iPhone発売から10周年!Appleがプレスリリースを公開

2007年1月9日にAppelが初代iPhoneを発表してから10年。初代iPhoneは、スティーブ・ジョブズ氏が「タッチコントロール付きのワイドスクリーンiPod、革新的な携帯電話、画期的なインターネット・コミュニケーション・デバイスという3つの製品を1つにまとめた製品」と説明し、発表されました。

デザインがより洗練され、薄型、大画面になり、指紋認証や3D Touchが追加されたりと、進化を続けているiPhoneですが、Appleが10周年を記念してプレスリリースを公開しているので、サクッとご紹介。

世界標準になったiPhone

▲初代iPhoneから、最新のiPhone 7まで、すべてのiPhoneが全スマートフォンの判断基準になっているとのこと。

Appleの上級副社長フィリップ・シラー氏によれば、iPhoneは多くの人々の生活において、必要不可欠なデバイスとなっているようです。彼の述べた言葉は以下の通り。

私たちはiPhoneで音声およびFaceTime通話をし、Live Photosと4Kビデオを撮影して共有し、ゲームをし、新しい場所を見つけ、支払いをし、Webを閲覧し、メールを送り、連絡先やカレンダーを管理し、ポッドキャストを聴き、テレビや映画、スポーツを楽しみ、フィットネスや健康を管理しています。iPhoneはこれらのこと、そしてそれ以上のことができる存在となっています。そして私はまだまだ始まったばかりだと信じています。

実際、彼の言葉通りにiPhoneは生活の一部となってますよね。これはiPhoneだけでなく、すべてのスマートフォンに言えることですが、iPhoneが判断基準となっていることは言うまでもありません。

もちろん、AndroidにはAndroidの良さがあり、iPhoneにはiPhoneの良さがあるので、あくまでも、判断するのはユーザー自身です。

すばらしいことが起きるのはこれから

▲初代iPhoneは、2007年1月9日にスティーブ・ジョブズ氏が発表しました。iPhoneを世に送り出したのは彼の功績です。

AppleのCEO、ティム・クック氏はプレスリリースにて以下のようにコメントしています。

iPhoneは私たちのお客様の生活に欠かせないものとなっており、これまで以上にコミュニケーション、エンターテインメント、仕事、生活の仕方を再定義しています。iPhoneは最初の10年でモバイルコンピューティングの標準となりましたが、まだ始まったばかりです。素晴らしいことが起こるのはこれからです。

Source:Apple

Posted by iyusuke