iPhoneのブックマークが消える(空白になる)不具合の直し方が分かったぜ!

更新日:

以前の記事でもちょろっと書いたiOS11.3のiPhoneでSafariのブックマークが消える(空白になる)不具合の対処方法が分かったのでご紹介!

実は、iPhone/iPadで消えた(空白になった)ブックマークは、iCloudでSafariのブックマーク同期を解除すれば元に戻せる。すごく単純なことだったのですが、完全に見落としてました。

この記事では、Safariのブックマークがおかしくなった時の対処法についてサクッと簡単に説明していくので、iPhoneのブックマークが消えて困ってるという人はぜひ参考にしてみてほしい!

※使用しているのはiPhone Xです。

iPhoneの空白になって消せないブックマークの対処法

SafariのiCloudブックマークは、自分のApple IDから設定することができるので、まずは「設定>自分のApple ID」に移動しよう。

自分のApple IDに移動したら、「iCloud」をタップしてiCloud設定に移動する。

iCloud設定の「Safari」をオフにすると「iPhone上の、以前同期したiCloud Safariデータをどうしますか?」と聞かれるので、「iPhoneから削除」を選択する。

※ここで「iPhoneに残す」を選んでしまうと、消えたり、空白で表示されていたブックマークが元に戻らない。ただし、ブックマークが消えてしまう可能性も0%じゃないので、あらかじめバックアップしておくのをおすすめします。

SafariのiCloudブックマークをオフにしたら、一度Safariを起動し、ちゃんとブックマークが消えているか確認。

問題なければSafariを終了し、もう一度、iCloud設定から「Safari」をオンにしよう。

※iCloudのブックマーク同期をオンにする前に、Appスイッチャーでバックグラウンドも終了させること。(iPhone 8/8 Plus以前の端末はホームボタンのダブルクリック、iPhone Xは上スワイプ中、途中で止める)

これで、iPhoneで消えたり、空白になったりとおかしくなっていたSafariのブックマークが元に戻っているはず!

最後にiPhoneの消えた(空白になっていた)ブックマークが直っているか確認

以前は、新しく追加したブックマークが消えていたり、空白になっていて削除することもできなかったSafariのブックマークですが、確認してみると綺麗に元通り。

いくつかのブックマークが「お気に入り」に移動していたりはしましたが、ひとまず、これでiOS11.3の鬱陶しいブックマークの不具合ともお別れです。

新しく追加したブックマークは問題なく表示されてますが、なんらかのきっかけで再発してしまうのか、僕の環境ではすでに2回ほど同じ作業を繰り返しました。※可能性として、iCloudブックマーク(SafariとChromeのブックマークを同期するWindows版Chromeの拡張機能)が悪さしているのかもしれない。

また、iPhone XのSafariが元に戻っても、同じApple IDで管理している10.5インチProは元に戻らなかったので、複数端末で起きている場合はすべての端末で一度Safariの同期をオフにする必要があるかも・・・です。

もし、ブックマークがまた消えたり、空白になってもiCloudのSafariブックマークをオン/オフすれば元に戻るので、iPhoneのブックマークが空白になって消せない!という時はお試しあれ!

完璧に解決したわけじゃないですが、Safariのブックマークに不具合が起きている状態は地味なストレスだった。アップデートを待つ前に直せてよかった!

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.