GBはiPhone XS/XS Maxのみとなりますが、512GBは価格がものすごく高い。

iPhoneの価格と容量は比例し、容量が大きくなるにつれ、iPhoneの価格も高くなる・・・と思っておいてOKです。

iPhoneで使うデータ容量の目安

それでは、ここからはiPhoneの容量選びの参考となるデータ量の目安について解説していく。

音楽や映画、写真や動画でどれくらいの容量を使うのか把握していればiPhoneの容量選びもしやすくなります。

写真や動画など、データ量の目安

写真1枚 = 約3MB(iPhone)
1枚 =  約4MB(デジカメ)
動画1分 = 約120MB
1分 = 約400MB(4k動画)
音楽1曲 = 約5MB
映画720p : 2時間 = 約3-5GB
1080p : 2時間 = 約4-6GB
アプリ約1-3GB

かなりザックリした目安になりますが、iPhoneで撮影した写真なら1000枚で3GBくらい、音楽なら1000曲で5GBくらいと思ってもらえれば。

iPhone XS/XS Max,iPhone XRのストレージは、最小容量でも64GBとなっているので、容量が少ないモデルでもそれなりに使えるというのもポイントです。

もちろん、それなりに使えるというのはその人次第。4k動画や音楽を、映画を端末内にたくさん保存したりするとすぐに容量オーバーになってしまう。

iPhoneの容量は256GBがほとんどの人におすすめ

2019年現在、映画やスマホゲームはリッチコンテンツ化が進んでおり、最近のスマホゲームで言えば3GBを超えるものも少なくない。

InstagramやTwitterなどの定番アプリのほか、よく聞く音楽を数百、スマホゲームを数本、映画も保存して持ち歩くとなると、64GBではあっという間になくなってしまいますが、256GBなら余裕を持てる。

  • iPhoneの容量は256GBがおすすめ
  • 音楽や動画、映画など、複数のコンテンツをiPhoneで持ち歩ける
  • 人によっては持て余す場合も
  • 64GBに比べて価格は2万円ほど高くなる

多くの人にとって、2019年現在のiPhoneの容量は256GBが最適です。通常の使い方であれば、256GBでまず問題ないか少し持て余すほど。

4k動画を撮りまくったり、使わなくなったアプリの放置映画や動画を保存しまくりだとどれだけ大きくても容量はすぐに無くなるので、要は使い方次第。

iPhone XRは128GBがおすすめ

iPhone XRは128GBがラインナップされる。

128GBもあれば、好きな音楽数百曲、映画数本、アプリやゲームも余裕をもって入れられる。※写真・動画はGoogleフォトを活用するのがおすすめです。

あくまでも僕の考えですが、iPhoneの容量は128GBが一番無難で使いやすいと考えているので、iPhone XRを購入しようとしてる人は128GBも選択肢に入れてみよう。

64GBから6,000円追加するだけで倍の容量が手に入る。

iPhoneの使い方を工夫すれば64GBでも余裕

数年前のiPhoneで言えば、16GBでは容量のやりくりに困るのは確定。

32GBならまずまずといった感じでしたが、64GBもあれば、少し使い方を工夫するだけで不自由なく使える

64GBの容量はGoogleフォトやApple Musicなどのクラウドサービスを利用し、4k動画はすぐPCに移す、映画は見たら消すなど、上手くやりくりすれば快適に使えると思ってOKです。

  • 64GBは使い方を少し工夫すれば使える
  • GoogleフォトやApple Musicなどのクラウドサービスは必須
  • 64GBはラインナップされている容量の中で最も安い
  • 複数のコンテンツを同時に持ち歩くには不向き

音楽や写真を保存する分には全然問題ないですが、どちらも入れすぎには要注意。使わなくなったアプリやコンテンツはガンガン消していく潔さも必要です。

iPhone XS/XS Max、iPhone XRで用意されるストレージの中でも最小の容量「64GB」は、価格が安いというのが一番のメリット。

使い方を工夫できるという人は、容量選びの際に考慮してみよう。

512GBもの容量は多くの人が持て余す

iPhone XRでは用意されず、iPhone XS/XS Maxで選択できる最も大きい容量「512GB」は、間違いなく多くの人が持て余す。

価格も高くなるので、理由なしに購入するとほんとに勿体ない。

512GBは、映画も音楽も写真もアプリもガンガン保存できる最強容量ですが、ほとんどの人が半分にもいかないという事実があるため、多くの映画をiPhone内にコレクションしたいとか、全ての写真・動画を保存しておきたいとか、明確な理由がない限りはおすすめしない。

たしかに、512GBは魅力的。

ラップトップのストレージに匹敵するほどなので、そのポテンシャルは半端ないですが、512GBを選ぶ前に一度冷静になってみよう。

iPad Proの容量は512GBくらいあってもいい

あくまで、僕の考えですが、iPhoneでは持て余す512GBでも、iPad Proであれば良い選択肢になる。

というのも、iPad Proではガレージバンドで作った楽曲を保存したり、作成した絵やデザインを保存しておいたりなど、用途は多岐に渡るため、容量は多くあっても困らない。(さすがに1TBは・・・人を選びそう)

iPhoneの用途はコンテンツの消費(ゲームだったり、SNSだったり、Webページの閲覧など)に尽きるため、それほど多くの容量は必要ないというのが僕の考えです。

iPhoneの容量は自分の使い方を考えて決めよう

iPhoneの容量選びでは、音楽やゲームをたくさん入れたいなら256GB。

映画も音楽も写真も動画もゲームも全部楽しみたいなら512GBというように、ある程度自分の使い方を考えて容量を決めるのが正解。

初めてiPhoneを購入するという人や、どれくらい使うか分からないという人は64GBを選んでおけばまず間違いないと思います。(iPhone XRであれば128GBがベスト)

  • 64GBはGoogleフォトなどのクラウドサービスを活用すれば問題なく使える容量であり、最も安い
  • 256GBは最もおすすめの容量で、よく聴く音楽や4k動画、アプリ・ゲームをある程度入れられる
  • 512GBはたくさんのコンテンツを持ち歩けるが、持て余す人も多く、最も高い
  • iPhone XRは最も無難な容量128GBが選べる

16GBや32GBでも上手く管理して使ってる人はたくさんいるので、要は使い方次第。

最近のコンテンツはリッチになり、大容量化が進んでいるため、iPhoneを余すことなく使いたいなら64GBよりも256GBがおすすめです。

参考になれば!

Source:Apple