iPhoneのカメラでQRコード読み取れるって知ってた?

更新日:

最近は利用頻度が下がってきている気がするQRコードですが、やっぱりあれば便利。

実は、iPhoneは純正カメラアプリでQRコードが読み取れるようになっており、QRコード専用アプリをインストールする必要がないって知ってました?

この記事ではiPhoneのQRコードスキャンについて簡単にご紹介していくので「知らなかった」という人も「知ってたぜ」という人もぜひ活用してみよう!

iPhoneのカメラでQRコードを読み取る方法

確か、iPhoneのカメラのQRコード読み取り機能はデフォルトでONになってたはずですが、念のため設定方法もご紹介しておく。

設定は超簡単。

QRコードの読み取りはカメラ設定から変更できるので、「設定>カメラ」へ移動し「QRコードをスキャン」をONにするだけ。

QRコードの読み取り機能なんて使わないし・・・という人は、OFFにしておこう。

後は、iPhoneのカメラを起動して、読み取りたいQRコードをカメラに写す。※撮影しなくても、iPhoneのカメラでQRコードを捉えればOK。

QRコードが読み取りできたら「○○で開く」と表示されるので、タップするとそのQRコードに対応したアプリへ移動できる。

例えば、TwitterのQRコードであればTwitterのアプリが開き、QRコードのリンクであればSafariが起動する・・・といった具合。

コツとして、QRコードが読み取れない場合は少し離して読み込んでみるといいかもしれない。※それでも読み込めない場合はQRコードの画質が低すぎるかも・・・です。

iPhoneの「QRコードスキャン」はQRコードアプリが必要ないくらい便利だし、カメラを起動すればパッと使えるので、知らなかった!という人は早速お試しあれ!

-iPhone

Copyright© iyusuke , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.