2018年12月まで!iPhone 6以上のiPhoneは3,200円でバッテリー交換が可能

更新日:

iPhone 6s

Appleがバッテリーが劣化したiPhoneは意図しないシャットダウンを防ぐため、iPhoneの性能を低下させていたことを認めましたが、バッテリー交換が必要なiPhone 6以降のモデルについてバッテリー交換費用を2018年12月まで、通常料金8,800円から3,200円に値下げする。

在庫があればすぐに交換に応じてくれるとのことなので、心当たりがある人はご検討を!

電池残量に関係なくiPhone 6以降であれば交換してもらえる

本来、iPhoneのバッテリー交換は8,800円となっており、Appleの診断ツールで出荷当初の80%未満であれば交換に応じてもらえるというものでしたが、今回のバッテリー問題の発覚で電池残量に関係なく、iPhone6以降であれば3,200円で交換可能に。

2018年12月までは条件無し3,200円で古くなったiPhoneのバッテリーを新品のバッテリーに交換してもらえる。

iPhone 8/8 PlusやiPhone Xは発売されたばかりなので対象となっていない点は要注意ですが、バッテリー交換対象のiPhoneは以下の通り。

バッテリー交換対象のiPhone

iPhone 6/6 Plus
iPhone 6s/6s Plus
iPhone 7/7 Plus
iPhone SE

※上記iPhoneは2018年12月まで通常価格8,800のところ、3,200円でバッテリー交換可能。

2018年初頭にバッテリー状態を確認できる機能が追加

Apple バッテリー コメント

Appleは公式サイトでコメントを発表しており、それによれば、2018年初頭にバッテリー状態を簡単に確認できる機能を追加したiOSアップデートを行うとのこと。

2018年の初頭に、iPhoneのバッテリーの状態をユーザーにわかりやすく示す新機能を持ったiOSのソフトウェアアップデートを提供します。これにより、ユーザーはバッテリーの状態がパフォーマンスに影響を与えているかどうかを自分で確認できるようになります。

具体的に、いつから割引きでのバッテリー交換が適用されるのかは明かされていないため、Appleからの続報を待ちたいところ。Appleのコメントは公式HPで公開されているので、気になる方は一度チェックしてみてください。

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて(Apple)

Appleのバッテリー交換割引は2018年12月まで適用されるので、iPhone 6以降のiPhoneユーザーは、この機会にバッテリーのブラッシュアップについてもご検討を!

Source:9to5Mac/Apple

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.